風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 街角探検

Comment (2)  Trackback (0)

ある意味美しい

 永代橋から、永代通りをぶらぶら歩いて、日本橋。

 三越の建物も立派ですね。

     DSCN0524_20140111152424b06.jpg

 昔の画像を発見しました。もちろん私の撮影ではありません。

日本橋4

 ここで昼飯。

     DSCN0525_201401111524260df.jpg

 初売りと、箱根駅伝でかなり人が出るので、老舗の洋食屋さんが開いていました。

IMG_3936.jpg

 食工房あらじん。HPはこちら

DSCN0532mo.jpg

 日本橋に、こんなお店があるんですね。

DSCN0526_20140111152427226.jpg

 三ヶ日ということで、平日の日替わりメニューはありません。

 あらじんコロッケ定食。1200円です。

DSCN0528_2014011115242851c.jpg

 まさに洋食屋さんという感じの、コンソメスープ。

DSCN0529_201401111525132aa.jpg

 コロッケというよりも牛肉メンチ。美味しい。

DSCN0531_201401111525154d7.jpg

 満足して日本橋の見物です。

DSCN0523_20140111152623409.jpgDSCN0520.jpg

 それにしても凄い彫刻ですよね。

 高速が通る前の画像。

日本橋3

 そして現在。

DSCN0533_20140111152518361.jpg

 翌日箱根駅伝のランナーが通るので、準備に大忙しでした。

 大昔の画像。

日本橋1

 Wikiから。
 現在の日本橋(第19代)は平成11年(1999年)5月13日国の重要文化財(建造物)に指定されている。しかし首都高速道路に覆われてしまっている現状から、都市景観の在り方を含めた多くの議論を抱える。平成18年(2006年)には有識者会議である「日本橋川に空を取り戻す会(日本橋みち会議)」が、首都高速道路を地下に移設して周辺を親水公園などに造り変えるという再開発構想をまとめた。小泉純一郎首相(当時)もこの構想を後押しする発言をしているが、試算5000億円といった莫大な費用が見込まれることもあり、石原慎太郎東京都知事(当時)は反対し、「日本橋の方を移転させるべし」と発言している。都市景観の問題や行政の問題対応能力と絡めて韓国・ソウルの清渓高架道路の撤去計画と対比されることもある。

 遊覧船が運行されていました。

DSCN0522.jpg

 見苦しいという意見が、一般的な高速道路ですが、建築物として眺めると、実に優雅なカーブを描いているんですね。

DSCN0535.jpg

 CADなんて無かった1960年台の設計技術で、ビルの谷間によくこんな道路と橋を造れたものです。

DSCN0536.jpg

 とても言葉では説明できない複雑怪奇な江戸橋ジャンクション。

DSCN0537_20140111152627619.jpg

 首都高が出来た頃、友だちのお父さんか誰かの車にのせてもらって、走ったこと、出る予定がないところから出てしまったことを想い出します。通行料は150円だったかな。

DSCN0539.jpg

 街のど真ん中に高架の高速を通すという発想は、欧羅巴の街にはありません。日本で言えば京都と同じですね。

DSCN0540_20140111152644c10.jpg

 その意味では画期的な道路システム。

DSCN0543.jpg

 新幹線とともに、東京五輪が決まり、本来ならば従来の鉄道を高速化したり、道路を拡幅すべきところを、えいやで創りあげた日本人的なシステムです。

DSCN0544.jpg

 機会があったら、江戸橋でじっくり眺めてみてください。

     DSCN0549.jpg

 感動します。

DSCN0550.jpg

 日本橋川沿いのとあるビルの裏側というか、川側の非常階段に上がれたので、渋滞中の車のドライバーと目を合わせないように撮ってた写真です。

DSCN0553.jpg

 誰か、知ってる人が通ってなかったかな。

DSCN0555.jpg

 Google Earthから。

江戸橋ジャンクション

 左端が日本橋、中央左が江戸橋、右下が鎧橋です。
 カーナビを使うようになってから、ほとんど首都高を走ったことはありませんが、画面を見ながら走るのは危険ですね。

 そして、有名な葛飾北斎歌川広重。

日本橋

 昔は良かったですね。

関連記事
テーマ : 建築デザイン  ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments


日本橋の凄い彫刻。既にご承知でしたら失礼ですが、東野圭吾の小説、麒麟の翼の冒頭に描かれていますね。 さすが風写さん、目の付け所が違います。
佐瀬さんへ
いえいえ知りませんでした
情報有り難うございます






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: