風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: アルコホリック

Comment (2)  Trackback (0)

庄内の酒の祭りに参加しました。

 さて今回の旅の目的というか、メーンエベント。

 第一回庄内酒まつり@鶴岡駅前の米蔵(JA 全農山形鶴岡倉庫)です。

R6252360mo.jpg

 前に鶴岡に来た時、隣のホテルから眺めて、あぁ、山居倉庫は鶴岡にもあるんだ、と感じた米蔵群。

 BISUIはんぞうで求めた前売り券を握りしめて、並んだ列は、20人ほど。

R6252361.jpg

 入院した時と、裁判の傍聴券を求めて並んだ時以来の、リストバンドが、試飲し放題の証。

 この長ーーーい廊下に百種類以上の美酒が並びます。

R6252363.jpg

 私は、くらのわの時のような、冷房が効いた広いイベント会場に、ぐるり酒蔵のブースが並ぶ状態を、なぜか想像していたのですが、ちょっと異なりました。

R6252365mo.jpg

 ちなみに、イベントの会期は、7/19土曜日が、14時から19時まで。7/20日曜日は、11時から16時までとちょっと覚えにくい。

R6252364.jpg

 試飲チケットが、1日券が前売り1,500円、当日2,000円。2日通しだと、前売り2,500円、当日3,000円です。
 私達は土曜日の一日券。

 ネット購入も可能ということで、来年は大山新酒もこうなるのかも。

R6252366mo.jpg

 やっぱり栄光冨士は外せません。

R6252368.jpg

 もれなく貰える、半合のアクリル升に、ちょびっとだけ注いでもらって試飲。
 そう言えば、ミネラルウォーターのペットボトルも一本ずついただけました。

 出店している庄内の酒蔵は、十八蔵。

R6252370mo.jpg

 清泉川、鯉川、初孫、くどき上手、菊勇、秘めごと、東北泉、杉勇、出羽ノ雪、栄光冨士、上喜元、麓井、羽前白梅、楯野川、白露垂珠、大山、奥羽自慢、やまと桜です。

 さらに一番奥に、庄内以外のお酒も並んでいました。

     R6252374mo.jpg

 十八の蔵のブースには、各酒蔵の担当の方がいるわけですが、必ずしも蔵元の方ではなく、ディープな会話を楽しめるところは少なかったかもです。

 呑み疲れたら、表に出て休憩。向かいが今夜のお宿です。這ってでも帰るぞ。

R6252373mo.jpg

 時間に余裕があるので、前後半に分けて途中にホテルで休憩も可能ですね。

 お願いするとこれくらい注いでくれる場合があるので、これを持って表で団欒です。

R6252376mo.jpg

 黄色いリストバンドしてますね。まるで病院から抜けだしたみたい。

DSC_2345cmo.jpg

 この辺りからもう試飲ではなく、宴会状態。

R6252378.jpg

 大山新酒酒蔵祭りと違って、テーブルに値段を張り出しているので、つい高い酒をお願いしがちになる貧乏性。

R6252379.jpg

 なんと、太陽が顔を出しました。

R6252383.jpg

 こちらは併催されている、鶴岡ふうど駅スポの会場。

R6252380.jpg

 ステージトレーラーが来ています。

R6252386.jpg

 まだまだ呑みますよ。

R6252389.jpg

 この辺りで、もう味がわからなくなってたと思われます。

R6252391.jpg

 大山の四蔵や、初孫、上喜元、くどき上手に楯野川あたりは、知っていたので、なるべくそれ以外を味わうように心がけたのですが、若干酒が交じることもあったせいか、どれも美味しく感じました。

R6252399.jpg

 美味しいなぁと思ったのは、麓井、白露垂珠、やまと桜。

R6252394.jpg

 ふうど駅スポの会場には、食のデザイン展もありました。

R6252583.jpg

 閑散としてましたけど。

R6252582.jpg

 そしてステージでは、ジャズの演奏。MJK-佐藤伸浩5。

R6252395.jpg

 宴会場をテント下に移します、ステージ真正面。

R6252400mo.jpg

 これいいでしょう。

     DSC_2358.jpg

 将来が思いやられる庄内おばこ。

R6252409.jpg

 酒樽に興味津々でした。

     R6252414.jpg

 このあとは、サンバチームの登場。

R6252416.jpg

 Gongue Ranquistasだそうです。FBで検索してみてください。

R6252422.jpg

 楽しいパフォーマンスでした。

 続いて、礒見博カルテット。

R6252433.jpg

 これはプロですね。特にサックスの方が素晴らしかったです。

R6252434.jpg

 アンコールがボサノバ(イパネマの娘?)だったので、サンバチームが再登場。

R6252437.jpg

 試飲しなければ、酒呑み会場にも無料で入れます。

 これは翌日、チケット無しで買い物に来た時の画像。

R6252584.jpg

 この状態のほうが大量に呑めそうです。

 ちなみに上に出てきた、くらのわの記事を読み返したら、ここで麓井呑んでました、覚えてなかった。
関連記事
テーマ : 山形県庄内地方  ジャンル : 地域情報

Comments

どんだけ飲んだのですか?
風写さんへ
随分日本酒好きが集まるもんですね。
飲酒の心得、みんな守っていたのかな?
kazuさんへ
ちびちびですから、3-4合程度ではないでしょうか。

泥酔している人は見受けられませんでしたよ。

日本酒のイベント、どこでも人は集まりますね。






Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: