風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 祭りだワッショイ

Comment (0)  Trackback (0)

仙臺の村祭りかな

 5月16日土曜日の午後。

 関東からやってきてくれた友人と、青葉まつりを見物しに行きました。

P5160001.jpg

 うちから歩いて、まずはメディアテーク。

P5160003.jpg

 ジャズフェスの時もそうですが、気楽に見られる場所ではあるものの、雰囲気がありませんね。

P5160006.jpg

 それでも、流し踊りと違い、移動しないので安心です。

P5160007.jpg

 すずめ踊りは、正面から見られるように、構成されていると思います。

P5160011.jpg

 静止画では表現しにくいのですが、

P5160013.jpg

この扇子が、パッパッと同期して翻る絵がポイント。

P5160014.jpg

 どっちの祭連だったかな、最後にサンバダンスまでやってくれました。

 やっぱり、表に出ます。
 定禅寺通でも、稲荷小路や国分町通との交差点辺り。

     P5160019.jpg

 雰囲気を出すために下の動画を再生してもらえれば、お囃子が流れます。



 すずめ踊りのチームは、祭連、まづらと呼びます。

P5160021.jpg

 またウィキから

P5160027.jpg

 仙台・青葉まつり(せんだい・あおばまつり)は、毎年5月の第3日曜日とその前日の2日間、宮城県仙台市で開催される祭である。

P5160033.jpg

 伊達政宗没後350年にあたる1985年(昭和60年)に、過去に存在した祭りを復活する形で始まった。

P5160036.jpg

 江戸時代には「仙臺祭」(仙台祭)という仙台藩最大の祭りがあり、仙台東照宮の祭礼として行われていた。それが明治維新の影響で変容し、伊達政宗の命日(5月24日)に青葉神社の祭礼として開催される「青葉祭」に生まれ変わった。

P5160042.jpg

 「仙台・青葉まつり」は、系統が1つながら名称が異なる、これら2つの過去に開催されていた祭りの名称を合わせて命名された。

P5160051.jpg

 祭りの紹介文では「杜の都・仙台において、新緑が美しい時期に開催される」と書かれることが多いが、これが名称の由来ではない。

P5160053.jpg

 1985年(昭和60年)の伊達政宗没後350年に復活した祭りは、投資意欲の強かった石井亨仙台市長(在任期間:1984年12月23日 - 1993年7月3日)の時代に、バブル景気に加え、「独眼竜政宗」ブーム、仙台市営地下鉄開業、政令指定都市移行、市制100周年などを背景に拡充された。

     P5160056.jpg

 現在の祭りの主な構成要素は、「仙台祭」「青葉祭」双方で行われていた山鉾巡行および神輿渡御、「大崎八幡宮大祭」(旧暦8月15日)で奉納されていた踊りをもとに新しく作られたすずめ踊り、そして、祭りの復活が政宗没後350年であることもあって武者行列が加わっている。

P5160060.jpg

 祭りは仙台市都心部で行われる。祭りの1週間前には一番町をすずめ踊りで流し踊りする「一番おどり」が行われ、水曜日から山鉾が中心部のアーケードに飾られる。

P5160069.jpg

 土曜日の「宵まつり」はすずめ踊りコンテストを中心に開催され、日曜日の「本まつり」では山鉾巡行・青葉神社神輿渡御・武者行列・すずめ踊りなどが開催される。

P5160074.jpg

 なお、「仙台・青葉まつり」は、政宗の命日に行われていた青葉神社の祭礼「青葉祭」と歴史的に関係があるため、青葉神社神輿渡御が行われるが、青葉神社では「仙台・青葉まつり」とは別に「春の大祭」を政宗の命日に行っている。

P5160076.jpg

 般若祭連。

P5160078.jpg

 ちょっと怖いです。

P5160081.jpg

 いろは祭連。

P5160089.jpg

 よく揃っていました。

P5160087.jpg

 上のウィキ引用文によれば、元々は徳川家康を祀った東照宮と、伊達政宗を祀った青葉神社のイベントが合体したものに、坂上田村麻呂にちなんだ大崎八幡近くから発生したすずめ踊りが絡むという、ある意味実に日本的なお祭りなのです。

P5160086.jpg

 市内の様々な企業にとっても、社員旅行の代わりだったり、宣伝広報の一端だったり、社員研修の目的だったり、いろいろな意味で、うまく利用されているようにも感じます。

P5160092.jpg

 いやいやながらの人は、見ていれば大体わかりますが、概ね皆さん楽しんで参加していると思います。

P5160098.jpg

 若い人が多いのも何より。

P5160109.jpg

 これはメディアテークで見た祭連だな、一の座。

P5160102.jpg

 子どもたちにとっては部活みたいなものかもしれませんが、

P5160114.jpg

地域の年配の方にいろいろなことを教わるチャンスでもありましょう。

     P5160111.jpg

 来ました来ました、正調の祭連。

P5160115.jpg

 この扇子の使い方が決め手。

P5160116.jpg

 ぱっぱっ。

P5160123.jpg

 さっさっさ。

P5160124.jpg

 こっちは少人数。

P5160130.jpg

 いろいろです。

P5160133.jpg

 過去記事リンク: 2009年 2012年

IMG_8047.jpg

 市民広場の大舞台の前に座るスペースを確保するのが、踊りをじっくり楽しむにはベストのようでした。

      IMG_8048.jpg

 昔は市民ホールのステージを使ったこともありましたよね。

 このあとは、弟も呼んでプチ祖師谷同窓会。

IMG_8049.jpgIMG_8055.jpg
IMG_8051.jpgIMG_8052.jpg

 稲荷小路の北の一です。酒は豊盃と秀よし。友人は烏龍茶なんですけど。

     IMG_8057.jpg

 三年ぶりに昔話に花が咲きました。

IMG_8053.jpgIMG_8054.jpg
IMG_8058.jpgIMG_8060.jpg

 もっとも呑んでた時間が、すずめ踊りのハイライトだったような気がします。
関連記事
テーマ : お祭り  ジャンル : 旅行

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: