風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: スポーツ

Tags: 温泉  テニス  

Comment (4)  Trackback (0)

食欲とスポーツの.........秋

 想っても見なかった展開です。

 イーグルス、野村監督解任の話は、島田社長と一緒に仕組んだ大きな嘘ではないか、と思わせるほどの効果を生んで、仙台は大きく盛り上がっています。
 選手たちの集中力も、監督を胴上げするという目的に向かって高まっていて、横綱相撲で二連勝。ホークスをまさに蹴散らしました。

 ダルビッシュを欠いたファイターズとの日本シリーズ出場チーム決定戦は、ファイターズに一ゲームのアドヴァンテージがあるにもかかわらず、イーグルス優勢を伝える論評が多いようです。

 今年のパリーグは、結局関東関西のチームが全てBクラス。
 プロ野球にとっては新天地であった札幌と仙台のチームが雌雄を決する戦いに臨む事で、まだまだ日本の野球も捨てた物ではない、メジャーリーグに負けない魅力があるということを感じているところです。

 そしてスワローズ。
 とても横綱相撲が出来る戦力ではありませんが、チームを何とかAクラス入りさせた投手力が戻ってきました。あとは外人の一発頼みと思ったら、昨日はそのとおりの展開で、ドラゴンズに辛勝です。
 この二十年ほど、球界を代表する名打者だった、野村克也、落合博満、若松勉が創り上げてきた両チームは本当によく似ていて、ジャイアンツやタイガースに対抗するチームの理想的なスタイルを追い続けています。
 そして、イーグルスやファイターズも、同類。
 世界一になったWBCの日本チームもそうでした。

 イーグルスが二連勝で札幌行きを決めてしまったのは、仙台の野球ファンにとっては贅沢な、ある意味残念な出来事で、今日の第三戦は試合がなくなってしまいました。
 しかしスワロースは今日も名古屋で大手戦。
 一生懸命応援しているチームが二つもある私は幸せです。

 でもまさか、日本シリーズで、まさかね。まさかですよね。

L1050894.jpg


 そんな大盛り上がりの週末。
 そっと職場を離れ、私はクラブの合宿へ。

CA3A0004_20091018064701.jpg

 会社からだと車で45分ほどで、仙台の奥座敷、秋保温泉に行けるんですね。

 あまりにも近いので、忘年会や歓送迎会を平日に行って、翌日出勤というスタイルも、仙台に来て始めて見聞しました。

 時間の関係で、温泉に入る前に夕食。

L1050887.jpg

 宴会部屋には、テレビが無いとのことだったので、ワンセグテレビを持ち込みましたが、映らず、岩隈の熱投を見ることは出来ませんでした。

 秋保温泉。あきう、と読むのですが、ウィキペディアによると、

開湯時期は不明だが、古墳時代にはすでに存在したとする説も存在する。秋保温泉が歴史に登場するのは、第29代欽明天皇の代である。在位中(531年~539年)に小瘡(皮膚病)に感染し、八方手を尽くして治療を行ったが一向に治らなかったが、秋保温泉の湯を搬送させ沐浴したところ数日で全快したとされ、天皇はその喜びを歌に詠んだ。

“覚束な雲の上まで見てしかな鳥のみゆけば跡はかもなし”(な鳥のみゆ=名取の御湯)


L1050888.jpg

以後、秋保温泉は皇室の御料温泉の一つとして位置づけられ「御湯」の称号を賜り、別所温泉(信濃御湯)、野沢温泉(犬養御湯)(あるいはいわき湯本温泉(三函御湯))と共に「日本三御湯」と称せられるようになった。「名取の御湯」は、「拾遺集」「大和物語」などにも歌われている。御湯であるが、日本三古湯(有馬・道後・白浜)ではない。

     L1050889.jpg

平安時代から戦国時代にかけて、秋保温泉の「湯守役」を勤めていたのが佐藤家である。伊達政宗の仙台入府後、秋保温泉に藩主の御殿湯が整備されたが、この管理も佐藤家に任せられた(現在のホテル佐勘の祖)。

L1050890.jpg

江戸時代初期までは、秋保温泉の源泉は一つで入浴場も一箇所のみであった。この入浴場の周りに宿泊所が設けられていた。当初、この宿泊所も佐藤家だけが管理していたが、1625年(寛永2年)に岩沼屋が、また元禄年間には水戸屋が、佐藤家と縁を結ぶ形で旅籠を開設する。武家はもちろん庶民の利用も活発となり、広く親しまれる湯治場の一つとして賑わうようになった。

CA3A0016.jpg

大正時代に入ると秋保温泉と長町との間に、秋保石の採掘運搬を目的とした馬車軌道が開通した。しかし、所要時間は約2時間20分であり、徒歩での所要時間と大差なかった。その後、秋保石材軌道、秋保電気鉄道へと発展し、所要時間は約1時間に短縮された。さらに、長町駅では国鉄東北本線や仙台市電と接続し、戦後にかけ湯治客の輸送に大きく寄与した(鉄道は1961年(昭和36年)に廃止されている)。

CA3A0014.jpg

 というわけで、この日のお宿は「ニュー水戸屋」

CA3A0013.jpg

 広くて綺麗で立派な温泉旅館です。
 食事は刺し盛その他、撮り忘れたものはありますが、肉も多いし満足です。

CA3A0009_20091018070005.jpg

 温泉は仄かな塩素臭が気になりますが、適温の湯。何度も入るうちに肌がぬるぬるしてきます。

CA3A0011_20091018070005.jpg

 結局夕食後、起きがけ、朝食後にのんびり温泉を楽しむことが出来ました。

 朝食はバイキング。

     CA3A0007_20091018071138.jpg

 しかし、この合宿は、温泉倶楽部ではありません。

 名取川に沿って少し山形方面に上がります。

     L1050915.jpg


 紅葉が始まった河原に、芋煮会場なんかもある「木の家」というアウトドア施設があるのですが、

L1050913.jpg

ちょっとぼろいけど、テニスコートがあるのでした。

L1050907.jpg

 私は一応テニス部員。

 昨年はウェルサンピア仙台という厚生年金施設を使用したのですが、そこが昨今のごたごたで閉鎖。

 今回はこちらで練習なのでした。

L1050909.jpg

 OBの皆さんも含め、7人で3時間練習。

 年間のイベントはこの合宿と、部員の歓送会しかなかったりする倶楽部ですが、もっと練習しなきゃね。

 昼飯は会場内のお蕎麦屋さん。

L1050916.jpg

 天ぷら定食をいただいてお開きでした。

 次回も此処でやるなら、大滝のほうまで足を伸ばした方が良いかも。

 帰宅してマー君を応援しました。
関連記事

Comments


おはようございます。
ものすごい量のブログですね。
ニュー水戸屋、以前、恰幅の良い女将の取材で行きました。もう次の世代になっているのかな。当時も、おしゃれで、ロビーにグランドピアノがあり、コンピュータ制御の演奏になっていました。常務は元TG応援団長?だったかな。 良い宿になりましたね。
テニス部ですかあ。体育会の部員もいるのですか? もしそうだとだったら、たちうち出来ませんね。
体育会出身もいますが、ご老人
kazuさん
TG応援団長??
東京ジャイアンツですか?

いえいえ、TGは、私の母校の大学です。OBはTG会と言ってますが、集まったことありません。
在京の高校OB は、毎年集まっています。でも、だんだん少なくなり、私もちょっと足が向かなくなっています。ほんと、オールドボーイです。
TG
kazuさん
なるほど、ライオンズ岸くんの大先輩たちですね。
高校はファイターズ江尻くんの大先輩。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2019