風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (2)  Trackback (0)

宮城は晴れていたのに

 石巻工業港を後にして、国道108号線で古川方面へ向かいます。

 河南、涌谷、小牛田、古川、中新田、小野田、宮崎。
 15年前に仙台に引っ越してきた頃にはまだ残っていた町名ですが、市町村合併が相次ぎ、今も使われているのは涌谷だけ。

 住んでいる県内の合併は、ある程度把握できていますが、昔住んでいた関東、千葉や茨城辺りの新しい市の名前とか、突然ニュースに出てきたりすると驚きますね。

DSC01766.jpg

 旧古川市内を抜け、国道347号へ転じます。

DSC01764_2014102106411974d.jpg

 日本海側に宿を予約していたので、奥羽山脈越えなのですが、まずは母袋街道、鍋越峠です。

DSCN1483.jpg

 分水嶺を越える峠道では、比較的空いている道のひとつですね。

DSC01765.jpg

 まだところどころ狭い部分が残っているので、大型車両は来ないし、快適です。

DSCN1484.jpg

 山菜採りや、まだ紅葉のシーズンでもないし。

DSCN1486.jpg

 拡幅工事は地道に進んでおり、完成すれば、銀山温泉や、大石田の蕎麦街道は、ぐっと宮城に近づきますので、大型バスも入るでしょうし、鄙びた峠道を満喫できるのも、今のうちかも。

DSCN1490.jpg

 紅葉はやっと始まったところでしょうか。

DSC01771_20141021064157278.jpg

 尾花沢に入って、途中で銀山温泉方面へ左折、銀山温泉には行かずに南の方に行くと、こんな蕎麦屋がありました。

IMG_6174.jpg

 通りから一本入ったところにあるので、看板がなかったら見つかりません。普通の民家風。

 周辺の蕎麦畑もちょうど収穫期。

IMG_6173.jpg

 刈り終わった蕎麦の茎だけ残った畑は、紅色に輝いて見えます。

 手打 そば処 鶴子。地名がそのまま店の名前です。

     IMG_6175.jpg

 広めの和室が二つにテーブルが八つぐらいあるのかな、ほぼ満卓で次の客が来る前に、前の客が出るという、ちょうど良い混み具合。

 品書き、面白いでしょ。

IMG_6176.jpg

 注文すると、まずは漬物とキクラゲが出て来ます。蕎麦猪口には大根の絞り汁、山葵は出て来ません。
 全て地場産ということなのでしょうね。
 キクラゲは酢醤油で食するよう、おばちゃんから指示。

IMG_6179.jpg

 なかなかんまい。

 沢庵でもいぶりガッコでもない、普通の大根の漬物もいけます。

 おどもり、800円。結構な量です。

IMG_6180.jpg

 コシはあるけど、滑らかで硬くない、実に絶妙な茹で上がり、打ちたてだから出来るのかも。
 美味しいお蕎麦に出会いました。

 今週末は、尾花沢も大石田も新蕎麦まつりだそうです。蕎麦券を販売していました。

 それから一袋1000円だかのキクラゲをお持ち帰りの客が多数。名産なのでしょうか。

     IMG_6185.jpg

 徳良湖の手前で、大根スタンドを発見。

IMG_6186.jpg

 一本だけお買い上げ。

DSC01779_20141021064322a71.jpg

 稲刈りがほぼ終わった田んぼ、なぜか一部分だけ残っている稲は、古代米のようでした。

DSC01778_201410210643197e5.jpg

 尾花沢から将来は高速道路になる自動車専用道路で新庄、左折して鮭川村で今度は右折。

 国道344号です。

IMG_6187.jpg

 これまた鄙びた峠道なんですが、前に泊まった羽根沢温泉の入口を通り過ぎた頃から、雨が降ってきました。

DSCN1494.jpg

 真室川から、青沢越のトンネルを抜けて庄内に入っても雨。

DSCN1496.jpg

 遊佐で国道7号へ。

 秋田県に入ったら少し小降りになってきました。

DSCN1498.jpg

 街道沿いに1基だけの風車。

DSCN1500.jpg

 後ろの鳥海山は、全く見えません、やれやれ。

 宮城は晴れていたのに、雨雲の下にわざわざ来てしまいました。
関連記事
テーマ : ドライブ記  ジャンル : 車・バイク

Comments


鶴子は、かいもちも美味なんですよ。
次回は是非。
anegoさんへ
コメントありがとう、嬉しいです。

かいもち、予約制でした。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: