風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: Car & Bike

Comment (10)  Trackback (0)

クラシックヒストリックアンティーク

 LYNX CLUBの仲間であるSさんは、宮城のクラシックカー倶楽部の世話役にして、自らも車やバイクのレストアを趣味にしている方なのですが、春から秋にかけて県内各地でクラシックカーミーティングに関わっているだけでなく、県外のイベントにも参加されているようです。

09_poster.jpg

 仙台の市民広場にも毎年桜が咲くころに会場いっぱいのクラシックカーが集結します。

 今年のミーティング 昨年のミーティング 一昨年のミーティング

 それぞれクリックすればそのときの記事にジャンプします。並べて展示するだけでなく、菅生のサーキットで走行会もあるんです。

 昔の車は、クラシックカーとか、ヒストリックカー、旧車とかQ車とも呼ばれるようですが、それぞれ何らかの定義があるのでしょうね。

 アンティークというのは100年以上前の骨董品という意味ですが、そろそろアンティークカーも見られるようになってくるのでしょう。

 LYNX☆さんから写真を送ってもらったのですが、先日石巻で開かれたミーティングでは、私が大好きなルノーアルピーヌA110が来ていました。

018.jpg

 1973年に初代WRCチャンピオンに輝いた車なんです。

017.jpg

 私も2台持っています。

R1031616.jpg

 ノーマル車と、ラリーヴァージョン。

PA210069.jpg

 1/16モデルなので、乗れないんですけど。

PA210070.jpg

 ポルシェやビートルと同じリアエンジン車です。
関連記事

Comments

Re:
☆風写さんへ
今年も11月3日に、SUGOで走行会(パレード)が有りますよ・・・
私はランチミーティングにだけ参加し見物して来ます(2500円)。
行くのでしたらSさんに連絡して下さい。
因みにサーキットパレード走行(TT等)参加者は5000円です。
ラリーパージョンが好き
ルノーアルピーヌは高校生の頃、雑誌(多分モーターファン)で見たのが最初でした。モーターマガジンに入社しようとしたのですが、幸か不幸か?落ちてしまいました。
やっぱり、車はラリーパージョンが最高ですね。でも最近のように特別仕様の純正でないと出場できないのでは金がかかりすぎます。
こんど車を買うときは軽にして、大きなフォグランプでもつけてボンネットをつや消しにしてなどなど遊ぼうかしら。
ええっ? TT以外にも?
一瞬、TT以外にも持ってるの? と思ってしまいました。よくできたミニチュアですね。
日野ルノー
 ルノー(あのわれわれ子供時代の「日野ルノー」)は元来、ポルシェ博士に作らせたものだけに、メカも姿もそっくりですよね。それにアルピーナチューンだから、なおさらかな。
オマージュ
LYNX☆さん
その日は結婚式があるんで、駄目でした、残念。

kazuさん
ミニチュアといっても測ってみたら長さ23cmあります。机に置くと邪魔です。
旧型TTのデザインには、このアルピーヌへのオマージュがあると信じています。
ラリーカー
百日紅さん
いつも讃岐うどん食べまくりツアーへのお誘いありがとうございます。
その内仙台の大食い仲間を誘って遠征します。
モーターマガジン社に行ってたとしても、無線機持ってヘリに乗って飛んでたかもしれませんね、伴走車とか。
最近のラリーカーはレーシングカーのように低地上高になっていますが、私はランサー時代のように車高を上げたラリーカーが好きです。
でも今時の車のデザインとはマッチしないような気がします。
いたずら
きぬのみちさん
日野ルノー、懐かしいですね。
ボンネット中央の飾りラインの端っこが、起こせるようになっていて、ボンネットを開けるレバーになっていました。
よくいたずらでそれを起こしてましたね。
ランサー
独身時代、何を隠そう草ラリーでランサーに乗っていました!
がっちり改造して(恰好とカラーリングだけは・・・)下手っぴィでしたが(笑)
L字型テールランプの奴でした・・・アルピーヌはガレージに置きたい!
何を隠そう
LYNX☆さん
コースアウトしてつぶした奴ですね。1600GSRかな。サザンクロスラリーで活躍したモデルですね。
肥溜めがなくてよかったです。
Re:何を隠そう
そうそう、その後練習中に林道でダンプと正面衝突して車は破損・・・引退(汗)
そんな下手っぴいでした。






Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: