風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

search :  大山新酒・酒蔵まつり 

2017-05-14 街角探検

今年は2月に来られなかったから

 ゴールデンウィークは、二度日帰りバスツアーに行き、市内のホヤまつりに出掛けた以外は、ほぼ自宅謹慎状態、友人たちの旅レポを追いかける毎日だった。 楽しい報告を読んでいて、むっくり旅に出たくなり、人々が職場に復帰した8日に、国道48号を西へ。 鳳鳴四十八瀧やニッカウヰスキーの前を通って、山形方面へ。 関山峠を越えて、大滝でトイレ休憩。     ...
2017-02-05 アルコホリック

前にも書いたかな

 2007年から10年連続で出陣した、庄内鶴岡の大山新酒・酒蔵まつり。 今年は蔵めぐりチケットを買い損ね、なぜか恒例のクラブツーリズム弾丸バスツァーも非開催。 仲間ともども、あきらめることになりました。 それで、しぼりたてではないかもしれないけれど、同じ酒は買えるはずと、一押しの冨士酒造のホームページを毎晩チェックしていたら、先月26日に発売。 さっそくポチして、28日の土曜日に到着。      このぐらい...
2016-02-09 美味いもん

ギュギュっと詰め込んだ

 いよいよ今週末は、大山新酒・酒蔵まつり。 ややマンネリ感はぬぐえませんが、2007年からなんと10回目の参加ではないですか。 表彰されても良いくらいです。 さて、最近社内に木の屋水産のお得購入ルートを開拓。 さっそくお願いしました。...
2015-07-18 祭りだワッショイ

夏の予定の皮算用

 今日はこれから酒呑み仲間と、一泊で鶴岡の庄内酒まつりに出かけます。二回目。 昨年はBISUIはんぞうでチケットをゲットしたのですが、今年はなんとコンビニで買えました。 プラスチック升は、昨年のものです。こうなると大山新酒・酒蔵まつりチケットも、来年はコンビニ販売か。 来週末は仕事だけど、市民広場で夏まつり。 次の週末は、初めてさんさ踊りを見るために、盛岡に宿だけ予約しています。 8月5日は、また仲間と...
2014-02-12 アルコホリック

ちょうどいいのがむずかしい

 旧本店のブログサーバBROACHが6月に閉鎖されるということで、試しに昔の記事をいくつか、こちらのブログにコピーしてみました。右下の方の月別アーカイブ、2007/3のあたりをクリックしていただけると、当時の記事が、FC2で読めます。つたないなぁ。 大山新酒・酒蔵まつり2014。第19回です。 今回どまんなか商店街で、幕末の酒蔵リストをいただきました。東北の小灘と呼ばれた大山の酒蔵。 40蔵もあったんですね。 残っている...
2013-03-03 アルコホリック

今週も激旨二本

 昨日の暴風で免震構造の我が家、マンションごと揺れていたような気がします。 今週ちびちび頂いたのは、白梅と黒龍。 Black & Whiteというか、スノー&ドラゴンと呼ぶか。 白梅俵雪、この七年で、好みに近づいてきたと思いますが、まだ栄光冨士の方が好き。 フレッシュさが足りないかな。 黒龍吟醸垂れ口は、大山呑んだくれバスツアーの時に、さっちゃんが一升瓶を持ち込んでくれた垂れ口とは、ちょと違うかもしれないけど、...
2013-02-10 バスツアー

満席のマイクロバスで

 昨日は、恒例、大山新酒・酒蔵まつりが開催されました。 今年で第18回。 私は7年連続7回目の参加となりました。 天気は良好。日本海側は吹雪との情報もありましたが、少なくとも前半は順調でした。 初めて参加した第12回は単独、翌年は4人で、高速バスとタクシーを乗り継いでの参加でした。 三年目と四年目は、バスツアー会社の日帰りバスツアーでの参戦。 五年目の第16回からは、マイクロバスをレンタルしての参加。今年...
2013-01-30 美味いもん

雪のち青空

 日曜日は未明まで雪が降っていたようです。 朝には上がリ、昼前には晴れて来ました。 それで、早速車の雪下ろし。 ごらんのように、この駐車場は誰も雪かきしてません。ナチュラルフィールド。 隣の車が居ないと、どこに停めていいのか、全くわかりません。 積雪は5cm程でしょうか。二台向こうは、2日分。 昼飯処を探しつつ八幡方面へぶらぶら。       香菜は、もちろん閉店したまま。 鍋焼きうどんでも食おうかと...
2012-02-14 アルコホリック

呑兵衛たちの輪

 先日、新聞で目に付いた記事。びっくりしました。 なんでも、酒税の還付請求状況から割り出した数字とのこと、大きな被害の中では小さなものですが、こんな数字も出てくるのですね。もちろん個人の被害は含まれていませんね。 今回の大山ツアーの獲物。担いで帰ってくる量としては、このあたりが限界です。        ほぼ例年通り、栄光冨士と大山のしぼりたてを二本ずつです。        どまん中商店街で販売され...
2012-02-13 アルコホリック

呑んで呑んで呑まれて呑んで

 さて今年の二月の第二土曜日。仙台駅8時集合です。 今年の大山新酒・酒蔵まつり、風写隊呑んだくれ雪見バスツアー、通称「大人の遠足」。 ついにこれまで最高の27人が集まりました。 大山で開かれる祭りで、新酒を試飲するツアーなのですが、高速に入る8時半には最初の一升瓶の栓が抜かれます。 なおちゃん、パーキングでも呑むのかな。        いろんな酒をちびちび飲みながら、西へ西へ。 月山道路の圧雪は、ハン...
Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


FC2 Management