風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 街角探検

Comment (4)  Trackback (0)

ザンギに値打ちはある

 自宅は、仙台市内では比較的大きなバスターミナルの近所。

 朝は6:38に始発が出ます。全てのバスは、一旦仙台駅を経由。それがこの地を選んだ理由でもあったりします。

     IMG_4974.jpg

 6時台はかなり本数が少ないせいか、はたまた始発ということもあり、10人以上の客が乗り込みました。
 駅までは15分弱。道が空いているのであっという間です。

 7:07の電車に乗ります。

IMG_4975.jpg

 仙台空港アクセス鉄道。名取まではJR東北本線の線路を走ります。

 こちらは立っている人も居ましたが、ほぼ全員座れる程度の混み方。
 7:32に仙台空港着。

 これが自宅から、公共交通機関で空港に辿り着ける、もっとも早い時間になるわけです。

P6193108.jpg

 荷物がちょっと重めだったため、珍しく鞄をチェックインカウンターで預けてみました。
 すると、検査ではねられた、リチウムイオンバッテリー。

P6193107.jpg

 裸のバッテリーは、端子がショートした時に、発火する恐れがあるということで、預ける荷物に入れられません。パソコンやカメラに装着していれば問題ないのですが。

P6193102.jpg

 8時の便でも乗れたかもしれませんが、私の便は8:20。

 朝飯にしました。

P6193106.jpg

 780円だったかな。

IMG_4976.jpg

 例によって霧に覆われた仙台周辺。

 離陸して上昇すると、雲の上。早めに窓側を予約したのに、結局外界は殆ど見えませんでした。

P6193112.jpg

 シートベルト着用サインが消えて、機内モードでiPhoneを立ち上げ、地図ソフトを起動しましたが、反応なし。

P6193116.jpg

 GPSは受信できるはずなので、動作は可能なのですが、ネットに繋がっていないため、地図が降りてこないんですね。なるほど。

 半月が見えました。

P6193118.jpg

 機材は30年前、ドイツ時代にもよく乗っていた737。当時はちょうどゴルフⅡが発売された頃(現在はゴルフⅦ)ですから、それと比べても、超ロングセラーですね。

P6193121.jpg

 9:30には新千歳空港に到着です。

IMG_4978.jpg

 仙台からある程度の便がある都市なら、これくらいには現地の空港に到着できるわけですね。

 新千歳の場合は、9:50ころの快速に乗れました。

IMG_4979.jpg

 札幌駅到着は10:30くらい。半袖だった私には、かなり涼しい朝。

IMG_4980.jpg

 駅前には、ビヤガーデンがありました。
 仙台駅前のペデストリアンデッキも、もう少し広ければ出来ないことはないですね。

IMG_4981.jpg

 目的地まで少し散歩。

     IMG_4983.jpg

 さすがにこの時間ではホテルにはチェックインできませんが、荷物を預けます。

 大通公園周辺を歩いて暇つぶし。

IMG_4984.jpg

 まずは昼飯か、どうしよう。下調べも全くしていないし。

IMG_4987.jpg

 なんとなく、雰囲気で此処に。

     IMG_4993.jpg

 昭和41年創業に惹かれました。

     IMG_4988.jpg

 11:30頃、ちょっと早めの昼飯です。

     IMG_4989.jpg

 札幌ラーメン目的の旅行なら、10:30に開いてる店があればまずそこで一食目、14時ころに二食目、夜に三食目ぐらいはいけそうです。

IMG_4990.jpg

 みそ、750円です。

 やっぱり黄色い中太麺。

     IMG_4991.jpg

 元祖札幌ラーメンという感じでした。ちょっと口臭が心配。

 このあとは業務(中略)。

 夕方、再びホテルに一旦戻ります。

IMG_5010.jpg

 中殿ホテルという、小さいけれども、とても感じの良いビジネスホテルでした。

 すすきので懇親会。歩いて行けました。

     IMG_4998.jpg

 全国の地酒が、特別に飲み放題です。

IMG_4996.jpg

 青森と岩手の人は、若干憤慨。

 私は、新十津川の金滴「北の純米酒」、夕張の北の錦「冬の花火」、栗山の北の錦「まる田」、最後は大山も。

 こちらのメニューは残念ながら飲み放題には含まれていません。

IMG_4997.jpg

 二次会のあと、また深夜にホテルまで歩きます。

IMG_5004.jpg

 誘惑ですね。もうしばらく札幌に来ることもなさそうだし。

IMG_4999.jpg

 正油ラーメン、760円。

IMG_5001.jpg

 こちらは現代風です。麺はやっぱり黄色いけれど。

     IMG_5002.jpg

 0時過ぎにホテルへ。

 小さな大浴場があるのですが、ちょうど0-6時のみが使えない時間帯。

     IMG_5007.jpg

 結局部屋の風呂を使い、即寝て、朝に入らせてもらいました。

 そして入浴後には、あの試合。

IMG_5006.jpg

 燃え切れない内容で、ハーフタイムには食堂に降りて朝飯です。

IMG_5008.jpg

 食堂にもデジアナアダプター付きのアナログテレビがありました。

IMG_5009.jpg

 部屋に戻って後半も見ることが出来ましたが、イライラが募るばかりだったのは、皆さんと同様。

 試合終了とともに、日本じゅうのワールドカップに対するテンションは、20分の1ぐらいになった気がします。

 再び業務を終えて、今度は大通公園付近で昼飯。

     IMG_5036.jpg

 居酒屋昼飯にありつけました。

IMG_5037.jpg

 650円のザンギ定食です。

IMG_5038.jpg

 初めて北海道に上陸した時のことをいろいろ思い出しました。



 ウィキの鶏の唐揚げの項目から、ザンギは北海道で広く用いられる呼称である。料理の名前であり「から揚げにしたもの」という意味を持つと、くしろザンギ推進協議会 は定義している。また、日本唐揚協会や北海道ザンギ愛好会によると
「ザンギ」と「唐揚げ」の垣根が曖昧なこともあり、同一のものとする見方が強まっている
という見解を示している。
関連記事
テーマ : 国内旅行記  ジャンル : 旅行

Comments

北海道は業務でしたか
風写さんへ
ラーメンより定食の方が安い。いいですね。
それにしても、沢田研二ののカバー知りませんでした。
久世光彦演出の「源氏物語」かすかに覚えています。
こんな生々しいシーンあったかな?

ちなみに北海道の北の果て出身の相方に、「ガンギって知っってる?」と聞いたら、「知らない。子どもの頃、唐揚げなんて食べたことないし」だって。
kazuさんへ
雁木は雪国の木製アーケードですか。

定食が安い。
たしかに私もまとめてて気づきました。
一般には麺類のほうが安い印象がありますね。

ラーメン屋さんもプラス50円100円で、チャーハンや餃子・豚丼付けたりサービスしてますが、私はそんなに食べられません。
はははっ
風写さんへ

ガンギではシャレにもなりません。
パソコン打ちミス。
もと編集者としては許せない。
しっかり読みなおせ!
kazuさんへ
FC2ブログは、コメント時にパスワードさえ入れておけば、いつでも編集できますので、失敗を恐れず、書き込みください。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: