風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 美味いもん

Comment (6)  Trackback (0)

喜多方にも行きたかった?

 関西関東程ではないのですが、毎日良く雨が降りますね。嫌な季節です。
 冬から春にかけて、乾燥注意報が出ている間は、観賞魚水槽の水の蒸発が早いのですが、めっきり減らなくなっています。
 週末は広瀬川の増水を知らせるサイレンが鳴り響いていました。

 梅雨入り前のツーリング記事もこれが最後です。

 JR山都駅に立ち寄ったことで、想像はつくと思いますが、この日の昼飯は此処。

DSC05472.jpg

 山都の町から車で15分ほど、山間の渓流沿いを登った宮古にある、懐石そば、かわまゑ。

DSC05471.jpg

 品書きは、コース料理のみ。かつては予約だけを受けつけていた店なんですが、今は飛び込みでもOK。

DSC05466.jpg

 それだけ街なかや郊外にも手打ち蕎麦の専門店が増えて、わざわざ名所まで足を伸ばす人が減っているということなんでしょうか。団体や会社の社員旅行も減っているかもしれません。

DSC05465.jpg

 玄関奥の囲炉裏端に座って、注文を選んでいる間に、席が用意されます。

DSC05470mo.jpg

 他に独りで来ている客は居ません。

 前菜セットは、はじめからある程度準備されていました。一番安価な2500円コースです。

DSC05467.jpg

 こづゆと、にしんの山椒漬、定番ですね。

DSC05468.jpgIMG_4888.jpg

 そして、これが目的と言っても過言ではない、刺身こんにゃく。透明でプルプルくにゃくにゃ。

     IMG_4887.jpg

 1kgで500円のお土産もゲット。

 山菜天とお蕎麦。

IMG_4889.jpgIMG_4890.jpg

 前回初めて来た時は、律儀に前菜をいただいてから蕎麦が来たので、あまり食べられなかったのですが、蕎麦は食べ放題なんですね。

 このワイルドなお椀そばが美味いんです。

     IMG_4891.jpg

 漬物や天ぷらはだいぶ残したにもかかわらず、結局二椀しか食べられませんでした。民宿の朝食が敗因。

 どれをとっても、ゴージャスで美味しいのですが、税抜き2500円は今どきちょっと高いかなと思います。
 前回は2000円からでした。

     DSC05475.jpg

 途中にできていた名水汲み場で給水。

DSC05474.jpg

 このあと一旦山都の市内の方向に戻り、別の谷道で、北を目指します。

DSC05479.jpg

 以前記事でも書いた記憶がありますが、山都から山形の飯豊方向に新しい林道が開通していたはずなんです。

 何十年も待ち望んでいた峠道が開通したのだから、もう少し、案内看板が出ていてもいいはずなんですが、一ノ木にある、いいでの湯を過ぎてやっと標識を発見。

DSC05481as.jpg

 ここから飯豊の白川ダムへ抜けられるはず。

 ここを走り抜けるのも、今回の旅の目的であったのでした。

 工事中が多かったり、脇道通行止めの標識もありましたが、なんとか進むことが出来ました。

 そうしたら。

DSC05482.jpg

 最近舗装されたと思われる綺麗な道路が、見事にえぐられていました。
 ここまで傷んでたら、関係者でも通れんわい。

 全く残念ですが、また来た道を戻り、途中で左折、喜多方へ抜けます。
 そもそも喜多方って、来た方向っていう意味か。

DSC05483.jpg

 遠くに霞む磐梯山。

DSC05485.jpg

 会津田島の酒も買っているし、山都宮古のぷるんぷるん刺身こんにゃくも買ってきたので、喜多方は素通り。

DSC05486.jpg

 国道121号線で大峠越え。

DSC05488.jpg

 米沢から、高畠を抜け、山形市内から山形蔵王インター、そのまま高速で帰宅しました。
 旅の最後はいつももあっさりです。



 二ヶ月続くと予想さている長梅雨。
 合間の青空と、来るかどうかわからない夏と、ワールドカップでのサムライブルーの活躍と、ホタル鑑賞会を楽しみに、昔の写真でも眺めてます。

関連記事
テーマ : 蕎麦  ジャンル : グルメ

Comments

蕎麦打ちしませんか?
私も蕎麦屋100軒達成したのを機会に、蕎麦打ちを始めました。
うどん屋も、もうすぐ300軒になるので、同じ道具でうどん打ちも始めようと思っています。
風写さんも、蕎麦打ち始めませんか?

色白でキレイな刺身コンニャクですねー。
ツルツルなのもいいけど、
この辺でも見かける気泡が残った色黒ちゃんも好みです。
醤油などのタレにも絡みやすい。
大好きなスポットの一つ
大内宿や会津、喜多方、そして大峠は大好きなスポットの一つです。121号線もいい道になりました。今回の足は、ジムニーでしたか?
私も、ずいぶん前にジムニーのツーサイクルに乗ってました。白い煙をマフラーから出しながら・・・。
コンデジを手放すときには是非、声を掛けてください。息子がほしがっていました。
百日紅さんへ
蕎麦打ちですか。ブログは読ませて頂いています。
イベントの余興ぐらいならやってみたい気はありますが、一人で黙々と打つ作業は性格的に合わないように思います。

料理好きの友人が、最近満を持して始めています。こちらをどうぞ。
http://bimikyusin.blog109.fc2.com/blog-entry-624.html#comment3373
anegoさんへ
今まで生きてきた中で最高に美味い蒟蒻です。
ただ賞味期限3日(刺身食いの場合)なので1kg買ったら食いきれませんでした。
次回はおすそ分けします。

かわまえで食事をしなくても、蒟蒻だけ買うことも出来そうでした。
binkenさんへ
会津は本当に広くて多様ですね。
121号線は、会津縦貫北道路なんてのも出来てます。喜多方が磐越道からちょっと離れているための措置でしょう。

教育者でもあった祖父が、会津のことを書いた本が何冊か残っているので、いつかじっくり読みながらのんびり旅したいと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/hoosha/s/%C1%C4%C9%E3






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: