風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ロコモーション

Comment (4)  Trackback (0)

転回が心配

 昨日はシンガーソング専業主婦、竹内まりやの新盤が届きました。
 相変わらずの唄声。もうすぐ還暦かとは思えません。
 昨日まで、錦織くんの生地、松江が盛り上がっていましたが、彼女も同じ出雲出身ですね。

 さて、宮守川橋梁。ルートにゆるいカーブがかかっているせいか、橋も直線ではありません。

DSC01148_20140908054949913.jpg

 天気は曇りベースですが、時々お陽様が顔を出します。

 戦争中の建築ですから、特別に古いわけではないコンクリート橋なんですが、此処に立ち寄った理由はなんでしょう。

DSC01139_20140908054946d1f.jpg

 宮守川の下流方向にある橋を見つめる人、場所取りの三脚多数。

DSC01141.jpg

 老若男女。 私は皆様と相談の上、前列の三脚の前に座らせてもらいました。

IMG_5844.jpg

 最前列に小さく縮こまって。

 遠くで汽笛を聞きながら待つことしばし。

DSC01150_20140908054950c68.jpg

 来ました来ました。SL銀河ですね。

DSC01153_2014090805500680c.jpg

 鉄ちゃんではないのですが、別に嫌いということもなく、面白い被写体だと感じる蒸気機関車。

DSC01158_20140908055008f23.jpg

 C58になります。

 あらためて調査して、待ち構えてSLを撮影したのは初めてだと思いますが、橋と機関車を入れ込む構図を考えすぎて、煙のことを失念していました。

DSC01160_20140908055009822.jpg

 煙も橋も、おまけに川まで入れると、機関車が小さくなってしまいます。

DSC01163.jpg

 あっという間に行ってしまいました。コンデジで動画も押さえています。

DSC01166_2014090805501274a.jpg

 撤収撤収。

DSC01169_20140908055222f6c.jpg

 こういうイベント列車の見物、それもこの橋周辺のように、とても恵まれた場所だとどれくらい人が集まるものか、そこに興味があったのですが、結局200人ぐらいだったでしょうか。
 想像していたよりも少なかったと思います。

 今回はちょうど一時間前くらいに到着していたのですが、場所取りにはいいタイミングだったかも。

 このあとSL銀河は遠野駅に向かい、給油給炭のためと、乗客に遠野を散策してもらうために一時間以上停車します。
 我々も遠野駅のそばで昼飯の予定だったので、駅近くのパーキングに車を停め、せっかくなので停車中の列車を見学。

DSC01170_20140908055223a9b.jpg

 これまた超久しぶりに、入場券を買いました。

P9100006.jpg

 入場券って、時間制限があったんですね。

DSC01190.jpg

 C58は客車から切り離されていて、給炭済みかな。

     DSC01173.jpg

 この時は給水中のようでした。

DSC01176_20140908055226860.jpg

 ゆっくりゆっくりバックして、再び客車と連結されていきます。

     DSC01183.jpg

 ピッカピカでした。

DSC01188_20140908055257a96.jpg

 運転しているのは若い人、嬉しいですね。

DSC01189_201409080552586ca.jpg

 客車は四両。
 元々はあのJR北海道が製造した車両を、JR東日本が買い受けて改造したものだそうです。

DSC01191.jpg

 デザインプロデューサーは、山形の奥山清行氏、ポルシェやフェラーリのデザイナーでもありますね。

 乗車券は完売なのですが、この時間は皆さん遠野観光中のようで、車内はガラガラ。

DSC01195.jpg

 客車と行っても気動車で、冷暖房完備かな。この時もエンジンは回っていました。

 C58が非力で、釜石線の急勾配に対応が難しいため、登る時だけ、蒸気+ディーゼルのハイブリッドになるんだそうです。昔だったら重連にするところです。どちらも運転士は二人必要ですね。

DSC01197_20140908055421b57.jpg

 もっと混んでいると想像していたのですが、意外とのんびりSLを眺めることが出来る、遠野駅でした。

 SL銀河は基本、土日運行。
 土曜日は花巻から釜石、日曜日は逆方向になります。

 転車台は釜石にはあるけど、たぶん花巻にはないため、日曜日の夕方花巻に着いたあと、一度盛岡まで行ってわざわざ転回するのかな。
関連記事
テーマ : 鉄道旅行  ジャンル : 旅行

Comments


土日の運行ですか?SLはしばらく見てません。懐かしいですね。7月末に遠野に行ってきましたが、平日でした。また、行ってみたいですね。
binkenさんへ
基本週末なんですが、飛び石連休があると走らない日曜日があったり、逆に走る平日があったり、いろいろです。詳しくはこちら。
http://www.kanko-hanamaki.ne.jp/special/2014_sl_ginga/index.html
バイクだとまずどこでも停められるので、沿線で好きな風景の場所を見つけて、そこで眺めるのが良いと思います。

ただ、今回の私達のように、あまりにも写真撮影に熱中していると、ほとんど肉眼では見ていないことに、あとで気づきます。
それってどうなんでしょうね。
確かに
☆風写さんへ
カメラのファインダー越しに見ている事が多いし、夢中になっているから肉眼では見てませんでした(笑)
動画で記録しておくのも良いかもです・・・
カメラを持っていて、写真をとらずにSLを見るだけは至難の業です(-_-;)
LYNX☆さんへ
一日に何本も通るなら別ですけど、一本だと至難の業ですね。

動画はこちらに沢山。
https://www.youtube.com/results?search_query=SL%E9%8A%80%E6%B2%B3






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: