風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 音楽

Comment (7)  Trackback (0)

最後はバロック?

 硫黄温泉を満喫し、日光連山や旧街道の杉並木を眺め、大谷石の採掘場と、その石で造られた教会に感動した旅の終りは、ここ。

SDIM0017.jpg

 栃木県総合文化センター。

 これも大谷石でしょうかね。違うかな。

SDIM0019.jpg

 ここで従妹がコンサートを開くと言うことで、冷やかしていたら、招待券を手渡され、来ないわけには行かなくなってしまったのでした。

 弦楽器だけ、11人の編成はなんと呼ぶのでしょうか。

 プログラムによると、曲は、

メンデルスゾーン 弦楽のための交響曲 第3番 ホ短調

バッハ ヴァイオリン協奏曲 第1番 イ短調

ヘンデル 合奏協奏曲 作品6 第4番 イ短調

メンデルスゾーン 弦楽のための交響曲 第7番 ニ短調

 短調ばかりですね。

SDIM0018.jpg

 クラシック音楽は嫌いではありませんが、うちにあるレコードやCDと言えば、父が求めた全集ものか、名曲のサビだけをまとめたやつぐらい。

 小中学校の音楽の成績は良かったので、著名な作曲家の名前や楽器の名前ぐらいは知っていますが、上に並んでいる暗号のような呪文のような曲の名前はさっぱり。

 マンションのテレビは、ケーブルテレビ経由でつながっており、ラジヲをアンテナにつなぐとクラシックチャンネルが聴けるのです。
 夜ベッドで、無音が寂しい時に時々聴くのですが、どうもそこで聞いたことがあるような、ないような曲でした。

 ましてや、クラシックのコンサートなんて、たぶん中学校の時に世田谷区民会館で聴いたオーケストラ以来。
 ドイツに8年も居たのに、聴いたことがあるのは、路上ライブ演奏だけ。

 作法がわかりません。
 曲の終わりがわからないので、拍手も周りに倣うだけ。

 流石に写真撮影はまずいと思い、開演前のこの写真だけです。

SDIM0022.jpg

 雰囲気を味わいたい方は、こちらにリハーサル時の写真があります。

 本番時には皆さんもちろん綺羅びやかなステージ衣装でした。

 演奏はゲストの桐山氏はもちろん、全て素晴らしい、楽しいものでした。(私が書いても説得力がありません)
 MCがないのは寂しかったけど、クラシックのコンサートって、それが作法なのでしょうか。

 それにそもそもマイクとスピーカーが無いんですね、クラシックって。

 ちなみにこの栃木県総合文化センターサブホール。
 殺風景に見え、音響が心配だったですが、音響家が選ぶ優良ホール100選に指定されているそうでして、ど真ん中で聴いたせいか、良い音でした。
 関係ないけどプロレスの試合にも使われるとか。

 5時前にコンサートも終わり、速攻で東北道へ。

 小腹がすいているので、前回宇都宮に来たときにチェックしていた上河内SAで、栄養補給です。

 昼にも食べたかったのですが、クラシックのコンサート会場でニンニクの香りは無作法だろうと遠慮していたのでした。

SDIM0026.jpg

 セルフレストランの端っこに併設されている、宇都宮餃子広場。

 餃子しかありませんが、他のブースで、ラーメンや定食を頼んで一緒に食べることも出来ます。御飯と味噌汁だけがあるかは不明。

SDIM0024.jpg

 上は今回のメニューで、下は食べなかった前回のメニュー。

       CA3A0003c_20100225065512.jpg

 流石に30分待ちならやめようと思って、おばちゃんに聞いてみたら、15分だと。
 あまり商売熱心ではないようです。

SDIM0029.jpg

 3種類頼んでも1000円以下の価格設定は嬉しいですね。

SDIM0030.jpg

 同じ鉄板で焼くので、焼き上がりはそっくりです。

 みんな美味しいけど、選択にもよるのでしょうが、思ったより味の違いはありませんでした。

 餃子会館が標準的とすると、わいわいは具が乱切りで歯応えがあり、鵜の木はインド系の香辛料を微かに感じました。



 この日のコンサートの楽曲が、果たしてバロックなのか、はっきりしませんが、ウィキペディアによれば、バロックという語は、真珠や宝石のいびつな形を指すポルトガル語のbarrocoから来ているそうです。
 ならば餃子もバロックかも。

 と言うわけで、ロマネスクでバロックな旅の終わりは、愛する餃子で〆たのでした。
 硫黄とニンニクの香り漂うTTで300km弱爆走して帰宅。めでたしめでたし。
関連記事
テーマ : クラシック  ジャンル : 音楽

Comments

そうそう!!
ココの餃子~どれ食べてもフツーにうまい!!
私も必ずココよります(笑)
焼き方変われば味というか食感=触感が変わってもっともっと美味しくなるんだろうな~って思います。
要はその餃子のお店の独自のこだわりの焼き方。
まぁパートのオバチャン焼いても十分おいしい餃子達ですけどね*^-^*
演奏中、寝てませんでしたか(笑)
なんぼワタシでも、お店でバロックな餃子を1人で20個弱も食べた経験は無いのですがww
無事お帰りで良かったです。お疲れ様でした。
なおさんへ
私も冷凍餃子を定期的に取り寄せて、家で焼き焼きしますが、結構難しいです。
油断してるとたまに底なし餃子になります。
フライパンのせいにしてすぐ買い換えたり。

ところで、ブログ始めてると言う風の噂をどこかで耳にしました。
ぱんだ(親)さんへ
ははは
そうですね
今回はLYNX☆さんと一緒だったので、9個ずつです。
割り勘で4種類頼もうとしたのですが、断られました。
風の~
うわさ」ですょ^-^;
セプテッドまでは聞いたことあるけど
11人だとアンサンブルとはいわないのかな?中人数だし。合奏団だろうな。
絵画はルネサンスからバロックに移ると、ドラマチックでダイナミックになるそうです。確かにバッハのトッカータとフーガ ニ短調 もそう感じますね。
でも、バロックと餃子を結びつけた人はじめてです。
宇都宮は日本一餃子の消費量多い街だそうですね。これだけメニューあるなら、今や巻きずししかお目にかかれない、かんぴょうを餃子に取り込む店はないのでしょうか。
kazuさんへ
宇都宮餃子広場
メニューと言うか、20軒のお店の餃子を毎週5軒セレクトし、その場で焼いて食べさせてくれるようです。
だから各店の代表を直球勝負。
変化球は各店で直接楽しんで下さいと言うことでしょう。

でも楽しいシステムだと思います。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2019