風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (2)  Trackback (0)

ほうほうのていで

 いわゆるゴールデンウィーク。
 早速ジムニーで出かけることにしました。朝ドラを見たあと、9時前に出発。

 若い時には、距離を走ることで得られる充実感なんてもんがあったのですが、今はもう疲れるだけ。
 旅は知らない風景に出会うこと、感激した見晴らしに再会することにあるということで、今年はのんびり旅にします。

 当然高速や主要国道は渋滞が予想されたため、できるだけ裏道街道。
 まずは仙台大衡線から、国道457号。これはいつものルートです。曲がるあたりに二軒美味しいお蕎麦屋さんがあります。七ツ母里と、きまま亭です。
 宮床の先で左折。
 大和町吉田、蕎麦のおさだその二)の前を通って、すぐ右折。

 そのまま北上したいのですが、自衛隊の王城寺原演習場が邪魔。
 東の端を舐めて、北上。今度は蕎麦のもみじ野その二)の近くを通り、川渡温泉方面へ。

 蕎麦の蕎壽庵前です。ハナモモが綺麗。

P1010285.jpg

 山田商店をパスし、国道47号線に出て、川渡温泉から東鳴子温泉鳴子温泉を通り、国道108号を右折し鬼首方面へ。

P1010293.jpg

 荒雄湖の水を豪快に放水している鳴子ダムのアーチ。

P1010289.jpg

 鯉が泳いでいました。八重の桜も満開。

P1010286.jpg

 この辺りはいつものルートですが、実に良い天気で、窓全開です。

P1010297.jpg

 運転しながら、ボケた頭は夏休みと勘違い。

P1010301.jpg

 雪山と桜で、我に返ります。

P1010299.jpg

 さて、最初の目的地。
 鬼首峠にチャレンジ。

P1010304.jpg

 仙秋サンラインの鬼首トンネルを通らずに、秋田に抜ける魂胆。
 旧道ですが、一応二車線の道路らしいという、ネット情報でした。

 しかし、まだ冬の通行止め継続中?

P1010305.jpg

 諦めて、トンネルを潜ります。

P1010306.jpg

 新緑が萌えーーーーー。

P1010307.jpg

 早くも昼飯です。
 住所は一応湯沢市秋ノ宮ですが、秋の宮温泉からはかなり先の集落にあるお店。

IMG_7919.jpg

 焼きそばがラーメンより安かったし、横手も近いのちょっと期待して頼んでみました。

IMG_7913.jpg

 量が少ない。味も普通です。ふつうに美味しい。

     IMG_7915.jpg

 餃子と一緒で820円だったかな。

IMG_7916.jpg

 雄勝に入り国道13号を右折して給油。
 即Uターンして西へ。院内銀山跡がありましたが奥の方には入れず。これは異人館があった土台だそうです。

P1010309.jpg

 左折して再び国道108号。これもいつものルートですね。
 しかしいつもと違うのは、松の木トンネルをくぐって由利本荘市(旧鳥海町)、道の駅、清水の里鳥海郷のところを左折します。

P1010312.jpg

 法面にカタクリが咲いているのに気付いて、急ブレーキ。

P1010317.jpg

 この季節、結構色んな所で健気に咲いていますよね。

P1010316.jpg

 開いたばかりのシダの輪。

P1010320.jpg

 シャガ。

P1010319.jpg

 県道70号、鳥海矢島線。
 突然、鳥海山がいつもと違う形で見えてきます。

P1010323moac.jpg

 出羽冨士の名前に一番ふさわしい角度かも。

P1010324.jpg

 さらに左折して手代林道へのアプローチ。ここは初めて走るルートです。

P1010329.jpg

 鳥海山を正面に登っていく、実に気持ちが良いヒルクライム。

 法体の滝にたどり着きました。ほったいのたき。

P1010333.jpg

 山奥の滝というと、深い渓谷の崖の上を見上げるイメージなんですが、思いのほか広い芝生の園地がある場所でした。

P1010334.jpg

 ものすごい水量です。

P1010339.jpg

 吊り橋を渡ると、上の方へ登っていく遊歩道。

P1010337.jpg

 ちょっと登る気分でなかったので、すぐに引き返したのですが、あとから資料を読み返していたら、下から見えるのは三段目で、上にあと二段、別の滝があるんだそうです。

P1010342.jpg

 また来ましょう。

P1010344.jpg

 映画釣りキチ三平のロケで使われた場所だそうです。



 上の予告編に出てくる滝は、こっちかも。
関連記事
テーマ : ドライブ  ジャンル : 車・バイク

Comments

どこがほうほうのてい?
風写さんへ

人はいないし、車もいない。
これが、地方の連休なのかな?

鳥海山のこの角度初めて見ました。
かっこいいですね。

いっぱい蕎麦屋さんの名前出てきて、結局は焼きそば・餃子ですか。
確かに、これじゃ少?焼きそば。
kazuさんへ
すいません
法体の滝から、最初に思いついたタイトルでした

鳴子ダムも法体の滝の園地も、30人ぐらいの人はいました。
この後報告しますが、角館は凄い人出でした。

鳥海山は美しい山です。

この後の日は、毎日昼そばでした。
あの辺りはほとんど選択の余地はないんです






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: