風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ウインドファーム

Comment (2)  Trackback (0)

風太郎と又三郎

 大槌の市街地から、川沿いに山手へ上がっていきます。

 ところどころに
 谷間の 僅かな平地に
 あるいは 田んぼを埋めて
 立ち並ぶ 仮設住宅
 海辺から逃れてきた人たちの
 ずっと続いている
 仮の我が家

 地方創生って、何をするんだろう。

 だんだん狭くなって、ほぼ林道になりますが、舗装はされています。

 途中、一匹のキツネを見かけました。遠野物語を聴いた後だったら、ちょっと背筋が寒くなったかも。

 新山高原牧場に入って、もう一山登ると、展望台。

     DSC01238_201409120549558f1.jpg

 釜石広域ウインドファームに到着です。陸前大橋駅からは1時間20分ぐらいかな。

 太平洋を背に元気に回る風車たちを眺めていると、やはり原発は要らないと思ってしまいます。

DSC01236_20140912054954570.jpg

 到着した時は、1基だけ停止していたのですが、下にワンボックスが停まっていまして、しばらくしたら動き出しました。
 修理完了だな。

 標高1000m。

DSC01245_20140912055016fac.jpg

 津波到達エリアから上がってきたわけなので、結構な高低差ですね。富士山だと六合目から頂上ぐらいかな。

 西に、早池峰山が望めます。

DSC01235_20140912054952ba3.jpg

 振り返ると、悲しい大槌湾。

DSC01240.jpg

 平成16年12月に稼働し始めた釜石広域ウィンドファームの風車は、現在全部で43基。釜石市に17基、大槌町に14基、遠野市に12基あるそうで、新山高原の展望台周辺にあるのは、この内釜石市と大槌町のぶんです。

 遠くに遠野市ぶんの風車を眺めることが出来ます。どう見ても12以上ありますね?

DSC01239_20140912054957d78.jpg

 何基かは、釜石市域になるのかも。

     DSC01246.jpg

 快適な尾根道「スルーグリーンライン」を15分ほどドライブして、その遠野市側の風車の下へ。貞任高原。

DSC01253_20140912055020947.jpg

 安倍貞任ゆかりの地なのでしょうか。今の首相はその末裔と語っているとかいないとか。

 遠くに大鎚側の風車たちも望めます。

DSC01249mo.jpg

 すすきがカラフルなのは、花が咲いているということなんでしょうか。

     DSC01258.jpg

 うねる尾根に不規則に並ぶ風力発電機。

DSC01271mo.jpg

 大陸の超大規模風力発電所のような、無機質な幾何学的配列と比べて、なんと日本的なことでしょう。

DSC01276_2014091205564601a.jpg

 自動車工場のロボットたちに、一つ一つアイドルのような名前が付いている話を聞いたことがありますが、こいつらにもなにか名前を付けたいぐらいです。

     DSC01261.jpg

 長男は風太郎だな。

DSC01269_2014091205564311c.jpg

 三男は又三郎。

DSC01280.jpg

 飽きることがありません。

DSC01269_2014091205564311c.jpg

 画像だけだと、長閑に見えるかもしれませんが、元々風車を建てる場所は、とても風が強いところ。

 その風の音だけでも相当な音量なんですね。

DSC01283_201409120557006be.jpg

 そこに風車が回るリズミカルな風切音。賑やかなところなんです。

 東北地方でのんびり風車群を眺めるなら、一に仁賀保高原、二に布引山、そして三番目がここ釜石広域ウインドファームになりますね。
 それぞれ、鳥海山、磐梯山、早池峰山の近くです。

 前回の訪問記はこちら、前々回はそちら

 遠野の里山へ降りて行きました。尾根道で鹿と並走したり。

 人家が見えてくると、ちょうどカッパ淵の案内板が立っているあたりになります。

 この日はもう遅いので、これ以上観光はせず、宿に向かいました。

 天気が良い日に遠野を訪れたことがある方は、大体ご存知かと思いますが、遠くに見える貞任高原の風車たち、ホテルの部屋からも拝むことが出来ました。

DSC01287cas.jpg

 数えてみると21基かな、どいつが長男かは判りませんが、なんと素晴らしい宿なんでしょう。

関連記事
テーマ : 風力発電  ジャンル : その他

Comments

素晴らしかった!
☆風写さんへ
お陰さまで素晴らしい景色を堪能できました・・
「スルーグリーンライン」⇒「スリーグリーンライン」
http://woodlandpath.web.fc2.com/rindo136.html
LYNX☆さんへ
まぁ、たまには何時もと違う場所に行くのは、いいもんでしょう。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: