風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 祭りだワッショイ

Comment (2)  Trackback (0)

室内だけど大迫力

 さて某日。代休を取り、岩木山が見える場所へ。

     IMG_8378.jpg

 これは奥羽本線の電車です。

P6190081.jpg

 川部駅。

P6190083.jpg

 弘前から二つ目、五能線の起点終点です。

P6190084.jpg

 田んぼアートが有名な、田舎館村にある駅ですね。

P6190080.jpg

 ディーゼル車の、五能線に乗り換えました。鰺ヶ沢行き。

P6190085.jpg

 林檎林? 林檎畑? の中を進んでいく路線です。

P6190087.jpg

 この時期、りんごは大きめの梅か、小ぶりな温州みかんぐらいの大きさですが、もう色づいていますね。

P6190092.jpg

 鳥に喰われたりしないのかな。

 1時間に一本もない気動車の乗客も少しだけ。

P6190097.jpg

 五所川原に到着です。

P6190184.jpg

 五能線で来るのは二回目、車で来たのを入れれば三回目の訪問です。

P6190098.jpg

                    カベ丼!?

 立佞武多が練り歩く通り。

P6190100.jpg

 貝焼き味噌用の貝殻を売る、金物屋さん。

P6190101.jpg

 立佞武多の館に到着です。

P6190179.jpg

 ちなみに読みは、たちねぷた。青森市のようなねぶたではなく、弘前風です。

 3基の立佞武多が展示してあります。

P6190103.jpg

 これは2013年の作品。

P6190153.jpg

 高さが23mもある、陰陽梵字北斗星。

P6190136.jpg

 観覧は、まずエレベータで4階まで上がり、螺旋状の廊下をのんびり下りながらになります。

 安倍晴明です。

     P6190105.jpg

 こちらは2014年作の、国性爺合戦和唐内。

P6190104.jpg

 見事な作品です。青森ねぶたの影響が強いですね。

     P6190135.jpg

 青森のねぶたは、スポンサーが付いて1基づつ、いわばF1のようにプライベートで制作されていきますが、五所川原の立佞武多は、おそらく官製。

P6190134.jpg

 この立佞武多の館の中で、毎年1基が制作され、3年使用展示されます。

     P6190110.jpg

 なので、常に3基が展示されていて、8月になったら街に繰り出します。

P6190122.jpg

 こちらが少し小振りな3基目、2012年の作品になるのでしょうか。

P6190111.jpg

 三日月を背負っていますが、伊達政宗ではありません。

     P6190139.jpg

 三日月祈願・山中鹿之助でした。2013年の作品とのこと。組み上げの様子が、公式ブログにありました。
 これはやはり大型立佞武多でなく、その他の山車なんでした。

 ねぷた祭りの期間中は、毎日このゲートを開いて、山車が出入りするそうです。

P6190112.jpg

 その様子も廊下の途中のあちこちに、写真や動画で展示されています。

P6190113.jpg

 やはり実物を見に来ないと。

P6190114.jpg

 サンダーバードみたいでもあるし、まさに出陣ですね。

P6190119.jpg

 後ろ側にはこんな絵が描かれていて、こちらはちょっと弘前風?

     P6190127.jpg

 色ッぽい美人画が多いのですが、幽霊っぽいものも。

P6190131.jpg

 見逃せません。

     P6190124.jpg

 五所川原の立佞武多は、今年のサンパウロのサンバカーニバルにも出陣し、その後保管されていたものが、燃えてしまったというニュースが、つい最近ありました。

     P6190148.jpg

 実に残念です。

     P6190149.jpg

 ここが立佞武多の館のロビーというか、土産物コーナーでもあるのですが、この奥の大扉が開いて、山車が出陣していくのですね。

     P6190178.jpg

 この大きなガラス窓もスライド式のようでした。

P6190179.jpg

 昼飯処を探す道すがら、珍しい信号機。

P6190159.jpg

 青森では青黄赤の信号が縦になっていることも多いのですが、これは横。
 謎です。

 昼飯は此処にしました。

     P6190161.jpg

 冷したぬきそば。まるで冷し中華のようですが、れっきとした蕎麦で、錦糸玉子や胡瓜もやしの下に、天かすが撒かれていました。

IMG_8381.jpg

 ボリュームたっぷり。

     P6190158.jpg

 立佞武多の館に戻ります。
 二階にある美術展示ギャラリーを見学したあと、三階四階を歩きます。

     P6190170.jpg

 今年の作品が、ここで制作されているのでした。

P6190173.jpg

 海っぱたの巨大テントの中で、汗水たらして制作に励む青森市と比べると、恵まれた環境。

P6190175.jpg

 サンパウロで燃え尽きてしまった作品は、”復興祈願”鹿嶋大明神と地震鯰と言う2012年の作品だったそうです。

     P6190169.jpg

 制作中の作品は、津軽十三浦伝説 白髭水と夫婦梵鐘。

     P6190166.jpg

 高さ2mの輪切りで造られて、一旦外に運び出し、クレーンを使って積み重ね、館に戻して最終仕上げなんだそうです。

P6190163.jpg

 そこまで検討されて造られた立佞武多の館なのでした。

 駅方面に戻ります。

     P6190099.jpg

 この日は桜桃忌、地元出身、太宰治の誕生日ということで、関連施設を見学します。

P6190181.jpg

 私の故郷にも近い玉川上水や三鷹に縁が深い作家なので、興味は持っているのですが、走れメロス以外には読んだ記憶があまりなく、勉強不足を感じた見学になりました。

     IMG_8380.jpg

 次の汽車まで時間があったので、2006年に来た時に立ち寄ったカフェで時間調整。

P6190182.jpg

 珈琲詩人。BGMはJAZZでした。

 クラッシュアイス入りの美味いアイスコーヒー。

IMG_8385.jpg

 津軽鉄道の津軽五所川原駅。

P6190185.jpg

 2006年の冬に乗った時の画像がこちらのスライドショーの後半にあります。

P6190188.jpg

 津軽半島、のんびり旅してみたいものです。

P6190189.jpg

 してるやないけ。
関連記事
テーマ : 青森のあれこれ  ジャンル : 地域情報

Comments

津軽文化の共通点
五所河原の立ねぷた初めて見ました。相当高いですね。
青森、弘前と共に、津軽の心意気が感じられます。
kazuさんへ
23mですから、むちゃくちゃ高いです。
テニスコートの縦よりも長い。

短い夏の終わりに爆発するということなんでしょうね。

三都市以外のねぷたも見てみたくなっています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AD%E3%81%B6%E3%81%9F
kazuさんのところから近いのは、渋谷センター街か、桜新町。
http://nihonguide.net/maturi/1342.html
http://www.sakurashinmachi.net/asp/news_dtl.asp?nt=7&nk=198






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019