風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 祭りだワッショイ

Comment (0)  Trackback (0)

Top of The World

 函館の街歩きにちょっと飽きて、二本早い特急で青森に戻ったので、時間が出来ました。

 それで青森駅前の、ワ・ラッセ再訪。
 暮れに来たのに、写真が全く撮れていなかったのが悔しくて、再びチケットを買いました。

P1000918.jpg

 JAF会員割引あり。
 荷物は案内所でタダで預かってもらえます。
 2011年冬にも来ているので、三回目になります。

 悔しかった反動もあり、画像多数です。

P1000679.jpg

 二階の入り口を入ると、ねぶたの歴史について、様々な説明があります。

 一度ゆっくり読んでは見たいのですが。

P1000680.jpg

 三回目だし、とにかく写真を撮りたかったので、速攻で一階へ。

     P1000752.jpg

 昨年の夏のねぶた本番で、選ばれた五基のねぶたが展示されています。

P1000684.jpg

 まずは、柳谷優浩氏の「新田義貞 龍神伝説」

     P1000695.jpg

 光る剣と、黒い髪の暗い部分、非常にコントラストが強い作風です。

P1000689.jpg

 それだけではなくて、龍の鱗のような、細かな描写にも長けています。

P1000686.jpg

 すんばらすぃい。

P1000687.jpg

 上手くボケ味が出ていませんが、立体感も抜群。

     P1000693.jpg

 次は、竹浪比呂央氏「大間の天妃神 千里眼と哪吒」。

P1000702.jpg

 更に素晴らしい、細かい描写力。

     P1000698.jpg

 そして輝く、まさかりの刃。

          P1000707.jpg

 目立たないところまで、しっかり描きこまれています。

     P1000700.jpg

 美しい朱。

P1000710.jpg

 もはや、芸術品。昨年の最優秀制作者賞受賞作です。

     P1000708.jpg

 次は内山龍星氏、「鬼童丸と袴垂保輔」。

P1000743.jpg

 とても躍動感があるねぶた。

     P1000750.jpg

 葦毛の馬がいますね。

P1000747.jpg

 是非生で見ていただきたい。

P1000751.jpg

 お祭り本番ではなかなか近寄ることも出来ないし、ワ・ラッセのほうが、より美しく展示されていると思います。

     P1000748.jpg

 限られた五基だけになりますが。

P1000722.jpg

 次は、昨年のねぶた大賞、第五代名人、千葉作龍氏の戦国武士華「前田慶次」。

     P1000733.jpg

 前田慶次が戦う相手は、最上伊達連合軍でしょうか。

 他と比べると、幾何学的な文様が多いように感じます。

P1000729.jpg

 かわいい鯱鉾を挟んで争う龍と、

P1000732.jpg

虎。

     P1000731.jpg

 最後は、北村隆氏、「児雷也」。第六代名人です。

P1000717.jpg

 これまた、細かい描写が多い。

     P1000753.jpg

 大蛇の舌や、炎に剣。とんがったパーツがとても多いねぶたです。

P1000719.jpg

 はためく振り袖は珍しい意匠かも。

P1000721.jpg

 実にカラフルです。

P1000716.jpg

 短い北国の夏のような、刹那の爆発美。

 世界最高の芸術作品だと思います。

P1000755.jpg

 通路の壁に、各ねぶた師の顔の特徴を比較できる、展示があります。

P1000734.jpg

 上は、内山龍星氏と、穐元和生氏。

 そして、千葉作龍氏と、北村隆氏。

P1000735.jpg

 北村蓮明氏に、相馬寿郎氏。

P1000736.jpg

 文字をクリーム色に変えている作者の作品に注目してください。

 外崎白鴻氏と、竹浪比呂央氏。

P1000737.jpg

 大白我鴻氏に、有賀義弘氏。

P1000738.jpg

 柳谷優浩氏と、諏訪慎氏。

P1000739.jpg

 立川龍宝氏に、北村春氏。

P1000740.jpg

 そして注目されている史上初の女性ねぶた師、北村麻子氏(左)。

P1000741.jpg

 皆さん、見事な出来栄えです。

 優劣をつけるとすれば、見る人の好みしかありません。

 こちらは京野和鴻氏。

P1000784.jpg

 ここでいったん外に出ます。

 ワ・ラッセと、A-FACTORYの間の広場で、「あおもり灯りと紙のページェント」というイベントが、冬の間開かれているのでした。

P1000766.jpg

 まだ空が暮れ切らない、マジックアワーですね。

P1000763.jpg

 可愛らしいねぶたダルマたち。申し訳ありませんが、ねぶたを見たあとに眺めるのは可愛そう。

P1000767.jpg

 ダメよ、ダメダメー。

P1000761.jpg

 ワ・ラッセに戻ります。

 青森のゴッホ。Sモンさんとちょっと似ている。

     P1000783.jpg

 今回、ワ・ラッセ内のワークショップで、我生会という、ねぶたの流派の展示がありました。

P1000776.jpg

 学芸員のお母さんの説明では、ねぶた作者には大きく二つの流派があるらしいのです。

     P1000775.jpg

 特徴を分けるのは鼻。

P1000773.jpgP1000774.jpg

 我生会の作者が造るねぶたの鼻には、横線がないのだそうです。

P1000772.jpg

 上の方のクリーム色の作者の作品をもう一度見てみてください。

     P1000777.jpg

 どちらかと言えばマイナーらしいのですが、ソース顔?

P1000779.jpg

 静止しているねぶたを撮るとき、目線のラインを意識します。

P1000780.jpg

 睨まれたい。

P1000782.jpg

 素晴らしい作品たちですね。
 下の画像、平面画のように写っていますが、ねぶた師ですから、もちろん立体作品です。

     P1000781.jpg

 昨年の、夏のねぶたの様子は、こちらそちら
関連記事
テーマ : ねぶた祭りに行きたい!  ジャンル : 地域情報

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2019