風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 街角探検

Comment (0)  Trackback (0)

風待ち港

 寝姿山からロープウエイでホテルへ戻り、風呂に入ってビール。

 昼飯が点心だけだったので、腹をすかして下田の街を彷徨います。

 ぐるぐる歩いて決めた第一候補の創作料理居酒屋は満席、第二希望の居酒屋は貸し切り、遠野に行った時と同じパターンです。店が少なくて混んでる。

 ここはラーメン屋さんかな。名前は良いんだけれど。

       IMG_7304.jpg

 下田に泊まったのは初めて(在京時代に伊豆は何十回も行っています)なんですが、金目鯛が名物らしく、駅前には看板が沢山。

IMG_7316.jpg

 結局上の写真の左上二階の定食屋さんへ。美咲という名ですが、親父さんが一人でさばきます。

 相模灘に来たら、私は必ず、アジのたたき。

IMG_7307.jpg

 んんまい。

 産まれて初めて食べたアジのたたきは、忘れもしない、中学生時代の腰越。片瀬江ノ島の東隣りですね。
 父の会社の社員旅行で、ゴールデンウィーク(当時は5/4が新聞休刊日でした。)に初めて乗った釣り船で、サビキ釣りで釣った鯵を、父の同僚で、相馬出身のT沢さんが、自らさばいてくれたのです。

 父は私に似て?刺し身好きだったのですが、光り物は完全NG。
 当時はもちろん街の魚屋で買える鯵は、とても生では食えなかったと思いますが、海沿いで食える店に行ったとしても、チャンスはなかったと思います。

 初めて食した鯵のタタキ、大きめの鉢に捌いてたたいた鯵をぶちまけて、醤油と生姜をぶっかけただけだったのですが、生涯忘れ得ぬ味のひとつです。

 そしてピンぼけですが、これまた大好きな、揚げ出し豆腐。

   IMG_7309.jpg

 これまた、んんまい。
 プロが揚げた揚げ出し、当然ですがレンジでチンするいつものやつとは、全然違います。

 地酒は、伊豆の里。冷酒はこれしかありませんでした。

   IMG_7305.jpg

 そしてメインディッシュは、地魚丼、1800円。

IMG_7311as.jpg

 金目鯛、ソイ、ムツ、オナガ、ブダイ、イカに、サービスのホタルイカだったかな、どれがどれやら、見分けが付きません。。

IMG_7312.jpg

 んんまかったぁ。

 睡眠です。
 その前に寅さんを観ました。池内淳子が、柴又でカフェを開いている回。
 カウンターで、ドリップコーヒーを入れるのですが、注ぐ薬缶が、うちのと同じようなアルマイトのでかいやつ。

 いいなぁ。

 朝。改めてホテル・マルセイユです。ちょっとホテル・カリフォルニアみたいでしょ。

     IMG_7317.jpg

 隣に、ひものの看板があるのが、伊豆っぽい。

 一応一階にマクドがあって朝飯も食えるのですが、ちょっと歩きまわってみました。

IMG_7318.jpg

 ロープウエイのりば横の喫茶店が朝から営業中。

IMG_7320.jpg

 ここに入ってみます。

 まるで店内で寝起きしているようなおかぁさんが出迎えてくれます。BGMのテレビは朝っぱらから韓流ドラマ。

 モーニングセット。

IMG_7319.jpg

 コーヒー付きで600円ぐらいだったかな。

 小雨が降ってきました。ホテルに戻って荷物をまとめます。

 荷物をフロントに預けてチェックアウト。

 外へ出たら雨が本格的になって来たので、ローソンのPONTAポイントでビニール傘をゲット。歩き始めます。

P1010135_20150305053508f91.jpg

 上は邪宗門という老舗のカフェですが、まだ閉まっています。

P1010137_20150305053634e4f.jpg

 これは、なまこ壁が美しい、雑忠家。

P1010138.jpg

 東北の地方都市と同じような、狭い路地を歩きます。

P1010139_20150305053637d55.jpg

 昨日のブログ写真を見ても分かる通り、気仙沼や志津川のような、天然の良港で、典型的な港町です。

P1010141.jpg

 江戸時代には、江戸・大坂間、あるいは東・西廻海運の風待ち湊として栄え、「伊豆の下田に長居はおよし、縞の財布が空になる」(下田ぶし1番)と唄われた。東海道の三島宿から伊豆半島中央部を南北に縦断する下田街道の終点。僧行基発見とされる蓮台寺温泉などがあり、総称して下田温泉と称している。

 カッコイイ船もありました。

P1010143.jpg

 1854年(嘉永7年)、日米和親条約が締結されると、箱館とともに開港(下田は即時開港)。吉田松陰の米渡航失敗、ロシア使節プチャーチン提督乗船のディアナ号遭難、米国領事タウンゼント・ハリスと唐人お吉、商業写真の祖下岡蓮杖など、数々のエピソードを生んだ。

 食堂、昇龍。やはり金目鯛がトレードマークです。

P1010144_20150305053657806.jpg

 雨でずぶ濡れの、てるてる坊主たち。

P1010146_201503050536592e6.jpg

 駅前のホテルにも、そういえば津波避難場所の掲示がありましたね。
 下田は1854年の安政東海地震で、大きな津波被害を受けています。

P1010148_20150305053700220.jpg

 河津桜かな、その向こうに胸像が見えます。

P1010149_2015030505370250c.jpg

 ペリー艦隊来襲記念碑、じゃないね、来航記念碑。

     P1010151.jpg

 ここが上陸地点のようでした。

P1010155_20150305053748d61.jpg

 吉田松陰が、黒船密航を企てた浜は、ちょっと遠くて行くのを諦めました。

P1010156_2015030505375076d.jpg

 散歩はまだ続きます。
関連記事
テーマ : 伊豆の風景  ジャンル : 地域情報

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: