風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 祭りだワッショイ

Comment (4)  Trackback (0)

これも七夕。

 先週土曜日は、昼前に自宅を出発。
 バスで仙台駅まで行き、えきねっとで予約していた切符をまずゲット。

 激暑で、混雑する駅周辺で、例によって昼飯どころ探します。

IMG_5459.jpgIMG_5465.jpg

 こちら丸特漁業部名掛丁店で、居酒屋昼飯に。

 熱い中を少し歩いて汗だくだし、車も運転しないので、ご褒美のプレモルも。

     IMG_5463.jpg

 青葉膳、だったかな。850円。鰹のスタミナ焼きと、白身魚フライにカニクリームコロッケ、茶碗蒸し。

IMG_5464.jpg

 ミニ中落ち(鰹?)丼と、定食のご飯がかぶっています。刺身はちょっと萎れ気味。

 午後一の臨時はやてで、新青森まで100分。早い。ちょうど東京までと同じ時間ですね。

DSC00836_20140804054046060.jpg

 来年には一気に函館まで行けるようになります。

 残念なのは、青森も函館も、ついでに八戸も中央駅と新幹線駅が離れている点。
 地方だとなかなか新大阪や新横浜のようなわけには行きません。

 特に今回のような臨時列車だと、ローカル線との連結がやや悪し。

 新青森での乗り換えも、青森での改札口までの移動も大混雑。

DSC00837_20140804054124df1.jpg

 震災直前、2011年1月以来の青森駅前、ワ・ラッセです。

 八甲田丸。博物館になっているようです。

DSC00838_20140804054125fcb.jpg

 少し歩いて、アスパム周辺。白い超大型テントが沢山並んでいます。

DSC00839_20140804054127244.jpg

 ねぶたラッセランド。5月にまずこのテントを設営し、22台の大型ねぶたは全てこの中で制作されるのだそうです。

DSC00846_20140804054130448.jpg

 この日はちょうどその青森ねぶたの初日。お披露目の日なのでしょうか。

DSC00840.jpg

 まだ閉じていて中が覗けないテントもありました。

DSC00844_20140804054245369.jpg

 初日の出陣は15台ですので、二日目以降に出てくるねぶたは、まだ最後の仕上げ中なのかもしれません。

IMG_5468.jpg

 カラフルさと勇壮さが堪りませんね。

DSC00845.jpg

 制作手順としては、まず下絵を描き、ねぶた小屋がかかった後、骨組みと電気配線、紙貼り、書割、色付け。そして台上げの順だそうです。

IMG_5469.jpg

 制作中も見学できるのだとか。

 世界に誇れる、素晴らしい芸術です。

DSC00849.jpg

 ベテランねぶた師の一人、竹浪比呂央さんのねぶたのかけらを使った、和紙のランプが販売されていました。

DSC00850_20140804054321ac0.jpg

 流石にねぶたは暗くなってから見るべきものですので、昼間は別の場所を少し観光。

 善知鳥神社です。青森市発祥の地。

DSC00853_20140804054324c67.jpg

 ”ぜんちどり”ではなく、”うとう”と読みます。

DSC00854.jpg

 都会のオアシスのような場所にあります。

DSC00858_20140804054328c78.jpg

 予想していたよりは小ぶり。

     DSC00863.jpg

 平らな場所のわりには、水辺の多い神社です。

DSC00860_20140804054543af5.jpg

 すでに関東並みに暑かった青森ですが、紫陽花が見頃でした。これは意外。

DSC00862_20140804054545e15.jpg

 ちょっとなんだかなぁデザインの橋。向こうにCOFFEEの看板、見えますか?

DSC00861.jpg

 前回カレーを食べた、マロンでした。

     DSC00852_201408040545411df.jpg

 今夜の宿に向かいます。

DSC00864_201408040545478ef.jpg

 青森ねぶた祭は、この日8/2から7日まで。東北の夏まつりの中でも、もっとも長く夜空を焦がします。

DSC00865_20140804054605d4f.jpg

 跳ねとチームの準備も万全。

DSC00866_201408040546073b0.jpg

 東北の夏まつり、盛岡さんさや、秋田竿燈、山形花笠はまだ見たことがありませんが、青森のねぶたと、相馬野馬追が二大祭りかと思います。

 この中で、ねぶたと竿燈は、七夕の祭り。
 仙台七夕と比較すると、三種三様のスタイルに至る歴史には興味深いものがあります。

 地域のヒトの性格というか、コミュニティのカタチというか。
 手間と金をかけて飾るから見に来いという、七夕や光のページェントに飽きたらない仙台の若者たちが創りだしたイベントが、ジャズフェスやすずめ踊りなのかもしれませんね。
関連記事
テーマ : 青森ねぶた祭り  ジャンル : 地域情報

Comments

行ってみたい
風写さんへ
ねぶたは10年ほど前に行ったきりです。暑い夏に行ってみたいですね。ねぶたの写真が綺麗ですね。
ようこそ!
お久しぶりです。
ようこそねぶた祭りへ!!

会社にも寄って下さいよ~(笑)
binkenさんへ
明かりが灯ったねぶたは、誰が撮っても綺麗に写る被写体かと思います。
だから好きなのかもしれません。
冬将軍さんへ
ご無沙汰です。
今回は約24時間の弾丸ツアーでした。

アスパムの中継場所で、F村さんには偶然お会いしましたし、帰りの新青森駅で、せいけん君とこれまた偶然エスカレーターでスレ違いました。

弟が居るうちにまた行きます。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: