風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (4)  Trackback (0)

あんまり歩かない頂上が好き

 シルバーウィーク三連休最終日。
 ジャズフェスがあったので、仙台に居たのですが、朝5時の空。

DSC01427_20140921174502d6b.jpg

 これは出かけるしかありません。

IMG_5916.jpg

 6時前に茂庭で給油。

IMG_5913.jpg

 毎年この時季は、案山子が並ぶ場所ですね。

IMG_5914.jpg

 かなり凝った案山子たちです。

IMG_5915.jpg

 国道286号を川崎町方向へ。

DSC01429_201409211745500a7.jpg

 靄っていましたが、ようよう晴れていきます。

DSC01431_201409211745526c8.jpg

 皆さん御用達、釜房湖畔の撮影ポイント。

DSC01434.jpg

 蔵王、見えますね、期待できそうです。

DSC01433_20140921174555a9c.jpg

 すずらん峠を越えて、遠刈田温泉。

 そしてエコーラインを駆け上がります。

 滝見台も不動滝もパスして、駒草平。

DSC01436_20140921174549c30.jpg

 チョー気持ちいい、なんにも言えねぇ。

DSC01439_20140921175246fa8.jpg

 刈田岳と不帰の滝。御釜の水が漏れ出してくる先とか、ホントかな。

     DSC01440.jpg

 太平洋が見渡せます。

DSC01451.jpg

 蛇行する阿武隈川。

DSC01444_201409211752494c8.jpg

 そして釜房湖から仙台市方面。

DSC01447.jpg

 霞んだ画像なので、あとからちょっとフォトショップで自動補正。

DSC01448as.jpg

 拡大して、釜房湖に太白山、そして仙台のビル群です。

DSC01447cas.jpg

 うちのマンションも見えるはず。

 蔵王のお釜に上がるハイライン、8時前なら無料です。

 お釜の駐車場、山形の置賜方面は雲海の下ですね。

DSC01461.jpg

 ここで前日閖上朝市で買ったパンの朝食。

IMG_5918.jpg

 持っていったポットのお湯で、レギュラーコーヒーも入れてみました。

DSC01470_2014092117535868b.jpg

 御釜周辺を歩きます。

 なんとマウンテンバイクで熊野岳を目指す人達。許されているのでしょうか。

DSC01466_20140921175518d29.jpg

 社がある場所が、熊野岳山頂かな。行ったことがありません。

DSC01464_201409211758228b2.jpg

 蔵王は、連峰であり、蔵王山という単独の山はありません。上の熊野岳が最高峰1841mで、山形県側にあります。

DSC01473_201409211755206e5.jpg

 刈田岳の南に屏風岳1825m、これが宮城県の最高峰になりますが、最高地点は、刈田岳から熊野岳に向かう県境になるのでしょうか、これ前にも書いてますね。

DSC01480_201409211755211cd.jpg

 刈田岳の山頂は、1758m。駐車場から5分で登れるお手軽登山。

DSC01485_2014092117552449f.jpg

 手軽なだけに、いろんな記念碑が立っています。

     DSC01488.jpg

 これは村田町が建てた碑。やっぱり大沼さんが多いですね。

DSC01486_20140921175824ab9.jpg

 お地蔵さんも。

     DSC01493.jpg

 この辺りから見る御釜、良い感じですね。

DSC01490.jpg

 遠く北方向に霞む山々、手前は泉ヶ岳や船形山ですが、向こうの方は栗駒山でしょうね。

DSC01490cas.jpg

 という事は熊野岳に登れば鳥海山や月山が見えるのでしょう。でも行かない。

 こちらは南方向の吾妻連峰。

DSC01502_20140921175903c35.jpg

 南西方向は、飯豊山。

DSC01503.jpg

 そして西方向は朝日連峰ですね。

DSC01504_20140921175906f0e.jpg

 朝一番の飛行機が、米沢上空から山形空港へ降りていきます。

DSC01506cas.jpg

 後ろは、東北のマッターホルンとも呼ばれる、祝瓶山でしょうか。1417m。

     DSC01499_20140921175902d08.jpg

 元来た道を遠刈田へ降りる途中、LYNX☆さんのHONDAとスレ違いました。

 エコーライン、初夏の訪問記録はこちら

 遠刈田でお買い物です。

     IMG_5919.jpg

 豆腐のはせがわ屋。

     IMG_5921.jpg

 週末限定の青ばた豆腐を買いたかったのですが、祝日の月曜日にはありませんでした。

IMG_5920.jpg

 寄せ豆腐と三角油揚げを購入。前回はこちら

 村田ICから東北道で泉ICまで。



 泉にあるAudiのディーラーで、ストップランプ交換。

IMG_5922.jpg

 A1のQuattroが出たら、興味ありと話をしたら、S1がもうすぐ出ますよだって。
 特別にパワーは要らないんだけど。
関連記事
テーマ : 宮城県  ジャンル : 地域情報

Comments

おみごと蔵王ツーレポ
風写さんへ
在仙のころ、スキーを含め、何度か蔵王を訪れています。
なつかしい。でも、風写さんの行程、知らないところばかり。
行った気分になりました。ありがとうございます。
kazuさんへ
ありがとうございます。
確かにスキーゲレンデとは違う場所ばかりですね。

行った気分ではなく、行きたい気分にさせたいのですが、だめですね。旅雑誌ライターにはなれない。
行きたい気持ちにさせる
風写さんへ。

「行きたい、食べたい気持ちにさせる」
現役の旅ライター兼カメラマン時代を思い出しました。
「うまい、美味しい、きれい、美しい、という言葉を使わずに書け」、が、鉄則でした。
これが、案外難しいのです。
kazuさんへ
鉄則
了解しました。
なるべく頑張ります。
ありがとうございます。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2019