風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 空花鳥風月雲

Comment (2)  Trackback (3)

停電しても大丈夫

 遠野の風景で、真っ先に思い浮かぶ場所は此処。

DSC01301.jpg

佐々木喜善の生家にほど近い、山口の水車小屋。

DSC01296.jpg

 この風景を、雑誌やガイドブックで見ると、遠野じゅうにこんな場所が、幾つもあるように感じてしまうのですが、ホテルなどにおいてある「遠野マップ」には、他に水車の記載はないので、此処にしか無いのかもしれません。

     DSC01299.jpg

 ウィキペディアに載っている場所もこれしかありませんでした。
遠野ふるさと村(岩手県遠野市附馬牛町上附馬牛5-89-1):下の方に出てきます。
府中市郷土の森博物館(府中市 (東京都)南町六丁目32)
日本民家園(神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1)
水車の里公園(山梨県北杜市武川町三吹2573)
道の駅くんま水車の里(静岡県浜松市天竜区熊1976-1)
大王わさび農場(長野県安曇野市穂高1692 黒澤明の映画『夢』のロケ地)
:先日紹介済。
下呂温泉合掌村(岐阜県下呂市森2369)
岐阜県道257号川合垂井線沿い(岐阜県揖斐郡揖斐川町春日古屋地区)
馬籠宿
妻籠宿


DSC01300_201409140625592b1.jpg

 今も製粉には使えそうです。

DSC01298.jpg

 近くのダンノハナ。

 田んぼはもうすぐ稲刈りが始まる季節かな。

DSC01302.jpg

 山口のダンノハナは今は共同墓地なり。岡の頂上にうつ木を栽ゑめぐらし其口は東方に向かひて門口めきたる所あり。其中程に大なる青石あり。曾て一たび其下を掘りたる者ありしが、何者をも発見せず。後再び之を試みし者は大なる瓶あるを見たり。村の老人たち大に叱りければ、又もとのまゝに為し置きたり。館の主の墓なるべしと云ふ。此所に近き館の名はボンシヤサの館と云ふ。幾つかの山を掘り割りて水を引き、三重四重に堀を取り廻らせり。寺屋敷砥石森など云ふ地名あり。井の跡とて石垣残れり。山口孫左衛門の祖先こゝに住めりと云ふ。遠野古事記に詳かなり。

                                   「遠野物語114」


 山は霞んでいます。

DSC01304_201409140626512d5.jpg

 このあとは、早池峰山方面に少し車を走らせます。福泉寺の先。

DSC01317.jpg

 在りし日の遠野が、此処に集められているのでした。

DSC01403_201409140626568cf.jpg

 猿ヶ石川の岸辺、附馬牛と言う地域になります。つきもうし。
 前の晩語り部から聞いた、遠野物語のマヨイガの森をイメージしているそうです。

DSC01309.jpg

 遠野物語六三
 小国の三浦某と云ふは村一の金持なり。今より二三代目の主人、まだ家は貧しくして、妻は少しく魯鈍なりき。

DSC01407_20140914062824b92.jpg

 この妻ある日門(カド)の前を流るゝ小さき川に沿ひて蕗を採りに入りしに、よき物少なければ次第に谷奥深く登りたり。

     DSC01314.jpg

 さてふと見れば立派なる黒き門(モン)の家あり。

DSC01312_20140914062817a10.jpg

 訝しけれど門の中に入りて見るに、大なる庭にて紅白の花一面に咲き鷄多く遊べり。

DSC01313.jpg

 其庭を裏の方へ廻れば、牛小屋ありて牛多く居り、馬舎ありて馬多く居れども、一向に人は居らず。終に玄関より上がりたるに、その次の間には朱と黒との膳椀あまた取出したり。奥の坐敷には火鉢ありて鉄瓶の湯のたぎれるを見たり。されども終に人影は無ければ、もしは山男の家では無いかと急に恐ろしくなり、駆け出して家に帰りたり。

DSC01315_201409140628233f4.jpg

 此事を人に語れども実と思う者も無かりしが、又或日我家のカドに出でゝ物を洗ひてありしに、川上より赤き椀一つ流れて来たり。あまり美しければ拾ひ上げたれど、之を食器に用ゐたらば汚しと人に叱られんかと思ひ、ケセネギツの中に起きてケセネを量る器と為したり。

DSC01318.jpg

 然るに此器にて量り始めてより、いつ迄経ちてもケセネ尽きず。家の者も之を怪しみて女に問ひたるとき、始めて川より拾ひ上げし由をば語りぬ。此家はこれより幸運に向ひ、終に今の三浦家と成れり。

DSC01321_20140914062848937.jpg

 遠野にては山中の不思議なる家をマヨヒガと云ふ。マヨヒガに行き当りたる者は、必ず其家の内の什器家畜何にてもあれ持ち出でゝ来べきものなり。其人に授けんが為にかゝる家をば見する也。女が無慾にて何物をも盗み来ざりしが故に、この椀自ら流れて来たりしなるべしと云へり。

DSC01320_2014091406284779d.jpg

 曲り家は幾つもあります。
 片側は馬屋。だいたい左側が多いようです、西向きですね。

DSC01324_20140914062851926.jpg

 今度はオシラサマの話。

 昔ある処に貧しき百姓あり。(中略)一匹の馬を養ふ。娘この馬を愛して夜になれば厩舎に行きて寝ね、つひに馬と夫婦になれり。ある夜父はこの事を知りて、(中略)馬を連れ出して桑の木につり下げて殺したり。その夜娘は(中略)死したる馬の首に縋りて泣きゐたりしを、父はこれをにくみて斧をもちて後より馬の首を切り落とせしに、たちまち娘はその首に乗りたるまま天に昇れり。

DSC01327_20140914063101be0.jpg

 これも附馬牛の民話です。

     DSC01323_201409140628505f0.jpg

 座敷わらしが、ひょいと顔を出しそうですね。

DSC01329_201409140631030e4.jpg

 厚く高密度な茅葺屋根、見事です。

DSC01328_20140914063102b3c.jpg

 ため池。

DSC01333_20140914063107916.jpg

 とんぼ。麦藁蜻蛉かな。

DSC01331c.jpg

 藁葺き屋根。

DSC01335_2014091406312981e.jpg

 樹の実。

     DSC01337_2014091406313072e.jpg

 ありそうで無い日本の原風景です。

DSC01338_2014091406313252c.jpg

 ピカピカの床。

     DSC01339_20140914063133ff5.jpg

 私の部屋よりよっぽど美しい。

DSC01342_201409140631345a0.jpg

 一番大規模な肝いりの家。

DSC01343_2014091406330459b.jpg

 長屋門があるのはこの家だけです。

DSC01344_20140914063305eaf.jpg

 ここも左手が馬屋、右側が住居。

DSC01345_201409140633075f4.jpg

 ここにも白馬が草を喰んでいました。

     DSC01346.jpg

 今で言えば、ガレージハウスですわ。白馬の代わりに鉄馬。

 イイな、曲り家ガレージハウス。

 お湯をキープする窯。

DSC01347_20140914063310ee1.jpg

 馬屋と住居の間は土間で、台所から農具などのワークショップ。

 土間って良いですね。

     DSC01349_201409140633525ba.jpg

 もしも広い敷地があって、家を建てるなら、キーワードは、平屋、囲炉裏、手押しの井戸、土間、ガレージ、作業部屋、風力発電ですね。

 縁側から眺めるガレージ部分。

DSC01355.jpg

 またまた、ニッポンの風景です。

DSC01357_20140914063355ec6.jpg

 半鐘。

DSC01370_20140914063400786.jpg

 鳥居。

DSC01369_20140914063357a60.jpg

 水車小屋。

DSC01367.jpg

 これはだいぶ新しい。

DSC01363_20140914063452386.jpg

 使えます。

DSC01360_201409140634504d1.jpg

 まだまだ続きますよ。

DSC01373.jpg

 また、ため池。ダイサギが飛んでいました。

DSC01374_20140914063457fd6.jpg

 バッタリがありました。

DSC01378_20140914063519829.jpg

 水車よりもっと原始的ですね、宮城の七ヶ宿にもあります。

DSC01380_201409140635216f7.jpg

 工業用獅子威し。

 これは桑の木でしょうか。

DSC01382_2014091406352374b.jpg

 コスモスが渡来したのは明治20年頃らしいので、一応時代考証的には、問題ないようです。

DSC01387_20140914063525919.jpg

 秋の季語にも使われるのに、和名は大春車菊だそうです。

DSC01385_201409140635231b8.jpg

 別のため池。

DSC01390_20140914063627c5c.jpg

 ふるさと村には本物の田んぼがあります。

DSC01394_20140914063632ca0.jpg

 うちの会社にもありますけどね。

DSC01393_201409140636308d0.jpg

 案山子も和装。

DSC01396_20140914063633729.jpg

 イナゴがいました。

DSC01392cas.jpg

 赤い実が成る木。

DSC01397_20140914063658673.jpg

 睡蓮の池。

DSC01402.jpg

 睡蓮。

DSC01401.jpg

 そしてモミジ。

DSC01406.jpg

 明治期の農村を見事に再現しているのは、北上のみちのく民族村そっくりですね。

 ちょっとモダンなレストランもありました。

DSC01409_2014091406370474f.jpg

 11時頃から何か道路を行列が流すイベントがあるということでした。

 この映画のロケはここで行われたそうです。

DSC01307_20140914063805eef.jpg

 漢字が読めない。
関連記事
テーマ : 遠野  ジャンル : 地域情報

Comments

河童は見ましたか?
一昨年に、遠野ふるさと村に行きましたが、サイカチというマメ科の木の豆をもらって帰りましたが、ナタマメの親戚だと思います。
この馬は、我が家の年賀状になりました。
赤い実が成る木は、ガマズミですね。
百日紅さんへ
私の部屋にも、古いけどなんとなく捨てられないものが増えています。

地方の小都市によくある、郷土博物館とか、民具館はそんなモノが自然に集まったものなんでしょう。

家や水車小屋になると、なかなかそうも行かず、お金持ちや、自治体がそれなりに予算化して保存していくことになります。

東京にも郷土館や民家園がありますね。
若い時には全く興味がありませんでした。今の子供も同じでしょう。

遠野のような知名度が高い場所だから、なんとか残していけるのかもしれませんね。

河童は見られませんでした。






Trackbacks

管理人の承認後に表示されます
管理人の承認後に表示されます
管理人の承認後に表示されます
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2019