風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (2)  Trackback (0)

県境をみっつ越えて

 寒いですね。昨日の仙台、初雪が観測されました。
 まだ街なかではコートは我慢していたのですが、もうダメ。
 今日は東京出張なんですが、コート着ていきます。



 細倉鉱山住宅を後にして、鶯沢で給油し、国道457号線で栗駒山方面へ。

IMGP4594.jpg

 岩ケ崎から県道42号線、栗駒ダムの先を右折して、県道49号線。

 栗駒山の紅葉は終わっていますが、まだ雪はありません。

IMGP4593.jpg

 ゆるやかな峠を越えて岩手県。

 国道342号線を左折します。

PB092605.jpg

 岩手・宮城内陸地震で大きな被害を受けたルートですが、道路の修復はすでに終わっています。

PB092609.jpg

 祭畤大橋の残骸も、気づかないで通り過ぎてしまうかもしれません。

IMGP4595.jpg

 まだ紅葉も綺麗です。

IMGP4596.jpg

 気持ちの良いルート、栗駒山を目指してグイグイ上ります。

PB092610.jpg

 車も少なくて快適。

PB092612.jpg

 真湯の温泉施設でトイレ休憩。

PB092613.jpg

 さらに上ります、真湯の野営場付近、大好きなルートです。

PB092615.jpg

 さて、このあたりからワインディングが始まる、と思いきや。

PB092616.jpg

 な、な、なんと、冬季閉鎖が始まっていました。予想外、想定外。

 仕方なく再び紅葉を愛でながら戻ります。

PB092617.jpg

 この日の目的地は中央分水嶺の向こう側、また細倉を抜けて鳴子経由で山越えするか、衣川から横手を回るか。

 来た道を戻るのは不本意なので、骨寺村荘園遺跡の手前、県道49号線を北へ左折。

 衣川のニュージーランド村近くで昼飯です。

     PB092623.jpg

 百番食堂。

PB092619.jpg

 この辺りに来たら、当然はっとですよね。

 この店では、はっとう定食。玉子サラダが付いてました。

PB092620.jpg

 またまたウィキから引用。
 はっと(はっとうとも言う)は、茨城県と福島県の境にある八溝山周辺から宮城県・大崎地方、岩手県・両磐など、主に東北地方に伝わる郷土料理。
 小麦粉に水を加えて良く練り、熟成させて薄く延ばした生地を茹で上げる小麦粉料理の一種。荏胡麻や大豆、枝豆などでつくった餡を餅のように絡めた食べ方や、各地方独自の野菜や肉を入れたけんちん汁風にうどんの代用として加えた食べ方などがある。食感的にはすいとんより、餃子の皮、あるいはワンタンに似ている。


PB092622.jpg

 さすが手作り。SAや道の駅で売ってる、薄っぺらなはっととは異なります。

 いくつかの由来がある。

 殿様がこの料理を「ご法度」とした説
  小麦粉料理を好む農民が増え、米の生産を怠ることを憂えた殿様が、ご法度を発令した為。
  第2代水戸藩主徳川光圀公が大子町を訪れた際、財政改革の一環として団子汁全般を禁止した為。
  美味しい為に何杯もおかわりしてしまう為、作る事を禁止した為。
 起源となる料理が訛って付けられた説
  小麦粉で作った料理「ほうとう」から。
  平安時代に存在した菓子の「薄飩(はっとん)」から。


 昔も麺喰いは多かったのですね。

 衣川からは、県道37号線。

 小さな滝がいくつか。

     IMGP4598.jpg

 衣川天文台と焼石岳。星が綺麗に見える村だそうです。

PB092625.jpg

 国道397号線に突き当たり左折、やっと西に向かいます。

PB092627.jpg

 紅葉は最終期、ほとんど葉は落ちていますが、山は紅く見えますね。

PB092629.jpg

 このルートも11日から冬季閉鎖とのこと、ギリギリセーフでした。

 作業員が赤白のポールを、ガードレールに次々と挿していました。
 そうか。立てるなら今しかないわけです。

PB092631.jpg

 県境で、中央分水嶺の大森峠

IMGP4601.jpg

 秋田県に入ります。青い空がなんとも言えません。

IMGP4602.jpg

 途中から国道342号に合流して、東成瀬村から、横手市増田へ。

PB092637.jpg

 蔵の街はパスして、国道13号、湯沢からは湯沢横手道路。

 雄勝から再び国道13号を左折、今度は南下します。雄勝峠を越えてやっと山形県。

 及位〔のぞきと読みます〕で道を逸れて、県道35号。日が傾いてきて奥羽山脈が綺麗でした。

kamuro.jpg

 横手から南下していると、時々右手に、鳥海山も見えます。東側からだと富士山みたいに。

 これは、真室川辺りから。

IMGP4608.jpg

 もう冠雪してますね。

IMGP4610.jpg

 鮭川村に入り、正面に今度は月山が見えてきました。

PB092638.jpg

 宿が近づいてきます。

 ずいぶん遠回りしたものです。
関連記事
テーマ : ツーリング  ジャンル : 車・バイク

Comments

良いコースです!
☆風写さんへ
ここ2回のレポのコースですが、私も大体同じようなところを走りました・・・
ツーリングには良いですね。
栗駒の通行止めは残念でしたね・・・あちこちの峠はもう走れませんね(-_-;)
古いものを残し維持することはそう容易なことではないのでしょう・・・
津波被災地の建物なども同じでしょうがね・・・
毎回のレポ楽しみにしています。
LYNX☆さんへ
今年は秋が短かったですね。バイクで走れるシーズンが殆どなし。

佐野住宅は、壊しても、結局その後地が有効に使われる可能性も低いように感じます。
空しいですね。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: