風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 温泉三昧

Comment (6)  Trackback (0)

じゅっ、と音はしなかったけど

 仙台は昨日ついに梅雨入りしました。
 遅いタイ記録で、平年より三週間長く、晩春というか初夏が楽しめました。

 分かりやすいというか、今朝はいぎなり、ざんざか雨が降ってます。


 ウェスパ椿山駅、近くに風車も建ち、興味深い場所なんですが、迎えのバスが来ているので、うろうろする暇もなく、乗り込みます。

   P6200469.jpg

 海岸線を戻る方向。

   P6190316.jpg

 駅としては艫作のほうが近いのですが、送迎バスはウェスパ椿山に来ます。

 5分で宿に着きました。

   P6200403.jpg

 旅番組などで有名な、不老ふ死温泉です。

 撮影不可でしたが、青森県最西端の海に面して可愛らしい露天風呂があるのです。

P6190319.jpg

 動いていませんでしたが、風車もあります。

P6190321.jpg

 2009年にこの辺りをドライブしているのですが、黄金崎を通りすぎてしまっていたのです。
 なぜかというと、カーナビの指示。

 

 狭くて短いけどショートカットのルートがあるんです。私のTTはその峠道を通過したため、不老ふ死温泉には来れなかったんですね。

 ずっと心残りだったのです。

 まずは内風呂で汗を流します。

宿のHPからpho_honkan__2.jpg本館大浴場

 おもいっきり鉄錆臭がする、濁ったお湯です。

 缶ビールを買って部屋に戻り、窓からの絶景。

18:04  P6190324.jpg

 日本海です。左に目をやると、ニッコウキスゲ。

P6190325.jpg

 この夕日を見に、はるばる来たのでした。

18:22  P6190326.jpg

 この日の日没は19:15。 
 一年で最も遅い季節ですからね。

 まだ時間があったので、ここで露天風呂へ。

某HPよりRT3BSj.jpg

 まだ明るい太陽を眺めながら、しばし呑美里。

 実はもっとでっかい露天風呂を勝手に想像していたのですが、うんと小ぶりです。混浴。もっと小さいらしい、女性専用露天風呂も隣にあり。

 夕陽を眺めるには、部屋で十分と判断し、戻ります。

18:39
IMG_8414.jpg

  ビールの残りをすすりながら、涼みます。

P6190332.jpg

 窓を全開にしているため、蝿が飛び込んでくるのが残念。

P6190334.jpg

 カメラの撮影モードをいろいろ切り替えて遊んでいます。

P6190339.jpg

 一歩下がるとこんな感じです。

P6190342.jpg

 これはiPhone6で。

18:56  IMG_8419.jpg

 夕食の時間は19:30にしてもらってます。

P6190347.jpg

 この日のメインカメラは、まだ紹介していない、Olympus STyLUS TG-850 Tough。

19:00  P6190349.jpg

 防水カメラをなんとなく持ってきたのですが、望遠はあまり効きません。

19:04  P6190356.jpg

 貨物船が来ました。

P6190358.jpg

 ソーダ水の替わりは缶ビール。

19:07  P6190362.jpg

 いよいよカウントダウンですか?

P6190367.jpg

 19:10。

P6190369.jpg

 水平線上に雲があり、残念ながら、海に沈むところまでは見えそうにありません。

P6190375.jpg

 それでも美しい夕焼けでした。

P6190377.jpg

 19:12。

P6190380.jpg

 サンセット。

P6190384.jpg

 夕餉です。食堂の名前が夕陽。ここからでも見えたのね。

 食前酒は林檎酒。津軽風茶碗蒸し、烏賊の水物。

   IMG_8427.jpg

 久六島栄螺の壺焼き、深浦産鮪胃袋の酢味噌和え、深浦産鮪・鰤・真烏賊のお造り。

IMG_8423.jpgIMG_8425.jpg
IMG_8426.jpgIMG_8429.jpg

 鰆の醤油麹焼き、かっちゃの漬物、深浦産恵胡天の酢の物。えごねりですね。

 純米酒は深浦尾崎酒造の地酒。

       IMG_8424.jpg

 深浦産本鱒(食べかけ)と高原豚のせいろ蒸し、海鮮鍋。

IMG_8430.jpgIMG_8433.jpg
IMG_8431.jpgIMG_8434.jpg

 つがるロマン白ご飯、深浦特産つるつるわかめの蕎麦の温麺、県産りんごのシャーベット。

 全部書いたった。
関連記事
テーマ : 温泉♪  ジャンル : 旅行

Comments


乗ってみたいですね

二泊三日くらいで、五能線に乗ってレンタカー借りて
周辺を廻ってみたいです
10月頃に行けたらいいなと

参考にさせていただきます
よくやった!
風写さんへ。

よくまあ、丁寧に。
御品書き、もらわないと、とてもおぼえきれません。

味のこと、全然書いてないけど、写真みれば、想像はつくか。

夕日、丸ごとは、なかなか出会えませんね。
だいぶ前のこと、男鹿半島の夕日は、素敵でした。
あいしゅさんへ
今週来週は大人の休日倶楽部パス期間です。
お得ですけど、天気が悪いですね。

是非参考にしてください。
kazuさんへ
はい
献立表あっての、記事です。

美味しい料理たちでしたが、栄螺は特別好きではないし、茶碗蒸しは甘め。
一番美味しかったのは酢味噌和えでしょうか。

夏休みにキャンピング道具を持って、夕陽の見える場所に行こうかと思い始めました。
鮪の胃袋食べるんだ
風写さんへ。

鮪の胃袋の酢味噌和え、がベストとはねえ。

サザエの壺焼きの傍にそっと置いているやつね。
さすが、グルメ、目の付けどころが違います。
kazuさんへ
恐れ入ります。

想像していた雰囲気とはだいぶ差異がありましたが、まぁリーズナブルだし、元気に営業して集客力がある宿でした。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: