風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (2)  Trackback (0)

巨木廻りになりました

 昨日の記事に書いた、船岡城址公園に残った樅の木を後にして、TTは宮城県の最南端、丸森町へ。さらに山奥の筆甫ひっぽ地区です。

P1030463m.jpg

 県内の桜ファンには有名な一本桜がああるのです。筆甫の親王桜。

P1030449cc.jpg

 ググッてみるとトップに出てくる某HPから引用すると、

 薬師堂の境内にあり、「親王桜」と呼ばれるウバヒガン桜。
ウバヒガンはエドヒガンの別名。
建武2(1335)年、陸奥守・北畠顕家(あきいえ)が
義良(のりなが)親王(後醍醐天皇第8王子)を伴い
この地に訪れた際に植えたものと伝わっている。
樹齢は推定で670年以上。
町の天然記念物に指定されている。


 すごいですね、建武の新政の期間ですよ。染井吉野は短命で、こんなに生きられません。

          P1030450.jpg

 義良親王はのちの後村上天皇です。ウィキペディアによれば、

 元弘3年/正慶2年(1333年)に鎌倉幕府が滅亡し、父の後醍醐天皇が建武の新政を始めると、幼い親王は北条氏の残党の討伐と東国武士の帰属を目的に陸奥守北畠顕家・北畠親房に奉じられて奥州多賀城へと向かう。建武2年(1335年)に足利尊氏が新政から離反すると、北畠親子と共に尊氏討伐のために京都へ引き返す。比叡山で元服を行い、同3年(1336年)に尊氏が京都で敗れて九州落ちすると再び奥州へ戻るが、延元2年/建武4年(1337年)多賀城が襲撃されたため西国に戻る。足利尊氏は京都を奪還し、後醍醐らは吉野へ逃れて南朝を成立させる。後醍醐天皇が全国の南朝勢力を結集するため各地に自分の皇子を派遣する中、義良も同3年/建武5年(1338年)に宗良親王や北畠親房らとともに伊勢国大湊から奥州へ向かうが、途中で暴風に遭い一行は離散し、義良は吉野に戻る。同4年/暦応2年(1339年)皇太子になり、同年の8月15日に後醍醐天皇から死の直前に譲位され即位する。

 別の角度から。

P1030461.jpg

 傍らに水芭蕉もありました。枯れ始めてますけど。

P1030460.jpg

 有名な場所の割には、数人しか訪れていませんでした。

 筆甫に来たらお昼はいつも此処。

P1030464.jpg

 清流庵です。以前の記事はこちら

 11時前に着いてしまったので、しばし親方と談笑。

P1030467.jpg

 その後、突然親方に呼ばれて二階へ上がる階段の踊り場へ。庵主さまです。

P1030465c.jpg

 ねずみよけになるし、大事にしているのだとか。

P1030469.jpg

 毎度ほっとさせられる民家の客間風のお座敷。

P1030468.jpg

 おなかがすいたので、筆そばセット(かやくご飯付き)大盛りを頼みました。1155円。

P1030471.jpg

 寒晒し終わっちゃったんですかーーなどと騒いでいたら、特別に親方が出してくれました。残ってたのね。

P1030472.jpg

 美味かったです。

 来る道は東北道から大河原経由だったので、帰りは6号線常磐道コース。

 腹ごなしに途中のお寺さんを散策することにしました。

       P1030475c.jpg

 亘理の称名寺。夏には蓮、秋には黄色い彼岸花が咲くお寺です。

P1030478.jpg

 白梅に枝垂桜。

       P1030481.jpg

 水芭蕉まで咲いていました、これはラッキーなタイミング。日頃の行いが良いんでしょうね。

P1030487.jpg

 このお寺を知ったのは、伯父に教えられたのが最初でした。

 日本百名山を制覇するほどの山好きだった伯父は、山に登れなくなってからは、青春18切符を使って巨木銘木を見てまわるのを趣味としていたのです。

       P1030482.jpg

 それで父が入院している時に、宇都宮から一度お見舞いに来てくれて、その時調べて案内したのが仙台周辺の巨木めぐり。

 銀杏町の乳銀杏、北山のマルミガヤと共にここに来たのでした。

 樹齢600年を超えると言われる椎の木です。

 神が宿っていると言うか、むしろ神様のような巨木。

P1030480.jpg

 国道6号線を北上中、亘理の市街に入る直前に、もう一本の少し若い椎の木と一緒に聳えています。

 年老いた伯父は、各地の巨木を巡って人生の儚さを感じ取っていたのかも知れません。

P1030494.jpg

 称名寺、四季の花々も楽しめるお寺です。
関連記事
テーマ : 宮城県  ジャンル : 地域情報

Comments

ああ、桜は・・・
なんと素敵な一本桜。
風写さん、何かの縁ですね。
今日、親鸞展見たせいか、そんなこと思いました。
kazuさんへ
ありがとうございます

何の縁なんでしょう。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2019