風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 博物芸術

Comment (4)  Trackback (0)

清洲会議とは無関係

 ケースケ本田、イタリアデビュー果たしましたね。
 3本はシュートしてたのではないでしょうか。

 しかし2-0から2-4、そして3-4。野球みたいな得点展開でした。

 新年二日目の朝食は再びDenny's。
 前回の記事では書き忘れましたが、店に入るとスタッフが「ようこそデニーズへ!!」と唄うように声出しするのは昔と同じ。

     IMG_3931.jpg

 今回も同じサラダモーニングに、おかわり自由のアメリカンコーヒーですが、パンだけ焼きたてに変更。

IMG_3929.jpg

 このサラダ、好きです。

IMG_3930.jpg

 部屋に戻り、荷物をまとめて、ローソンに宅配を頼みます。1000円で翌朝着。

 手荷物はこれでカメラとガイドブックだけ。

 勝鬨橋に別れを告げ、メトロ大江戸線で、清澄白河へ。
 清澄白河で降りるのは、一昨年、東京都現代美術館に来て以来です。

DSCN0411_201401110955130ed.jpg

 清澄庭園。
 ウィキから引用です。

 この地には元禄期の豪商・紀伊國屋文左衛門の屋敷があったと伝えられる。享保年間には下総関宿藩主・久世氏の下屋敷となり、ある程度の庭園が築かれたと推定されている。

DSCN0408_20140111095512fb0.jpg

 1878年(明治11年)、荒廃していた邸地を三菱財閥創業者の岩崎弥太郎が買い取り、三菱社員の慰安と賓客接待を目的とした庭園の造成に着手。1880年(明治13年)に竣工し、深川親睦園と命名された。三菱社長の座を継いだ岩崎弥之助は庭園の泉水に隅田川の水を引き込むなど大きく手を加え、1891年(明治24年)に回遊式築山林泉庭園としての完成を見た。なお、1889年(明治22年)には庭園の西側にジョサイア・コンドル設計による洋館が建てられている。

DSCN0409_201401110955347a8.jpg

 1923年(大正12年)に発生した関東大震災で庭園は大きな被害を受けて邸宅も焼失したが、図らずも近隣住民の避難場所となり多くの人命が救われた。それを受けて1924年(大正13年)、三菱3代目社長の岩崎久弥は当時の東京市に庭園の東半分を公園用地として寄贈。市は大正記念館の移築(1929年5月竣工)や深川図書館の新館舎建設(同年6月竣工)など整備を進め、1932年(昭和7年)7月24日に清澄庭園として開園した。

DSCN0419_201401110955374a8.jpg

 中島を持つ広い池が中心にあり、ツツジとサツキの植えられた「つつじ山」や池の端を歩けるように石を配置した「磯渡り」などがある。また、園内には岩崎家が全国から集めたという名石が無数に置かれている。また池には人に慣れた多数のカメがいて、餌をあげたりと楽しめる。


DSCN0413.jpg

 人が来ると、鴨と鯉が集まってきます。

DSCN0421_20140111095540154.jpg

 都会のオアシスですが、この季節は寂しいもんです。

     DSCN0420_20140111095538d9b.jpg

 テントを張ってる人がいますね。

DSCN0424_201401110957058c7.jpg

 この日の目的地は此処。

DSCN0426_20140111095707e21.jpg

 国の重要文化財、清洲橋です。

DSCN0429.jpg

 清洲橋(きよすばし)は、隅田川にかかる橋で、東京都道474号浜町北砂町線(清洲橋通り)を通す。西岸は中央区日本橋中洲、東岸は江東区清澄一丁目。「清洲」という名称は公募により、建設当時の両岸である深川区清住町と日本橋区中洲町から採られた。

     DSCN0430.jpg

 関東大震災の震災復興事業として、永代橋と共に計画された橋。「帝都東京の門」と呼称された永代橋と対になるような設計で、「震災復興の華」とも呼ばれた優美なデザインである。当時世界最美の橋と呼ばれたドイツのケルン市にあった大吊り橋をモデルにしている(その橋は第二次世界大戦で破壊された後、別の橋が再建された為、現在は吊り橋ではない)。海軍で研究中であった低マンガン鋼を使用して、鋼材の断面を小さくする努力がなされた。


DSCN0431.jpg

 そうなんです。
 東日本大震災でも、復興は橋と港からでしたね。

DSCN0447.jpg

 女性的なデザインとありますが、なんのなんの。

 こんなに鋲が必要だったのか、それともデザイン?

DSCN0432.jpg

 要所要所が、実にメカニックなんです。当たり前ですけど。

DSCN0433.jpg

 ディアゴスティーニで造りたくなるカタチかも(置き場所がないけど)。

DSCN0436.jpg

 もともと「中州の渡し」という渡船場があった場所でもある。
 2000年(平成12年)に永代橋と共に土木学会の「第一回土木学会選奨土木遺産」に選定された。
 2007年(平成19年)6月18日に、都道府県の道路橋として初めて勝鬨橋・永代橋と共に国の重要文化財(建造物)

     DSCN0437.jpg

 東京タワーやスカイツリーもいつか、重文や国宝に指定されるのでしょうか。

DSCN0438.jpg

 美しい橋です。

DSCN0440_201401110958544d8.jpg

 いろんな方向から観てみましょう。

DSCN0443.jpg

 街灯もかっこいい。

DSCN0446.jpg

 底面。

DSCN0453.jpg

 もちろん周辺は美しく整備された遊歩道です。

DSCN0454.jpg

 近くに建つ、凱旋門型のビル。

DSCN0464.jpg

 リバーサイド読売だそうです。

 凧揚げをしている子どもたちがいました。

DSCN0462.jpg

 何故かヘリコプターのオブジェが乗る時計。

     DSCN0472_201401111000401ce.jpg

 ヘリ関連の会社が入るビルなのかも。

DSCN0473.jpg

 ちょうどヘリが飛んできました。

     DSCN0470.jpg

 隅田川大橋から眺める、清洲橋。箱崎の近くですね。

DSCN0478.jpg

 ここから夜景を見ないとダメだな。

DSCN0482.jpg

 水上バスが沢山行き交っていました。

   
関連記事
テーマ : 建築デザイン  ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

又懐かしい場所が!
☆風写さんへ
30年前になるかなぁ~東京勤務で船橋に住んでいた頃、清澄公園を散策したことがあります。
本当に懐かしい風景を写真で見ることが出来、感激です、ありがとう!
地下鉄東西線が通っている界隈はだいたい途中下車して、見物したものでした。
当時はデジタルカメラではなくフイルムカメラでした・・・
昔の写真を探しているのですが整理していないのでなかなか出てきません(-_-;)

東京ぶらり旅、楽しく読ませていただきました。
私の東京の家があります関口から目白台界隈、有楽町から15分の地にありながら、緑豊かな地域です。仙台から訪れる機会はあまりありませんでしょうが、それなりの見所もありますので紹介させていただけたらと思います。

 椿山荘
明治の元勲、山縣有朋の屋敷跡。現在は藤田観光の所有となっており、2
万坪の庭園の中に結婚式場やレストランが配置され、1992年にはフォーシーズンホテル東京が開業しました。豊富な湧水があり真偽の程は分かりませんが、昔サッポロビールが同社のミネラルウォーターとして、利用していたとの話を聞いたことがあります。また、夏のほたる祭りも趣あるものです。

 東京カテドラル
椿山荘の向かいにあるのが、日本のカトリック教会の総本山ともいえる東京カテドラル。礼拝堂は丹下健三の代表的な建築です。まだ娘が小さいころ、クリスマスミサの帰り、おしるこや豚汁をいただいたのが懐かしく思い出されます。

 野間記念館
講談社の旧社長宅を改装した美術館。野間コレクションの名で知られる美術品を中心に、講談社の出版事業にかかわる貴重な出版文化遺産も数多く展示されています。カフェも併設されていますので、コーヒーでも飲みながら、ゆったりとした時間を過ごすのもいかがでしょうか。

 永青文庫
 熊本藩、細川家が、公益法人永青文庫として運営する美術館。現理事長は細川護煕元首相。うっそうとした木立の中にある美術館で、貴重な美術品が数多く所蔵されています。私も中国古美術を中心とする企画展を見たことがありますが、その殆どが重文か国宝。まさにじぇじぇじぇでした。

 関口芭蕉庵
松尾芭蕉が神田上水の改修工事を請け負ったことは、あまり知られていませんね。その住居跡がお茶室としても使われている関口芭蕉庵です。
現在は、講談社・光文社・キングレコードが中心になって設立された「関口芭蕉庵保存会」によって維持されています。

 おまけ
雑司ヶ谷鬼子母神
インドの邪神が釈迦によって改心し、安産・子育ての神となった鬼子母神。境内には江戸時代から続く駄菓子屋があり、鬼子母神商店街は、昭和の香り漂うレトロな商店街です。私のような年代の者にとっては心安らぐ空間です。

昨年の暮れは少し早めに東京に戻りましたので、浅草界隈をぶらり、江戸情緒を満喫してきました。東京は多様な表情を持つすごい都会です。
LYNX☆さんへ
昔の写真、見せてください。
佐瀬さんへ
コメントありがとうございます。

貴重な情報有り難うございます。
ずっと世田谷の田舎で育った私。都会と言っても新宿渋谷しか知りませんでした。
今回たまたま月島の方の友人の別宅に泊まったため、敢えて未知の世界、下町を歩いてみたのでした。

まだまだ知らない東京の顔、これからも機会を見つけては、少しずつ探検したいと思っています。はとバスもありかも。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2019