風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ロコモーション

Comment (0)  Trackback (0)

乗り放題だから可能な旅かも

 現在開催中の、大人の休日倶楽部、十周年記念パス。
 初めの頃は、三日間乗り放題で12,000円だったのが、最近は四日間で17,000円と、週末トラベラーにはかなりの値上げになり、もう会員をやめてやろうかと思わされ続けているのですが、見透かされたように、今回のみ四日間で15,000円。
 しかも期間的にも、ややベター。

 というわけで東京経由で、伊豆に出かけたのでした。
 東北新幹線でまずは東京駅、駅ナカで時間調整。

IMG_7267.jpg

 肉、魚、卵、牛乳等を使用しないお店で珈琲のみ。なんだか特殊な甘みと、豆乳付き。

 仕事帰り、東北新幹線で北帰行の際に、毎回乗り換えたくなる隣のホームの、踊り子号。

IMG_7269.jpg

 今回、初めてかな、乗ることにしたのでした。

 鉄道ファンは詳しいと思うのですが、特急踊り子号には様々なバリエーションが有り、私のチョイスは、これです。

IMG_7273.jpg

 こちらは乗ったことがあったのですが、成田エクスプレスの車両を使った、マリンエクスプレス踊り子号。

IMG_7283.jpg

 ひょっとしたら、横須賀線ホームかもと思い、駅の案内嬢に聞いたりもしましたが、他と同じ東海道線ホームでした。

 なぜかフェラーリカラーの内装。

IMG_7272.jpg

 ビジネスユーザー向けの、AC電源はもちろん、有料ですがWi-Fiまで標準装備です。

IMG_7275.jpg

 伊豆に行くだけなら、熱海か三島まで新幹線で行くほうが、決定的に早いのですが、大人の休日倶楽部パスでは、JR東海には乗れんのです。

 懐かしい多摩川。大田区と川崎市の境。

IMG_7277.jpg

 悲しい出来事があった地域ですね、合掌です。

IMG_7279.jpg

 東海道線のルートを走るということは、鈍行を追い越しながらですから、車両のパフォーマンスが良くても、スピーディではありません。中央線の特急と同じ。のんびりした旅になります。

 ところどころですれ違う踊り子号。

IMG_7281moas.jpg

 茅ヶ崎を過ぎると、富士山がよく見えるようになります。

IMG_7284cas.jpg

 それから今回最大の失敗、海側の窓側を取ったつもりが、山側だったのです。
 ひねもすのたりの相模灘を眺めながらのはずだったのに。

 またまた別の踊り子号。河津桜バージョンでしょうか、まさか一年中これか?

IMG_7287c.jpg

 熱海の梅園バージョン?

 そうそう、小田原から真鶴、湯河原から先、熱海、伊東はもう、梅が満開でした。

 しかし伊豆高原辺りまで来ると、桜です。

IMG_7288mo.jpg

 桜前線を越えてという感じ。一気に梅よりも密度の濃い、河津桜が、たくさん。

 風車も見えましたけど。

IMG_7289.jpg

 伊豆急行の河津に着きました。熱海から先はJR伊東線も伊豆急行も単線。
 特にこの時期は臨時特急も多く、止まっちゃぁすれ違いの繰り返し。結局東京駅から2時間半かかりました。仙台よりもずっと遠い。

IMG_7290mo.jpg

 しかも観光客でいっぱい、コインロッカーは満庫。駐車場や手荷物預かりには長蛇の列。

P1000972.jpg

 大変なところに来てしまいました。やや重い荷物を担いで歩きます。

P1000969.jpg

 昼時なので、三島コロッケを探したのですが、見つかりません。

P1000973.jpg

 苗木もたくさん売ってます。まさに増殖中の河津桜という感じ。

     P1000971.jpg

 実と種は作る桜らしいのですが、染井吉野のように全てクローンなのでしょうか。

P1000975.jpg

 こちらにも風力発電所。

 そしてドイツ軍チワワたち。

P1000974.jpg

 つづきます。
関連記事
テーマ : 鉄道旅行  ジャンル : 旅行

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: