風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 博物芸術

Comment (0)  Trackback (1)

35年ぶりくらいか

 さて、犬山といえば、モンキーパークや国宝犬山城もあるのですが、私が向かったのもちろん此処。
 犬山駅から、なぜか岐阜バスで、25分ほど。SUICAは使えませんでした。

 画像多数ですが、まとめているのが連休中なので、一気に行きます。

 博物館明治村。
 ドイツに行く前、20代前半に一度来ているのですが、画像が見つかりません、捜索中です。

 三重県尋常師範学校・蔵持小学校。もちろん移設されたものです。

DSCN1697.jpg

 時間を限ったので、基本的には外観の見学中心。

 神戸市生田区にあった、大井牛肉店。

DSCN1696.jpg

 今でも牛鍋をいただくことが出来ます。

 遠足シーズンで、村じゅうを小中学生が走り回ってました。
 挨拶するだけでも疲れます。

DSCN1707.jpg

 これだけは村外からも見える、聖ヨハネ教会堂(重文)、京都市下京区にあったそうです。プロテスタント。
 横浜山手の外交官の家や、京都の長楽館と同じ、J.M.ガーディナーの設計ということで、確かに雰囲気が似ています。

DSCN1703.jpg

 ここは内部も見学です。
 子どもたちが写生してました。

DSCN1699.jpg

 素晴しい。京都は、これを移築して、何を造ったのだろう。

DSCN1704.jpg

 こちらは目黒にあった、西郷従道邸(重文)。

DSCN1705.jpg

 旧三重県庁舎(重文)と二重橋の飾り電灯。

DSCN1709.jpg

 明治村でいちばん大きな建造物かなぁ。

DSCN1811.jpg

 手前は、渋谷の日本赤十字社中央病院病棟と、奥が、名古屋の歩兵第六聯隊庁舎。
 第二師団歩兵第四連隊庁舎だった仙台の歴史民俗資料館とそっくりですね。

DSCN1713.jpg

 レンガ通りに建つ、札幌電話交換局(重文)。

DSCN1710.jpg

 この通りは「ごちそうさん」前半で、め衣子が住んでいた通りとして何度も登場しました。

DSCN1805.jpg

 会津若松から、安田銀行会津支店。

DSCN1806.jpg

 珍しい三階建ての家は、名古屋中村の東松家住宅(重文)。

DSCN1808.jpg

 詳しいことは、自分で検索してつかぁさい。

 通りの終点は、東山梨郡役所。

DSCN1809.jpg

 丘の上には、刈谷から、菊の世酒蔵。

IMG_6295.jpg

 一番落ち着いた場所でした。

IMG_6296.jpg

 「花子とアン」で、花子と蓮子が腹心の友を誓い合った電車は、元京都の市電だそうで、現役で走っています。

DSCN1714.jpg

 ごちそうさんでも、開明軒の近所に走っていたかな。

 こちらはSL。

DSCN1716.jpg

 市電とは別のルートを実際に走っています。

DSCN1719.jpg

 しかも両端には、人力の転回台まで。

DSCN1721.jpg

 これが引く客車にも乗ることが出来ます。

     DSCN1725.jpg

 汽笛が村内に響き渡っていました。

 鉄道寮新橋工場にはいろいろな明治の機械展示。

DSCN1728.jpg

 えーと、こちらは、重要文化財のひとつ、宇治山田郵便局舎。

DSCN1729.jpg

 今の仙台中央郵便局並みにデカいですね。

DSCN1730.jpg

 本郷喜之床と、焼津にあった小泉八雲避暑の家。

DSCN1735.jpg

 大阪池田にあった呉服座(重文)。

DSCN1736.jpg

 小坂の康楽館や、福島民家園の廣瀬座よりは小ぶりで、花道も桟敷席の間にはありませんでしたが、まだ現役のようでした。

DSCN1794.jpg

 東京から、川崎銀行本店。

     DSCN1740.jpg

 天童眼鏡橋。左手前は、広島江田島の小那沙美島灯台。

DSCN1739.jpg

 この橋は、花子とアンで、富山先生と梶原編集長が逢引きしていた場所。
 奥は、前橋監獄雑居房と、東京駅警備巡査派出所。

DSCN1765.jpg

 内閣文庫。

DSCN1741.jpg

 そして明治村いちばんの建造物といえば、一番奥にある、旧帝国ホテルの中央玄関(のみ)。
 奥のアーチ橋をSLが走ります。

DSCN1742.jpg

 この中のカフェで、蓮子と嘉納伝助が、お見合いをしました。

DSCN1748.jpg

 有名なフランク・ロイド・ライトの設計。格が違います。玄関部分のみしか残されていないためか、重文指定はされていません。

     DSCN1745.jpg

 ちょっと天井が低いけれど、緻密な設計です。

DSCN1751.jpg

 そして、金沢監獄中央看守所。

DSCN1763.jpg

 そして監房です。

DSCN1758.jpg

 囚人体験も出来ます。

     DSCN1759.jpg

 この建物は、今回気に入ったデザインの一つ。

DSCN1793.jpg

 一日乗り放題500円の園内バスが出て来たのは、順番が逆になりましたが、金沢監獄正門。

DSCN1768.jpg

 ここと、帝国ホテル玄関では、その昔も写真を撮った記憶があります。

DSCN1769.jpg

 そして、やっぱり教会建築は凄い。

     DSCN1734.jpg

 これも京都にあった、聖ザビエル天主堂。

DSCN1773.jpg

 カトリックの教会ですね。

DSCN1776.jpg

 デザインは特にどうということがないステンドグラスなんですが、この日は陽射しが強く、

     DSCN1779.jpg

教会内をカラフルな灯りが移動していました。

DSCN1780.jpg

 こういう仕掛けで、神憑りな経験をするんですね。

     DSCN1785.jpg

 素晴しい。

DSCN1786.jpg

 こちらは、なんと上越市にあった、高田小熊写真館。

DSCN1755.jpg

 あの高田の街並みにあったのだとすると、今後の高田のまちづくりの方向性に依っては、里帰りする可能性もありますね。

DSCN1791.jpg

 宮津裁判所法廷。

DSCN1744.jpg

 ヒロ市から、ハワイ移民集会所。

DSCN1796.jpg

 尾西鉄道の蒸気機関車1号。

DSCN1795.jpg

 蒲田川崎間の六郷橋鉄橋。

DSCN1797.jpg

 この長さで届いたのでしょうか、不思議です。

DSCN1799.jpg

 名古屋衛戍病院。悠太郎の研究室ロケはこの建物で行われたそうです。

 中学生たちが、昼飯中の芝生広場、奥右手が、シアトル日系福音教会。

DSCN1801.jpg

 そしてこれが見たかった。

DSCN1802.jpg

 花子が就学した、修和女学校(おそらく引きの映像部分のみの使用)ですが、実際は北里研究所本館です。

     DSCN1803.jpg

 実際にはスタジオ収録だったでしょうが、なんとなく花子が角をドリフトした廊下に似ていますね。

     DSCN1804.jpg

 博物館明治村、大人の入場料は1700円、この日の機材は、ごく一部を除き、Nikon CoolPix P330です。
関連記事
テーマ : 建築  ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments






Trackbacks

管理人の承認後に表示されます
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: