風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 街角探検

Comment (2)  Trackback (0)

海猫に逢いたい

 承前。
 五稜郭を後にして、再び市電に乗ります。

P1000332.jpg

 函館どつく前行きで、末広町まで。

P1000333.jpg

 大正2年建築の、相馬株式会社。今も現役だそうです。

     P1000335.jpg

 函館の数多い坂のひとつ、基坂と、市電通りの角にあります。

     P1000337.jpg

 基坂は、箱館奉行所が五稜郭に移る前にあった場所。

P1000338.jpg

 箱館が開港した後、箱館山周辺に多かった外国人たちから様子を伺われないように、五稜郭に移ったとか。

P1000339.jpg

 いわゆる元町の中心でしょうか。

     P1000341.jpg

 函館らしい地域と言えますね。

P1000347.jpg

 記念写真用のハイカラお嬢さんとベンチ。

     P1000342.jpg

 物おじしないカラス。

P1000349.jpg

 そして一番奥というか、坂の上にあるのが、明治43年完成の、旧函館区公会堂です。

P1000348.jpg

 ウィキペディアから。
 明治40年(1907年)の大火により、町会所が焼失し、新たな集会所の建設の計画が持ち上がった際、初代相馬哲平が50,000円の寄付を申し出て、明治43年(1910年)工費58,000円余りで完成した。新たな町会所の他、商業会議所事務所、ホテル営業も構想にあったが実現しなかった。

P1000376.jpg

 北海道特有の木造2階建ての擬洋風建築、アメリカのコロニアル風洋館で札幌の豊平館と並んで、明治期の洋風建築として注目される。左右対称のポーチを持ち、回廊で結ぶ中央にベランダを配し、左右のポーチにもベランダを持つ。

P1000381.jpg

 屋根は桟瓦葺きで屋根窓を持つ。ポーチの袖妻には唐草模様を配し、玄関や回廊を支えるコリント式の円柱の柱頭に洋風の装飾が配され、当時の日本人職人の洋風建築技法の習得意欲がうかがわれる。本館の延べ床面積は1,761.308平方メートル(533.73坪)、付属棟は138.815平方メートル(42.06坪)である。

函館公会堂パノラマ1_edited-1

 工事を請け負ったのは村木甚三郎。

     P1000354.jpg

 明治44年(1911年)、大正天皇が皇太子時代に来函、宿舎となった。また、大正11年(1922年)昭和天皇が摂政宮のときにも休憩している。昭和55年(1980年)から解体修理復元が行われ、昭和57年(1982年)当初の姿に戻った。昭和49年(1974年)に国の重要文化財に指定された。

     P1000356.jpg

 これが公会堂であるというのが、北海道らしいというか、本州よりも、共和国的なところですね。

P1000363.jpg

 凝ったテーブル。

P1000359.jpg

 美しいタイル。

     P1000361.jpg

 まるでコートダジュールのような眺望。

P1000365.jpg

 ウッディ厠。

P1000355.jpg

 人力車じゃなくて馬車かな。

P1000370.jpg

 そしてカメラ。洋館には付き物ですね。

     P1000372.jpg

 館眞寫林小の所蔵品だったそうです。

P1000374.jpg

 雪道に、マンホール。

P1000386.jpg

 隣に立つ旧北海道町函館市長庁舎は、元町観光案内所と、写真歴史館が併設されています。

P1000440.jpg

 元旦は休館中でした。
 どうも、享和2年(1802)以来幕府はここに箱館奉行所を置き、明治に入って開拓使函館支庁・函館県庁・北海道庁函館支庁となり、その庁舎は明治40年(1907)の大火で焼失したそうで、現在の建物は明治42年築。

P1000380.jpg

 昼飯どころを探しますが、さすがに休みの店ばかり。

P1000388.jpg

 函館らしい和洋折衷造りの、カフェが開いてました。やまじょう。

P1000398.jpg

 しかもニューイヤー駅伝放映中。ちょうど仙台藩チームが担当する第6中継所の通過を、チェック(仕事だよ)することが出来ました。

P1000396.jpg

 なんだか趣味が合いそうなマスター。

P1000390.jpg

 故森田芳光監督と一緒に仕事をしていたそうなんです。森田組だな。

P1000397.jpg

 海猫の撮影でやって来た、福島美人の伊東美咲と同じ席に座ってしまいました。

IMG_6749.jpg

 窓から、近くの教会の尖塔が見えますね。

     P1000394.jpg

 ハヤシライス+コーヒーセット900円。

IMG_6750.jpg

 元旦らしい昼飯です。

IMG_6751.jpg

 森田監督は、よく函館に滞在して脚本を書いていたようですね。

P1000402.jpg

 これまた、典型的な函館デザインハウス。

P1000403.jpg

 東本願寺函館別院の大屋根。日本初の鉄筋コンクリート造の寺院だそうです。そういえば築地本願寺も古いコンクリート製だったな。

P1000408.jpg

 函館聖ヨハネ教会。

     P1000410.jpg

 チャチャ登りの坂。

P1000411.jpg

 そしてカトリック元町教会。

P1000405.jpg

 割に新しい建物です。

P1000413.jpg

 そして最も美しい教会は、函館ハリストス正教会。

P1000414.jpg

 国の指定重要文化財だそうです。

P1000419.jpg

 1916年(大正5年)に再建された現在の聖堂は、建築様式はビザンティン建築・ロシア建築の影響を受けており、煉瓦造一部3階建ての平屋で、基礎は石造り、外壁は白漆喰を塗っている。

P1000424.jpg

 1988年(昭和63年)に大がかりな修復工事がなされ、現在に至る。

P1000425.jpg

 隣にあった幼稚園かな。

P1000428.jpg

 二十間坂と函館シーサイド。

P1000430.jpg

 物おじしないカラス。

P1000441.jpg

 旧イギリス領事館。

P1000453.jpg

 のぞきからくりがありました。箱館湾に黒船が浮かんでいる図。

P1000444.jpg

 あとは函館建物図鑑。

P1000433.jpg

 本当に変わった意匠です。

P1000434.jpg

 これは普通の土蔵か。

     P1000382.jpg

 グリーン・ゲイブルズという喫茶店。楽しい散歩道です。

P1000455.jpg

 ツートーンのコンビが変わってるのか。

P1000456.jpg

 二階が洋風なのに、一階が町家風。

P1000457.jpg

 これは和風か。

P1000458.jpg

 坂を下って赤レンガ倉庫街に向かいました。

P1000460.jpg

 機材は、基本的にLX100ですが、主に4:3の画像がiPhone5になります。
関連記事
テーマ : 北海道  ジャンル : 旅行

Comments

館眞寫林小
館眞寫林小のカメラ、スタジオアンソニーと八切?の組立暗箱ですか。
脚立の上にある暗箱は、八切より大きいような気がしますが。
大きなカメラになると、フィルムでは平面性が保たれないため、せっかく大きなカメラで撮ってもピントの甘い写真になってしまいます。
私が知っているのは四つ切の暗箱までですが、全紙の暗箱も存在していたようです。
勿論、今では8X10以上のフィルムの入手は難しく、やはり乾板でないと周辺までピントの合った写真は撮れません。
定年後には、大きなカメラで撮ったネガで、密着焼きしたプリントを作りたいと思っていましたが、現像所でさえデジタルプリントしかしない時代になってしまうと、もう無理ですね。
百日紅さんへ
大型カメラのことは良く判りませんが、このあと写真歴史館の記事も出てきますので、御覧ください。

広島市内の空き店舗を使わせてもらって、アンティークな写真館を開くなんてどうですか?






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: