風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 博物芸術

Comment (0)  Trackback (0)

過去のエネルギーではない

 いわき市内、主に国道6号線を南下し、辿り着いたのは、いわき湯本駅にほど近い此処。

     IMG_7563.jpg

 いわき市石炭・化石館「ほるる」です。なんともキャッチーでない名称。

IMG_7564.jpg

 今回いわきでは、常磐炭鉱の遺跡を見学してみたいという、漠然とした目的があったので、まずは此処に来てみたのでした。

IMG_7565.jpg

 順路に従うと、まずは化石館。

IMG_7568.jpg

 いわきでは、首長竜をはじめ、複数種の恐竜化石が発掘されており、この博物館の元になっているのですが、目立つのはアメリカや中国で発見された恐竜の化石標本が多く、どれがいわき産なのか、今ひとつ分かりにくい展示でした。

IMG_7570.jpg

 鯨の骨格も混じっていますね。

IMG_7571.jpg

 館内にかつての炭鉱遺跡もあり、一旦表に出たら、梅が綺麗に咲いていました。

IMG_7576.jpg

 湯本第六坑人車坑入口。

     IMG_7583.jpg

 戦後まもなく昭和天皇も見学に訪れ、入坑されたそうです。

IMG_7585.jpg

 閉山するまでは、このような出入口は無数にあったのでしょう。

IMG_7584.jpg

 一旦館内に戻り、エレベータで地下へ。

 昔の炭鉱内が再現されていました。足尾銅山を想い出します。

IMG_7589.jpg

 手掘りから機械掘りへ、道具の進歩も学べます。

IMG_7592.jpg

 フラガールの撮影にも使われたのかな。

 最新の掘削マシン。

IMG_7595.jpg

 事故発生時の、救助隊員。

IMG_7597.jpg

 石油や原子力の躍進で、炭鉱は閉山してしまいましたが、石炭そのものは掘り尽くされたわけではありません。

IMG_7601.jpg

 まだ大量のエネルギーは残っているのです。

 なぜかD51も残されていました。

IMG_7602.jpg

 炭鉱の産業遺跡に関してはあまり情報が得られませんでしたが、パンフレットを入手。

 これもネットで調べた、いわきヘリテージツーリズム協議会のページそのものでしたが、それを片手に、湯本の北側、内郷地区に入ります。

IMG_7604c.jpg

 あっさり見えてきた、上の常磐炭礦内郷礦中央選炭工場。

 隣にある内郷水中貯炭場。

DSC02411_201503310423509a3.jpg

 国内初の水中貯炭場だそうです。

 子供の頃の家の周りにも、謎の建築物やお化け屋敷のような邸宅があったものですが、ここもすっかり風景の一部になっているものの、遺跡としては取り扱われていません。

DSC02401.jpg

 もっと近づいてみたいのですが、八幡平の松尾鉱山住宅と同様、立入禁止。

DSC02403_20150331042348388.jpg

 ここは石炭の積み下ろし場かな、ただの駐車スペースになっていました。

DSC02405.jpg

 機会を見つけて、見学ツアーにでも応募しないと、中には入れそうにありません。

DSC02409.jpg

 他にも何か無いか、裏道をうろついて、脱輪。

DSC02413.jpg

 ヘリテージ探索は諦めました。

 宿に入る時間まで若干余裕があったので、花を眺めに、フラワーセンター再び。
 いわき市内、丘に上がっていくと、まだまだかなりの数の仮設住宅が立ち並んでいます。

DSC02414_20150331042502b25.jpg

 前回の訪問はこちら

DSC02419.jpg

 風車と白木蓮。コブシか?

     DSC02417_201503310425033b9.jpg

 温室のブーゲンビリア。

DSC02422_20150331042527086.jpg

 これはなんだろう、たくさんありました。

DSC02423.jpg

 ひとつ鉢植えで欲しくなりましたが、売店はありません。

DSC02426.jpg

 天気が良かったので、太平洋が見えました。

DSC02428_20150331042532c2f.jpg

 そういえばいわき沖には、洋上風力発電の実験施設があるはず。

     DSC02430.jpg

 近くに行ってみたいものです。
関連記事
テーマ : 建物探訪  ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: