風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 街角探検

Comment (2)  Trackback (0)

明日に遺したいもの

 蔵王温泉のロッジスガノで朝食を食べた後の定番は、喫茶シャモニーのコーヒーとマスターの蘊蓄。

      EPSN0228.jpg by R-D1s

HPは、こちらにあります。

EPSN0233.jpg

 なかなかお目にかかれない、蒼く光る真空管。現在は使用できない毒性が高い材料なのでしょう。

     EPSN0229.jpg

 近所の旅館のアンプが、蔵王の空気で錆びたとかで修理中と言うか、レストア中。

 私もそのうちハマリそうな趣味と実益です。

EPSN0231.jpg

 山を降りて山形市内へ。

 できたてホヤホヤで、ガイドブックにも載っていない「山形まるごと館 紅の蔵」

EPSN0240.jpg

 戦災を受けていない山形市内には、古い蔵が沢山残っているのです。

 あえて残してきたと言うよりも、頑丈で便利だから残っていると言うところなのでしょう。

 新しいものにより高い価値があるのだと言わんばかりに、古いものをこれでもかこれでもかと破壊し続ける仙台のような街にならないように、地元、東北芸術工科大学の学生たちが目を付けているのが、この蔵なんですね。

 名づけて、ヤマガタ蔵プロジェクト

EPSN0243.jpg

 学生たちがどこまで動きをリードしているのかは知りませんが、山形市内では蔵を遺して店をリニューアルしたり、この施設のように新たなスポットにする動きがゆっくり進んでいるようなんです。

 市内十日町にある、この紅の蔵には、洋食店、蕎麦屋、小さな物産館と観光案内があるだけなんですが、大規模な開発でなくても、身の丈に合った小さな改造、先祖が遺してきたものに魅力を加えてを子供たちへ引き継いでいこうと言う心意気が、山形の街を魅力的な場所へ変えて行こうとしています。

EPSN0242.jpg

 そして街の真ん中、七日町にも。

 御殿堰プロジェクト。←詳しくはこちら。

 こちらは蔵ではなく木造の商業施設がまさに近く完成予定。楽しみです。

 そんな山形の街造りの中心はもちろんここですね。

IMGP0512.jpg

 旧山形県庁、現在は文翔館と呼ばれています。

 広い敷地に立派な洋館。屋根のスレート8万枚は、宮城の雄勝産です。

EPSN0247.jpg

 下の絵のとおり、十日町から七日町を抜けたドン突き、花笠まつりが流れる街の中央通りの正面に建っているんですね。

       EPSN0253.jpg

 大正5年に完成した大英帝国式ルネサンス様式。
 昭和50年まではこの建物が県庁で、パスポートもここでもらったとか。

EPSN0248.jpg

 その後なんとか壊されずに、昭和61年から修復工事を始め、平成7年に現在の姿になったそうです。

 現在修復中の東京駅とは建設した時代も重なる兄弟のような関係。
 東京駅の工事関係者も見学調査に来るそうです。

EPSN0249.jpg

 どこの都道府県にもあったはずの旧庁舎。

 すんばらしいです。祖父や曾祖父の世代の日本人みんなに感謝したくなります。

EPSN0252.jpg

 そして札幌よりも、バックトゥザフューチャーよりも、ずっと立派で美しい時計塔。

       EPSN0256.jpg

 26.5kgの分銅を7mのワイヤーロープで吊って駆動しているそうです。

 外からは全く見えない中庭。ニワトリはいません。

EPSN0263.jpg

 花笠祭りの時期に野外コンサートが開かれるそうです。

EPSN0260.jpg

 旧議事堂は、ホールとして利用することが出来、この日も音楽発表会が賑々しく開催されていました。

 文翔館の内装については、庄内人さんのブログを参照下さい。

 昼食です。栄屋本店。

EPSN0267.jpg

 おそらく知らない人は全く知らない、酸っぱくない冷やしラーメンで有名な店なんです。

 メニューを見て下さい。冷やしだけでも13種類。そのうち11種類は一年中ありつけます。

CA3A0012_20100416053840.jpgby W61CA

 でも、まだまだ寒い山形の春。

 あったかメニューも沢山あるし、私はいつもまず、いつもの店に無いメニューから物色を始めるんです。
 栄ラーメン、チャーシューメン(牛肉)、山形ラーメン、薬膳ラーメンに和風らーめん、牛モツラーメン、カツラーメン。みんな旨そう。

 結局初志貫徹で、鳥中華です。ラーメンとらーめん、そして中華、全部ある店はそうそう無いでしょう。

CA3A0015_20100416053840.jpg

 んまいんまい、鳥の身。

            CA3A0016_20100416053840.jpg

 やや太いストレート麺。しこしこです。

      CA3A0017_20100416053840.jpg

 あったまりました。

 どうです? 皆さん 山形に移住したくなりませんか?
関連記事
テーマ : 東北旅行  ジャンル : 旅行

Comments

栄屋本店
 お、、本店にも冷やしワンタンメンがあったのですね。
分店の専売かと思ってました。真夏に汗を拭きながら
冷やしラーメン食べたいです。
40℃オーバー
サエモンさんへ

ここのメニューを語るには少なくとも5回は行かないとダメですね。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019