風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: カメラ

Tags: カメラ  

Comment (5)  Trackback (0)

モダンカメラマンⅩⅧ

 2007年3月にブログ「疾風の通り径」を書き始めて、最近こそ食い物ネタが増え、一見ごく普通のブログっぽくなっているかもしれませんが、開始当初の中心ネタは、風力発電機クラシックカメラでした。

s-R1053241.jpg

 疾風の通り径での、手持ちのクラシックカメラの紹介は72回、オートフォーカスが登場する1985年あたりを境にそれ以降のカメラは、モダンカメラマンというシリーズで、17回記事にしています。

R1052928cs  R1052622.jpg

 我が家のカメラは、かつての勢いこそ無い(置き場所が無い)ものの未だにじわじわ増殖しており、今後もこの新しいブログサイトで、引き続き紹介を続けることにします。

 総合カメラINDEXはこちらです。

 昨年、マイクロフォーサーズマウントが発表されて以来、このレンズマウントこそが、レンズ交換式デジカメの主流になるかもしれない、理想のシステムに近いのではないか、熱く語ってきました。

 最初のμフォーサーズ、  オリンパスからも出るか?   ついに登場EP-1

 使いやすいカメラの大きさと、センサーサイズというのは、手持ちで撮影できる程好いヴォリュームと、必要十分な画質のトレードオフ。

 フィルムを使用するカメラでは、長い間にさまざまなサイズが試されたわけですが、結局35mmが生き残ったわけです。

CCD_SIZE.jpg

 デジタル一眼レフカメラの世界は、主にレンズの遺産をフィルム時代から引き継いでおり、広角撮影がメインのカメラマンは、小さいセンサーのカメラに移行するためには、新たにレンズを買い揃えなければならないという、問題があるんですね。

 レンズは機械的、電気的に互換性を持たせられるのですが、大きなセンサー用のカメラを、小さなセンサーを持つカメラに装着すると、1.5倍から2倍の望遠寄りになってしまうし、その逆では、四隅が蹴られたりするんです。
 つまり光学的に完全互換ではないのです。

 上下の図でもわかると思うのですが、実際のセンサーサイズを比較すると、35mmフルサイズと、コンデジの1/2.5インチの間にはかなりの開きがあることがわかります。

 センサーの性能、特に感度を上げるには、面積が大きな方が良いのですが、ご存知のように35mmフルサイズのカメラは高価、恐らくセンサーの原価が全体の半分前後になっていると思われます。

 一方20倍とか30倍の固定ズームレンズが搭載されているアマチュア用のカメラが、1/2.5インチのセンサーを使用していることからわかるように、倍率という点では、センサーが小さいほうが、高倍率のレンズが作れるわけです。

file_20060517T145841750.jpg

 それでトレードオフバランスが一番良いのが、フォーサーズかAPS-C程度のサイズではないかといわれているんですね。

 さらにマイクロフォーサーズは、一眼レフ用のプリズムファインダー系を使用しない前提で、フランジバックを従来の半分に縮めた規格。

 コンパクトで高性能なレンズが作れるはずなんです。

 それで、もちろん入手してしまったわけ。

R1056190.jpg

 Panasonic LUMIX DMC-G1です。

 今は動画も撮れるGH1という機種にモデルチェンジしているのですが、私のG1は、GH1には無いブルーボディ。

R1056192.jpg

 Panasonicの社風なのかもしれませんが、世界初のマイクロフォーサーズのカメラだというのに、まるで光学式ファインダーを持ってる一眼レフスタイルなんですね。潔くない。歴史を作ろうという意気込みも無い。

R1056194.jpg

 ファインダーののぞき窓の右側にセンサーがついていて、顔が近づくと、自動的に液晶モニターから表示がファインダーに切り替わるのが、このカメラならではの一番。

 ファインダーの切れも文句無く、初めてこれを見たときには、もう光学ファインダーは要らなくなるかもとさえ思いました。

 液晶モニターはフリーアングルなので、自分撮り(しないけど)にも使えます。

R1056193.jpg

 質感はコンパクトカメラ並みで、持つ喜びはあまり感じられませんが、とても使いやすいカメラなんです。

 大きさというと、

R1056195.jpg

 標準的な一眼レフサイズともいえる、Pentax K10よりはふたまわり小さい感じ。

 Leica M3と較べても、一回り小さいかな、厚いけど。

R1056197.jpg

 強いて同じくらいのサイズのカメラを探すと、

R1056198.jpg

Leitz minolta CLか、Contax G1が近いようです。

R1056196.jpg
 
 撮像素子、つまりセンサーは、通常露光しています。
 光学ファインダーがありませんから、液晶モニターで表示するにしても、ファインダーで見るにしても、常にライブビュー動作。

 つまりセンサーは、常時絵をモニターかファインダーに表示するために動作していて、シャッターを押すと一旦フォーカルプレーンシャッターが閉まり、再び撮影のためにシャッターが開くのですね。

RIMG0001_20091018170055.jpg

 なので、シャッターを押すと一旦モニターとファインダーは、1秒ほどブラックアウト、その後撮れた画像を2-3秒ほど表示して元に戻ります。この画像レビューはオフすることも出来ました。

 この方が使いやすいように思います。

 あとはこの二回開閉を繰り返すシャッター音が実に安っぽいです。何とかして欲しい。電子音じゃ困るけど。

 そしてこのカメラシステムの最大の遊びどころ。

R1056199.jpg

 フランジバックが短い規格なので、原理的にはこれまでのほとんどのレンズマウント用のアダプターが作れるんです。

 いろいろと入手してしまいました。 病膏肓。

     R1056200.jpg

 まずは、Leica Mマウント用。
 Mマウントのフランジバックは27.8mm。マイクロフォーサーズは20mmなので、7.8mm下駄を履かせることになります。

R1056201.jpg

 続いて、Nikon Fマウント。FBは46.5mmです。

R1056202.jpg

 そして、FB=45.46mmのPentax Kマウント。

R1056203.jpg

 さらに、FB=47.0mmのLeica Rマウントです。

R1056204.jpg

 異種レンズを装着する場合、もちろんオートフォーカスや絞りの制御は働きませんが、"A"モード、絞り優先オートで使用することが出来ます。
関連記事

Comments

デジタル・・・怖い!
おはようございます。
(と言っても、世間の方たちはまだ夢の中でしょうが[笑])
未だデジタルには足を踏み入れていない私ですが、マイクロフォーサーズの魅力にはちょっと心が傾きつつあります。
ただ、デジカメの利便性を知ってしまうと、今有る40台のフイルムカメラたちを疎かにしてしまいそうで、非常に怖い気がします。
その辺の心の整理を風写さんはいかになされていますか?
怖ければやめましょう
Valveさん
おはようございます

デジタルを使い始めると、まずフィルムカメラの出番は激減すると思われますので、不満が無ければ今のままのほうが良いかも知れません。

私はクラシックカメラファンである前に、技術屋であり、デジタル小物大好きなので、音楽はCD、iPod、テレビも地デジ、写真はデジカメです。

例えばバッハもビートルズも好き、落語ファンだけどサンドウイッチマンも好き、クラシックカーを毎日磨いているけど、通勤はフォーツーみたいな感じでしょうか。

要するにどちらも好きです。クラカメとデジカメ。
理想は35mmフィルム型のデジタルセンサーですね。

車二台つないでツーリングには行けませんが、カメラは何台でも持って歩けますから。

マイクロフォーサーズは、次のオリンパスを待ってみましょう。って私はもう2台買ってしまったのですが。

アドバイス有難う御座いました。
決してデジタルが嫌いな訳ではないのです。
地デジなどは、ギリシャ/アテネオリンピックの前からsonyのKD-36HD900とsharpのDV-HRD20を使って観ていました。(地デジアンテナも自分でたてて、NHKの技術の方に来ていただき、調整していただきました。)
オーディオも真空管アンプとアナログプレーヤーのピュアオーディオセットとサラウンドアンプの映像用セットが狭い部屋でひしめき合っているんですよ。
昔は、高一の時から秋葉通いをしていたオーディオオタクでもあったのです。(笑)
初めまして
 LYNX☆さんやここに書き込まれているValveさんとはmixiでお付き合いをさせて頂いているものです。
 クリスマスの日に、このG1を購入しました。サブで使われている方が多いようですが私はメインです。デジタルでは初めての一眼です。
 軽く小さい、旧レンズが活用しやすい、価格が安い(安くなった)の理由で選びました。
 今後とも宜しくお願い致します。

上田屋さん
valveさん
了解しました。
よろしくお願いします。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2019