風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ロコモーション

Comment (4)  Trackback (0)

一足早く、春の風景

 河津の郷をちょうど二時間ぐらい歩きまわって、昼飯代わりの軽食も取ったし、河津駅に戻ります。

 15時前、またまたものすごい人、とくに上りホームは朝の渋谷駅のようです。首都圏に戻る人でしょうか?

IMG_7295.jpg

 私は下り線。ここは指定席を取っていなかったので、立ちんぼも覚悟していたのですが、

IMG_7297.jpg

一番後ろの車両はガラガラで、座れました。しかも海方向を向いたビューシート? パノラマシートか。

IMG_7298mo.jpg

 私が歩いたのは、駅から山側の数キロでしたが、海側にも桜並木が伸びているのを、電車から発見。こっちの方が樹が小ぶりかな。
 遠くに霞んでいるのは、伊豆七島の利島です。

IMG_7301.jpg

 せっかくの伊豆急のパノラマシートでしたが、海が見えたのは最初だけ、15分で伊豆急下田に到着です。JRの特急踊り子だとノンストップで10分だそうです。

 駅前のホテルにチェックインして荷物を置き、カメラだけぶら下げて、ロープウェーに乗ります。

IMG_7318.jpg

 女性が上向きに横になっている形から、寝姿山と呼ばれるそうで、これはバストショット。岩が鼻ですね。

P1010092.jpg

 ロープウエーは3分で駅前から胸の辺りまで。往復1000円。

 大人の休日倶楽部パスは使えません。

P1010093.jpg

 変な場所に天守閣がありますが、車内のアナウンスでも、ガイドブックにも説明はないので、個人のお家なんでしょう。

P1010094_20150304065837abf.jpg

 昔、ペリーの黒船艦隊が投錨した下田湾と須崎半島。
 霞んで見えるのは、利島、新島、御蔵島、式根島、神津島かな。三宅島は見えませんでした。

P1010099.jpg

 三陸と同様、地震が多い地域ですね。

 こちらは伊豆大島。

P1010101.jpg

 寒桜と椿。河津桜とは違うようです。下田市だし。

P1010105.jpg

 さて、下田は、日本の写真界にとって、重要な場所なんです。

P1010107.jpg

 下田に生まれた、下岡蓮杖は、日本最初の商業写真家。

P1010111.jpg

 彼の記念館が、この山の上にあるのです。

P1010110.jpg

 カメラの数はたいしたことはありませんが、銘機がたくさん並んでいました。

P1010108_20150304065953cb9.jpg

 ドリナとマーキュリー

P1010109_20150304065954d86.jpg

 函館や長崎とともに、写真の聖地ですね。

P1010118.jpg

 河津からも見えた、電源開発の石廊崎風力発電所。

P1010113as.jpg

 2,000kWクラスの風車が17基あるそうです。

 蝋梅。これはもう仙台でも咲いていますね。

P1010119_2015030407002220f.jpg

 水仙。

P1010122.jpg

 沈丁花。

P1010130.jpg

 私が一番好きな花の香りです。

 海に向かって大砲が設置されていましたが、黒船に向かって撃ったものではなく、黒船に積まれていた大砲をもらって置いたようです。

P1010129.jpg

 ちょっと情けない。

P1010127.jpg

 つづく。
関連記事
テーマ : 伊豆の風景  ジャンル : 地域情報

Comments


半島一周の旅を計画していたのですが、なんだりかんだりで今年は中止
来年の為にしっかり見せてもらい参考にします

川津桜キレイですね

坂本龍馬は上野彦馬?
下岡蓮杖の記念館に、長崎の上野彦馬写真館で撮影された坂本龍馬の写真があるのは変ですね。
多分、下岡蓮杖が撮影したとされる写真が少なかったので、展示されているのではないかと思いますが。
私も一度、下田に行ってみたいと思っていますが、なかなか実現出来ません。
1990年頃、長崎に行った時、上野彦馬の屋敷跡を探したときには、何も無かったのですが、2010年頃に記念碑が出来たようです。
私の師匠の祖父が、上野彦馬の兄弟弟子だから、私にとって彦馬は、曾祖伯父弟子かな?
あいしゅさんへ
なんだりかんだり、ご苦労さまです。
いよいよ一目千本桜も蕾ですね。

仙台ではまだ、マンサクと蝋梅ぐらいしか花開いていないこの季節に、房総や伊豆に行くのは、贅沢なものです。

是非お出かけください。
百日紅さんへ
そうですね、展示してある写真は、蓮杖以外のものが多かったようです。
カメラもそうだし、蓮杖記念館と言っても、力が入っていたのは、維新前後の時代衣装を着て写真を撮らせるコーナーのほうでした。

場所もローウエイでしか行けない山の上ですよ。

確かに調べてみると、蓮杖撮影の有名人の画像はないようですね。
写真館は横浜にありました。没したのは浅草。

下田には、彼の記念碑と銅像があるそうです。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: