風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (4)  Trackback (0)

アル、イル、ウルの次は、シル!?

 三連休の初日は、レガシィが迎えに来てくれて、まずは東北道で、村田へ。

IMG_8638.jpg

 やんべ蔵人さんをピックアップします。

 なのでCAFE蔵人は休業に。

IMG_8637.jpg

 山形道を西へ。

 山形蔵王ICと、山形北ICの間に、やんべ家ゆかりの土地があり、トンネルに名前が付いています。

IMG_8639.jpg

 天気は曇り時々小雨でしたが、月山は何となく見える不思議な風景。

 月山PAで運転を交代し、庄内あさひICでアウトして、たどり着いたのは、いつもの場所です。

DSCN2275.jpg

 好きな場所の一つ、松ヶ岡開墾場。

     DSCN2276.jpg

 もともと庄内藩の領地だったのですが、ご維新後に地元から移住させられた藩士たちが開墾した、養蚕集落ですね。

DSC_4692.jpgby anego

 紅葉のタネコプター。

DSCN2278.jpg

 初めて来たときの説明記事がこちら、三回目がそちら

DSCN2273.jpg

 そして桜の季節に来た時の記事がこちらと、そちら

DSCN2279.jpg

 ここの桜は本当に巨木です。

DSCN2272.jpg

 庄内映画村のアンテナショップ?もあります。

     DSCN2282.jpg

 これは寅さんかな。

 寺院建築のように、しっかりしているとは思われない、明治の養蚕ハウスたち、維持は大変だと思います。

DSC_4694.jpgby anego

 近場で昼飯にします。

 前に来たことがある、しげ庵。旧羽黒町ですね。

     DSCN2283.jpg

 名物冷奴で、のどを潤します。160円、美味しい。

     DSCN2284.jpg

 細打ち二八の、鴨そばを頼みました、1100円だったかな。

DSCN2285.jpg

 好みの細さ硬さです。

 鶴岡市内へ。前の年は、羽黒山経由でしたね。

     DSCN2288.jpg

 こちらも私のブログではおなじみ、鶴岡カトリック教会です。

DSCN2290.jpg

 こんなに美しい教会なのに、無料で雰囲気を独占できます。

 黒いマリア像。

DSCN2289.jpg

 2008年に初めて来たときの記事はこちら、雪の二度目三度目四度目もありますよ。

     DSCN2292.jpg

 そのあとぶらぶら歩いて、大寶館へ。

 資料 R1057672.jpg

 鶴岡出身の、石原莞爾中将のカメラが展示されています。

DSCN2293.jpg

 鶴岡城のお堀に、今年も白鳥がいました。
 どうも一羽が怪我をしており、飛べないのでもう一羽が付き添っている様子、暑くて可哀想でした。

DSCN2295.jpg

 致道博物館の駐車場が待ち合わせ場所、集う博物館だな。訪問記はこちら

 以前麦切りやさんがあった場所が、汁ケッチァーノだって。

DSCN2296.jpg

 図太いぞ、庄内人。
関連記事
テーマ : 庄内の情報  ジャンル : 地域情報

Comments

ウル?
お世話様でした。

三番目は焼くケッチャーノですね。
anegoさんへ
今回もお世話様でした。

ウルは通販サイト、エルもあるようですね。
http://www.alchecciano.com/ul-checciano/
http://www.alchecciano.com/el-checciano.html
どちらもレストランではありませんでした。

ケッチャーノではなく、ケッチァーノですね、入力しにくい。

そーです。ウルは売る、エルは得る。
タイトルが店舗オープン順だと思ったもので。

確かにチァーノは入力しにくいです。てか、ずっとチャーノだと思い込んでた( ;∀;)
anegoさんへ
オルケッチァーノは奥田さんの家かな。
チャーノよりかは、チァーノとか、ツァーノの方がイタリア語っぽくなりますね。
イタリアン庄内弁。

レガシィも慣れるまでは入力しにくかったけど。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: