風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 音楽

Comment (0)  Trackback (0)

風の枕って?

 一昨日、風車とホルスタインの写真が撮りたい話をしました。
 風力発電機が立っている場所って、まあ風が強いのは当然ですが、他にも二つ条件があります。ひとつは、電力送電幹線が近いこと。すごいすごいといっても火力や原子力よりは非力なので、風力発電所専用の送電線を長く引くのは、コストに合わないようです。もう一つは、道路があることです。組立にクレーン等重機が必要なので、そのためのしっかりした道路が無いと作れないのです。このおかげで、私もお参りできる訳です。
 それで、もちろん大規模なウインドファームでは、このために道路を作ったように見受けられるところもありますが、好適地にすでに人の手が入っていれば好都合なわけです。よって、山の上の牧場は、牛さんでも登れるなだらかな山稜が普通で、すでに道路があるか、細くても拡張しやすいので、ホルスタインと風車の同居が良く見られるわけです。

 ちなみにドイツのシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州 にホルスタインの名前は由来しているのですが、この州はドイツの最北部に位置し、北海にも面していて、風車の本場オランダも隣にある事からも、強風が吹き荒れることは容易に想像がつき、本国のホルスタインも、多くが風車のそばで草を食んで反芻しているのでしょう。

 で、ホルスタインと言えば、私より若い3-40代の方は、ゲートウェイのパソコンの箱を思い出すと思いますが、私の世代は、ピンクフロイドの「原子心母」のアルバムジャケットですね。(やっとピンクフロイドまでつながった)

 

 1970年発表の「原子心母」は左の写真、牛さんのカメラ目線が印象的ですがこのタイトル、原題Atom Heart Motherのなんと直訳なんですね。安易です。安直です。立川直樹さんの解説では、心臓に疾患のある妊婦が原子力のペースメーカーを入れて生きながらえて出産する、云々とありますが、ホルスタインとのつながりは何か母性と言うようなことでしょうか。
 右のジャケットは翌71年発表の「Meddle/おせっかい」です。これはどうも耳の拡大写真ですね。

 実は中学生のときに初めて紛れ込んだ「箱根アフロディーテ」と言う野外ロックコンサートのメインゲストが当時初来日のピンクフロイドで、前のバンドが終わって1時間以上「One Two One」とマイクテストをやっていたのは覚えていますが、演奏は難しくて良く判りませんでした。
 しかしその後は、いつからかお気に入りのバンドとなり、今でも「Darkside of the Moon/狂気」は、私の中でBest5に入るアルバムです。
 また、写真の2枚のアルバムも狂気に劣らず、愛聴盤になっています。

 この「Meddle」の1曲目が、「One of these days/吹けよ風呼べよ嵐」です。この曲は、日本語タイトルのおかげか、今でもさまざまなドキュメンタリー番組や、ニュースの特集、バラエティ番組等で効果音兼BGMで使用されていて、ピンクフロイドの演奏と言うことを知らずに聴いて覚えている人が多いだろうという点で、ゴンチチに近いものがあります。当時の担当ディレクターの翻訳センスは、原子心母も含め、??ではありますが、売り上げには大きく貢献していると思われます。私にとっても、台風中継の折には心の中で鳴り響いている曲です。
 しかし今日のタイトルはこのアルバムの2曲目です。「A Pillow of winds」特に奇抜な翻訳タイトルは付いておらず、まんまピローオブウインズです。風の枕、でしょうか? 優しいスライドギターとギター・ヴォーカルの普通の曲、私の印象は、そよ風の吹く草原で、一眠りしているような曲です。いいですね。でも、そよ風しか吹かない草原は、風力発電には向いていません。 終わり
 
関連記事
テーマ : 洋楽  ジャンル : 音楽

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
最新の記事
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2019