風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 神社仏閣教会

Comment (3)  Trackback (0)

HASEKURA繋がり

 月曜日、川崎の友人が、燻製をたっぷり仕込んだというので、ご相伴に。

IMG_6567.jpgIMG_6569.jpg

 薪ストーブの炎で暖められた部屋で、茹でた孫、豚バラ、チーズの燻製、美味いです。食後には、YouTubeで、懐かしいメロディの鑑賞会。

IMG_6568.jpgDSC02268.jpg

 愛情のこもった野菜もたっぷり。
 ゆったりと、楽しい時間を過ごさせていただきました。

 一緒に検索していたら、35年位前の、従兄のバンドも発見。私も見たライブかな。

  

 夜の間に雪。

DSC02269.jpg

 ぐっすり寝て、柔らかいお湯(井戸水なんですが、鉱泉みたい)のお風呂をいただき、朝食後、辺りを散策しますが。

DSC02277_20141224054602090.jpg

 天皇誕生日、寒い。積雪は5cm程度だったでしょうか。

DSC02273.jpg

 風が強かったせいか、あまり車には積もりませんでした。

 釜房山。

DSC02275_20141224054600c7c.jpg

 HASEKURA HOUSE。

DSC02276_20141224054601170.jpg

 春には建て替えのため、取り壊すそうなんです。
 昨年秋お泊り会、そして今年の秋のバーベキュー。

 ありがとうございます。またよろしく。

 HASEKURA FLATに戻る途中、寄り道。

DSC02300_20141224054604e19.jpg

 支倉小学校の裏にある、圓長山円福寺。真言宗智山派なので、一応我が家の菩提寺と同じ。

DSC02286_20141224054738d8b.jpg

 上盾城(別名、支倉城?)址の麓というか、中腹にありました。
 
DSC02296_20141224054734330.jpg

 ビジネスシューズで、新雪を踏みしめながら、階段を登ります。

DSC02287.jpg

 ありました。支倉六右衛門常長の墓と伝えられる、墓石のひとつです。

     DSC02290_201412240547326d6.jpg

 太平洋と大西洋を横断した男、常長の墓が残っているのは、三ヶ所。
 仙台市内の北山光明寺と、

資料 R1031939.jpg

大郷の支倉メモリアルパークです。

資料 P2110326.jpg

 此処がいちばん景色が良いな。

DSC02291.jpg

 遺骨が埋められているかどうかは別にして、どれも本当の墓なんでしょう。こちらは場所からしても、支倉家代々の当主の墓なのかも。

     DSC02294_20141224054758d24.jpg

 三ヶ所全て訪問出来て、幸せです。

 いつか、大河ドラマの主人公に、なることでしょう。

DSC02298.jpg
関連記事
テーマ : 宮城県  ジャンル : 地域情報

Comments

びっくりした
風写さんへ

茹でた孫、何か新しい食材かと。
改めて写真見て、誤変換と気がつきました。
PC結構おバカさんです。

テニス仲間で、スモークチーズ燻製を持ってきてくれる人がいます。
QBB?かファミリーチーズ?のブロック。付加価値大ですね。
支倉常長の子孫
追伸

先日、日本の国宝展で、スペインから戻ってきた「支倉常長像」(仙台市博物館蔵)を見ました。海外の作品ですが、国宝に特別に指定されたそうです。

閑話休題
高校の同期会で、支倉常長の子孫とアウティングさせられた人がいました。
それによると、苗字は変わっても、代々長男の名に「常」を入れるのだそうです。

本当かどうか分かりませんが、支倉常長の肖像画と顔の輪郭が似ているような気がしました。
kazuさんへ
燻製というのは、ベーコンに代表されるように、元々は保存するための技術ですね。
冷蔵冷凍技術が進んだ現代には無用、でもその香りを楽しむグルメが、連綿とその技術を育んでいるのですね。

元々は腐敗防止のためだったと思われる、香辛料の歴史と似ているでしょうか。

現在支倉家の当主は、常隆さんという方のようで、kazuさんと歳は同じくらいみたいです。哲男さんという名前も、検索すると出て来ますが、この方は震災後80代で亡くなられています。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: