風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 祭りだワッショイ

Comment (4)  Trackback (0)

青森はきっと南半球

 この日の宿、と言っても単身赴任の弟のアパートに着いてシャワーを浴び、ひと休みしてから、腹ごしらへです。画像は翌朝撮影。

DSC01062.jpg

 一年で一番人が多い土曜日の柳町通。
 なかなかお目当てのお店には入れませんが、百菜百酒の看板と店の名前に惹かれて「ひなた」に飛び込みました。

 メニューを見るのが楽しみでしたが、なんとねぶたの夜8時までは限定メニューです。これだけ。

IMG_5474.jpg

 生ビールで水分補給していたら、表にねぶたがやって来ています。

IMG_5477.jpg

 ラッセランドから、巡回コースにねぶたが移動するルート上なのでした。

 私は、貝焼き定食。

IMG_5478.jpg

 連坊少年は刺身定食。

IMG_5479.jpg

 腹ごしらへ終了で表に出れば、祭り会場です。

DSC00868_20140804213201620.jpg

 ちょうど明かりが灯る瞬間の変化を見ることが出来ました。

DSC00869_2014080421320238e.jpg

 もちろん昔はろうそく、その後発電機を積んで、白熱電球から蛍光灯と進化を続けているのですが、今どきはLEDも使われているようです。

DSC00873_20140804213203226.jpg

 独特の祭り衣装ですね。

DSC00876_20140804213206991.jpg

 初日、みんな緊張しているんだろうな。

DSC00875.jpg

 祭り開始は19:10、その時刻に向けて、だんだん暗くなっていきます。

DSC00890.jpg

 非日常の宵へ。

DSC00893_20140804213256fa9.jpg

 この辺りはまだ移動中です。

DSC00895.jpg

 柳町通りと新町通りの交差点付近。

DSC00902_201408042132590d4.jpg

 花火が上がり、はじまりはじまり。

DSC00904.jpg

 昔は、待機場所から順番に出ていくスタイルだったらしいのですが、今はまず全ねぶたがスターティンググリッドについてから、一斉に動き始める方式です。

     DSC00912_201408042133231be.jpg

 ねぶたは引くのではなく、押します。

DSC00914_20140804213324425.jpg

 ヨーイドン。

DSC00915_201408042133262cc.jpg

  原始の時代から続くような、太鼓のリズム。

     DSC00916_20140804213327924.jpg

 最近流行りの太鼓チームのものよりは、張りが少しルーズな感じ。

 メロディを奏でられる楽器は笛だけ、それも決まったフレーズの繰り返し。

DSC00918_20140804213329135.jpg

 そして手振りの鉦。

DSC00954.jpg

 この楽器構成だけで、あれだけ盛り上がれるのは凄いことです。アフリカやブラジルみたい。

 画像だけでは寂しいので、YouTubeの動画を貼っておきます。BGMですね。これを再生しながら、御覧ください。



 反りのあるバチも独特です。

DSC00920_20140804213429c65.jpg

 一番ハードな太鼓要員は、後ろに大勢リリーフが控えていました。

DSC00923_201408042134303df.jpg

 観光地で、iPad撮影は目障りですね。

DSC00927.jpg

 場違いなイタリアンレストランの上に、三日月。

     DSC00938_20140804213433a53.jpg

 政宗公が、見に来たのかも。

 新町通りは狭いため、あまり派手に動けませんが、交差点等で、若干変化を付けてくれます。

DSC00945_20140804213454934.jpg

 ねぶたは立体ですから、鬼や鍾馗さまの目線の変化を楽しめますね。

DSC00946_20140804213455f37.jpg

 征伐や対決が、必ずメインテーマなので、主役の二人に一番力が入っているのは当然ですが、脇役たちを眺めるのも、楽しいですよ。

DSC00947.jpg

 役割不明の爺さん婆さん。

DSC00952.jpg

 今回は特に桟敷席などはキープせずに、隙間に潜り込んでの撮影です。

DSC00958_201408042135009b0.jpg

 機材はα7+28-70mmですが、やはりもう少し望遠がほしいな。

DSC00960_20140804213617da6.jpg

 剣先や、飛沫そして指先まで綺麗に灯りが入っているのは、LEDだからかなぁ。

DSC00972_201408042136193e6.jpg

 しかし見事なねぶた絵です。

DSC00977_20140804213620d3e.jpg

 青森ねぶたは、今回が2回めなんですが、前回は社会人になった1979年の夏、なんと35年前でした。

DSC00979_201408042136220e3.jpg

 当時の写真と較べると、ねぶたもずいぶん違いますね。

DSC00981_20140804213623f1b.jpg

 最初の場所をひと通り大型ねぶたが通過したので、広い国道の方へ移動します。

DSC00982.jpg

 道幅が狭い新町通りのほうが、至近で見ることが出来ますが、国道は広いため、回転等はしやすいようです。

DSC00993.jpg

 いかがでしょう。

DSC00996.jpg

 それぞれの作者やスポンサーのデータはこちらをどうぞ。
関連記事
テーマ : 青森ねぶた祭り  ジャンル : 地域情報

Comments

すごい迫力!
風写さん
青森ねぶた、満喫させてもらいました。

リアルタイムでは見たことないのですが、28年前、旅行PR誌で、山形花笠まつり、秋田竿灯、青森ねぶた、仙台七夕、関係者の取材、2泊3日の強行軍でやりました。
その時、ねぶた制作者の千葉作龍さん(41)に話を聞きました。
今年、69歳だから、もう現役引退してるかな? 
自身で描いた原画は45cm程度、それをあれだけ巨大なものにするのだから凄い。
一台作るのにのべ300人を動員、費用は1,000万円。今なら、いくらかかるのだろう。
kazuさんへ
作龍さんは現役です。
ワ・ラッセで見た時に、一番いいと思った方ですね。

今回もニ作品出陣していますが、この日の出陣はありませんでした。残念。
http://kacho.digi2.jp/03tabi/02aomori/061aomorinebuta/nebutarasse3.htm
http://www.nebuta.or.jp/shutsujin/shutsujin.html
今回もねぶた大賞を取りましたね。流石です。
http://www.nebuta.or.jp/
情報ありがとう。
風写さん
うれしい情報ありがとうございます。
あらためて、感動しました。
作龍さんすごい!
kazuさんへ
ねぶた師という仕事が成立している文化の存在が嬉しいですね。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2019