風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 街角探検

Comment (8)  Trackback (1)

暑いけど爽やか

 ねぶた開催期間中の青森の朝。
 弟が自転車を貸してくれたので、市内を走ってみました。

DSC01063.jpg

 まずは、いちばん青森の雰囲気を味わえる場所として、薦められた新中央埠頭へ。
 週末ジョガーの定番コースのようです。

DSC01065.jpg

 ねぶたの期間は、関東などから大型客船の来港もあるようでしたが、本来大型船用に作られた新中央埠頭、水深が浅くて、結局大型船はフェリー埠頭の方に停泊しているそうでした。

DSC01066.jpg

 今度函館に行くときは、絶対に船で本州から渡ってみたいと思っている私です。イザベラ・バード・ルート。
 前回はJRで行ったのですが、やはり船のほうが蝦夷の玄関を実感できると思うのです。

DSC01064_201408080352543b4.jpg

 そうするとやっぱり冬?
 次の年末年始かな。

 ちょうどフェリーが函館へ向けて出港。

DSC01069_20140808033731f6e.jpg

 新中央埠頭の先端にウッドデッキの公園があるとの事だったのですが、なんと9時前は閉まっていました。

DSC01067_201408080337299da.jpg

 青森ベイブリッジに挑戦です。胸はハカハカ。

     DSC01071.jpg

 街なかの港をまたぐ橋は、那覇や博多にもありますね。
 気仙沼にもできるそうです。

DSC01076.jpg

 美しい海です。

 もし家を造るなら、海辺が良いと思っていた志は、大震災で折れてしまっていますが、やはり良いですね、シーサイド。

DSC01074.jpg

 並行して、歩行者用の橋も。

     DSC01080_201408080339046b0.jpg

 散歩やジョギングするには(私はしないけど)サイコーの場所ですが、すでにかなりの気温です。

 ラッセランドも見えました。

     DSC01078.jpg

 反対側に微かに見えるのが、八甲田山かな。

DSC01081_20140808033754e5b.jpg

 この辺りからは、岩木山は見えないようでした。

 旧連絡船の八甲田丸と、引き込み線。

DSC01083_20140808033756841.jpg

 父がかつて北海道に出張していた頃は、東北線の車両がそのまま連絡船に乗っていたと思います。
 絵葉書を見た記憶があります。

 自転車でまた少し走って、青森市森林博物館。

     DSC01091_2014080803391078c.jpg

 明治41年建築のルネッサンス様式、旧青森営林局庁舎。

DSC01087_20140808033907fc0.jpg

 弘前と比較すると、数が少ない青森市内の貴重で美しい明治の木造建築。

DSC01085_20140808033905595.jpg

 こちらも開館前だったので、一周りしただけでした。

DSC01090_20140808033908bae.jpg

 市内中心部へ戻ります。

 電話ボックス。

     DSC01092.jpg

 雪国仕様ですね。

 棟方志功記念館。

IMG_5497.jpg

 彼の特別展は、水戸と仙台で見ていたと思います。
 日本のゴッホ。

 ゴッホといちばん異なるのは、生前に世界で認められたことです。素晴らしい。



 しかし、自転車は、チェーンには油をさして、しっかり整備しておいてほしいものです。
関連記事
テーマ : 自転車旅行  ジャンル : 旅行

Comments


風写さんへ
早朝の自転車探訪、いいですね。涼しさをいただきました。車に自転車を積んでいって、街を自転車でというのもいいかも・・・?と思ってしまいました。
朝から精力的
渢写さんへ。
みごとな自転車レポですね。

チェーンオイルささないで、チャリでスーパーに買い物に来る人がいます。
結構立派なシティサイクルなんですけどね。
わがMTBは廃車を免れて、両輪のタイヤチューブ交換で、1.1万円かけて再生しました。無論クレ55差して走ります。

代用車になるはずだった中古の28インチのブリジストンは、
玄関前に止めっぱなし。
外国人向け仕様だけにちと乗りこなせない。


binkenさんへ
今もTTのトランクには折り畳み自転車常設です。
http://hoosha.blog83.fc2.com/blog-entry-772.html
十和田や金山、村田の街を走りました。
http://hoosha.blog83.fc2.com/blog-entry-721.html
http://hoosha.blog83.fc2.com/blog-entry-737.html
気持ち良かったのは金ケ崎
http://hoosha.blog83.fc2.com/blog-entry-1060.html
オススメです。

喜多方や鶴岡も良さそうですね。
kazuさんへ
サンズイに風ですか、良いですね、iPhoneでは変換されませんでした。

私の折り畳み自転車もしばらく乗っていないまま、トランクに積みっぱです。
お盆休みに安曇野や小布施にに行く予定なので、要点検です。
環境依存文字
風写さんへ
サンズイに風、意識したのではなく、偶然。環境依存文字との表示がありました。
コンピュータが勝手に作字してしまうのですね。木偏や言偏はあるのですが・・・。

でも、「渢」涼しげです。
kazuさんへ
「渢」色んな意味があるようです。
http://coreblog.org/naming/boys/c_6e22.html

涼しげというか、ちょっと怖いかも。
ほんと
風写さんへ
サンズイに風、ほんと怖い感じですね。立偏だったら、まだ誤変換もよかったかも。
kazuさんへ
いつもコメント有難うございます。

仙台に来られることはないのですか?






Trackbacks

管理人の承認後に表示されます
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2019