風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (0)  Trackback (0)

お盆だというのに、毎年墓参りにも行かず

 敗戦の日。
 朝8時に出発です。

 一昨年の夏は北秋田方面(男鹿の五社堂八竜風力発電所、五城目湯の越の宿、上小阿仁の大地の芸術祭その一その二、阿仁から角館)、昨年は新潟に遠征しました。
 ニッポンの夏、ふるさとの夏のイメージを求める旅なんですが、自分の中でも抽象的です。

 東北道から山形道、山形蔵王で降りて13号線を南下、南陽で赤湯バイパスに右折して113号線、毎度通ってる路ばかりですが、沿道の墓地に人が多い季節です。渋滞はありませんが、ひっきりなしに車が走り回っているお盆の東北。

 この時点で天気は曇り、ひたすら走り、10:30に赤芝峡で一休みです。

IMGP5417.jpg

 紅葉の名所ですね。

     IMGP5415.jpg

 阿賀野川は只見川とともに、ダムや堰が多く、本来は急流なのですが、水面が安定している場所が多いのが特徴です。

IMGP5423.jpg

 天気が良くないので、写真もいまいち。

     IMGP5420.jpg

 いろんなナンバーの車が後ろをビュンビュン走ってました。

 新潟県に入り、関川村。
 丸山大橋にちょっと寄り道したあと、村役場周辺に寄ってみました。

IMGP5425.jpg

 役場前に重要文化財の渡邉邸が残されていたり、古民家が移築されていて、道の駅もあったりする場所です。

IMGP5424.jpg

 とにかく敷地が広い渡邊邸

IMGP5434.jpg

 残念ながら、現在は修理中でした。中は見られるらしいのですが、先を急ぐ私はパス。

IMGP5430.jpg

 しかし隣にある、道の館でイザベラ・バードの展示があり、寄ってみることに。関川も通っていたのでした。

IMGP5432.jpg

 シンプルながら、詳しく彼女の足跡を追った貴重な展示です。

IMGP5429.jpg

 ほとんど彼女が通った場所の写真のみの展示ですが、これから学ぶには絶好な資料です。

 現在は村上まで伸びていて、もうすぐ山形側と繋がりそうな、日本海東北道(なんとかして欲しい名称)に荒川胎内ICで乗ります。

IMGP5435.jpg

 中条から新発田にかけて、風力発電機が増えているのは確認できましたが、新潟県内の高速は、東北道と同じでえらく退屈なので、新潟を過ぎて北陸道に入ってすぐ、黒埼PAのスマートICから出てしまいました。

 海側に向かい、国道402号、越後七浦シーサイドラインです。

IMGP5437.jpg

 まさに海沿いの気持ち良いルート。

IMGP5440.jpg

 海水浴や釣り客で、パーキングはどこも一杯。

IMGP5442.jpg

 天気が良ければねぇ。

IMGP5444mo.jpg

 一時半頃、若干空いていそうなお店を見つけて昼飯にしました。

IMG_5598.jpg

 ここも大きな庄屋さんの家か何かを利用した立派な割烹? 

IMG_5595.jpg

 カニわっぱ飯2160円です。

IMG_5596.jpg

 走り始めたら、いきなり渋滞。寺泊港の市場前です。

IMG_5600mo.jpg

 こんなところにあの観光地があったのですね。

IMGP5448.jpg

 また少し砂浜沿いを走って、出雲崎から西山ICで再び北陸道。

 米山の風車が見えました。

IMGP5454.jpg

 この辺りから時々小雨。

 上越ICを降りて、直江津の市街。

IMGP5456.jpg

 謙信公祭には一週間早かったのですが、まずは春日山城へ。

     P8150008.jpg

 この石段を上がるのが辛かった。

P8150001.jpg

 実に広大な城跡です。春日山神社の場所で3合目ぐらいかな、雨も降っているし即ギブアップ。

P8150007.jpg

 謙信公の銅像の目線と同じ景色だけを眺めることにしました。

     P8150004.jpg

 大河ドラマでよく使われた直江津の俯瞰。

P8150005.jpg

 やはり戦国時代のエネルギーは凄いですね。

 宿に入りました。

関連記事
テーマ : ツーリング  ジャンル : 車・バイク

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: