風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (6)  Trackback (0)

Oooh Yaaah !!

 アナハイムで、米国最大のカメラショー「PMA2010」が開かれていまして、例によって新製品が続々登場中
 でもCanonとPentaxが出展取りやめ。何があったのでしょう。

 今のところニュースをチェックしていて再注目がこれ。

img_001.jpg

 SONYのレンズ交換式一眼?、APS-Cミラーレス機です。

 どこにもマイクロフォーサーズとは書いていないので、またまた得意の独自マウントなんでしょうか。

 展示会ではモックアップだけのようですが、年内発売を目指すそうです。楽しみ。


 それから付け焼刃ではありますが、PMAに出展していないPENTAXから、K-7のSilber Limited。

    02_20100223044718.jpg

 メカニカルで格好良いし、1000台限定には惹かれますが、大体ペンタックスがキャッシュバックキャンペーンをやったり、こんなのを出すと、すぐ新製品が出ます。




 日曜日、奥塩原の宿を出て日光江戸村の辺りを抜け、今は日光市の一部に編入されてしまった今市から有料道路、宇都宮の市内に入ります。

IMGP0770.jpg

 西側の郊外にある、大谷。オオタニではなく、オオヤと読みます。日光には同じ字を書いてダイヤ川と呼ぶ川もあり、日本語は難解。

 見ての通り、ダイヤモンドの産地ではなく、大谷石の産地です。オオヤイシ。

IMGP0767.jpg

 町中の山が大谷石と言うか、大谷石を切り出した谷に道が通って人が住んでいる感じ。

 そこにぽつんとある、大谷資料館。

IMGP0768.jpg

 一階には、大谷石の歴史や、切り出し道具が展示されています。

IMGP0766.jpg

 何故か酒瓶もあったりして。

IMGP0765.jpg

 しかしこの資料館は地下がすごいんです。

        IMGP0720.jpg

 大谷石とは、この大谷町付近一帯から採掘される、流紋岩質角礫凝灰岩の総称で、推定埋蔵量10億トンだそうです。

IMGP0721.jpg

 巨大な地下空間の何処かには日本酒も貯蔵されているようです。どこかな。

        IMGP0727.jpg

 とにかく暗くて巨大。Pentax K-xのISO6400が大活躍です。

IMGP0734.jpg

 ピラミッドの地下に迷い込んだみたい、行った事ないけど。

        IMGP0726.jpg

 12mmからの超ワイドズームを持って行ったのですが、人を入れないとその広さを表現出来ません。

IMGP0736.jpg

        IMGP0740.jpg

 壁面には最後に石を切り出した跡がそのまんま残っていたりします。

IMGP0730.jpg

 一番奥には、オベリスクのようなモニュメント。

        IMGP0750.jpg

 綺麗でした。

IMGP0742.jpg

 町内にはおそらくこのような採掘場が無数にあり、時々畑が陥没してニュースになったりしていますね。

        IMGP0751.jpg

 戦時中には、本物の秘密基地と言うか、中島飛行機、今のスバルの秘密工場があったとか。

IMGP0746.jpg

 最近はコンサートなどのイベントにも使われているそうです。

 天井の通風口と言うか、深さを知らせる目安の穴。

IMGP0760.jpg

 内部の照明が赤いので、外の光が入る場所では青く写ります。

IMGP0763.jpg

 感動して、内部だけでも30分ぐらいうろついてました。

 周囲には、他にも史跡があります。

 大谷観音。

        IMGP0771.jpg

 お堂の中の、大谷石の岩に、平安時代に彫られた、日本最古の石仏、千手観音があります。

 そして平和観音。少なくともベースのの大谷石は、この観音様より高かったことになりますね。

IMGP0773.jpg

 ここには子供の頃にも来た記憶があるのですが、観音様の開眼は、私が宇都宮で産声を上げた三日後。同い年ですか。

 大谷石の最大の特徴は、軽くて柔らかくて加工しやすいこと。見た目もソフトですよね。

IMGP0775.jpg

 でもそれが災いして、大きな地震のときに、悲惨な事故の原因になったりすることがあるのは残念です。

 このあと宇都宮の市内へ向かったのでした。
関連記事
テーマ : 旅行  ジャンル : 旅行

Comments

アイーダのCG背景より迫力!
ISO6400すごいですね。
先日観劇(感激?)したオペラ「アイーダ」の墓のシーン思い出しました。でも所詮CG、やっぱり大谷石の採掘後のほうが雰囲気あります。ローマの神殿かくありなん(見たことないけど)。
我が家の塀の大谷石、大分崩れてきました。昭和40年代はじめ建築。近所も同じ。修復は表面だけ削って、薄版を接着剤ではりつけるようですが、20数万円、だって。高い! 
友人の話では、水がはねるところから劣化していくのだそうです。わが人生を重ね合わせ、見守っていこうと思います。
この地下の大聖堂もどきの場所は、水の影響がないのでしょうね。

大谷石、実家の目の前に大きなお屋敷が大谷石でしたね。いまは、かなりボロボロになってきていますね。
アナハイムは、年末来日した、Yayoiさんが住んでますね、彼女の家から松井のアナハイムも近いそうで、活躍を期待したいところです。
kazuさんへ
いつもコメントありがとうございます。
採掘場の雰囲気を味わっていただけたのであれば幸いです。
確かに宗教とは無縁の場所なんですが、何か神の存在を感じさせる所でした。
また行ってみたくなった場所です。
湖水地方さんへ
明治村に移設されている、旧帝国ホテルが大谷石で造られているそうです。

どうやって保存しているのでしょうね。
何か透明の樹脂を定期的に吹き付けているとか。
映画は........
見たことないけどゲームソフト(PSP)の「ツゥームレーダース」の地下にそっくり。
ソフト作った人、ここに行ったことあるんじゃないかや?と思ったくらい。
私も行ってみたくなりました。
なおさんへ
確かにピラミッドや前方後円墳の地下の納棺室はこんな感じなのかもしれません。

人間はかつて洞穴で暮らしていた時代もあったわけですから、こういう場所で落ち着ける遺伝子もあるのかもしれませんね。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019