風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ロコモーション

Comment (2)  Trackback (0)

一日鉄ちゃん

 昼飯は遠野の駅周辺と決めていて、第一候補は此処。

 先輩がカフェ好きなので、この明治時代の長屋を改装したという、on-cafeでパスタランチにしようと思っていたのです。

     DSCN1373.jpg

 しかし、臨時休業中。残念。

     IMG_5845.jpg

 それで少し歩きまわって決めたのはこちら。

     DSC01199_201409100552279af.jpg

 うめのや。

 SL銀河は遠野駅で一時間以上動かないので、乗客はバスに乗って市内を回る人が多いようですが、周辺の店にもそれらしい家族が散らばっています。

 先輩が頼んだ、とおのラーメン(しょうゆ)。

IMG_5848.jpg

 ヨモギが練りこまれているそうです。

IMG_5849.jpg

 私は、ひっつみ定食。

IMG_5846.jpg

 苦手な焼き魚(嫌いなわけではありません)は誤算でしたが、美味しいひっつみ汁をいただきました。

IMG_5847.jpg

 この店から、この日のお宿は徒歩範囲なのですが、もちろん午後も走ります。

 国道283号を釜石方面へ。
 地図を見るとよく分かるのですが、国道283号は、ほぼ釜石線と並行しています。

 午前中は、東和と宮守の間辺りから走って来ましたが、SLを眺められるスポットはいくらでもありますね。
 自分の好きな山里の景色を見つけて、そこで銀河を待つのがいちばん。

 今回は初めてだったので、定番の宮守めがね橋と遠野駅に寄ってみましたが、岩根橋周辺も良さげだったし、遠野市内でも良い直線がたくさんありました。

 午後は峠越えにかかります。

 SL銀河とほぼ同時刻に遠野を出発、危険なので並走するつもりはありませんでしたが、遠野から仙人峠までは登りだし、機関車が常に煙を吐いているので、離れていても場所が確認できます、面白い。

 仙人峠の前後は、釜石線と国道がもっとも離れる部分。
 別々の場所でトンネルを潜り抜けます。

 ちなみに将来は高速道路になるのでしょうか、遠野と釜石の間には新しい仙人峠道路も既に完成しており、ずいぶん近くなったようです。

 遠くで汽笛を聞きながら、とある駅にジムニーを停めました。

DSC01234_20140910055429b57.jpg

 池尻大橋ではなく、陸中大橋。

DSCN1348.jpg

 なんとか先に着きました。

 釜石線がヘアピンカーブを描いているあたりで、とんでもない方向から汽笛や通過音が聞こえてくる不思議な場所です。

     DSC01202_201409100553085cc.jpg

 さすがに此処まで来ると撮影班は10人ぐらい、改札口もないため、私もロハでホームに侵入しています。

DSC01208_20140910055310240.jpg

 トンネルから控えめに煙を漏らしながら、出て来ました。

     DSC01209_2014091005531146a.jpg

 上り列車と行き違い(?)のため、此処でもしばし停車。

DSC01212_201409100554254cc.jpg

 乗客も三々五々降りてきますが、あまり見るべきものもない山の中の駅。

DSC01214mo.jpg

 出発の瞬間を撮影できる辺りには、新しい柵が作られていました。

DSC01216.jpg

 なぜ出発の瞬間が大事かというと、要はアクセルを吹かすと、煙がたっぷり出るということでしょう。

 環境には優しくないか。

     DSC01220_20140910055548936.jpg

 煙突からは煙、排気弁からは湯気。

     DSC01225_20140910055549a6c.jpg

 前に咲花温泉駅で、ばんえつ号を見物した時に、煙が入って、眼がえらく痛かったことを思い出しました。

DSC01227_201409100555518c7.jpg

 地球に石炭はまだまだあるようですから、最新鋭の技術で、できれば石炭だけではなく可燃ごみも燃やして走る蒸気機関車なんて造ることは出来ないでしょうか。デザインは昔のままで。

 バック・トゥ・ザ・フューチャーの世界。

DSC01230_20140910055553a62.jpg

 行ってしまいました。

DSC01232mo.jpg

 このあとはさらに釜石方面へ。

 乗客たちが、釜石駅で降りて、バスに乗っているのまで確認できました。
 パッケージツアーの人が多いのかな。
 時間があれば、C58の転車台での転回も見られるようです。

 哀しい土台だけの土地が広がる釜石、鵜住居、大槌を走り、新山高原に上がります。
関連記事
テーマ : 遠野  ジャンル : 地域情報

Comments

Good!
☆風写さんへ
なかなか良い写真を撮ってましたね!(拍手)
私はこのブログに憧れてますhttp://railman.cocolog-nifty.com/
風景の一部に溶け込んでいる写真が大好きなんですが、時間をかけてロケハンしないと無理ですね。
LYNX☆さんへ
先日紹介したようなサイトがありますから、出不精の方でも家に篭って、ネットでロケハンすれば、好みの場所を見つけられると思いますよ。

何に時間を掛けるのが楽しいのか、人それぞれだと思います。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2019