風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (7)  Trackback (0)

硫黄の香りを求めて

 土曜日は成田から友人が来仙していたので、LYNX GARAGEで、お茶。

SDIM0001.jpg

 オーナーも含めて、三人とも無口なので、静かなカメラ品評会でした。

 空港勤務の特権を生かし、某エアラインのCAさんの写真を誇らしげに披露する友人

     SDIM0004cm.jpg

 何故かこざっぱりした髪型です。モザイク足りませんかね。

 玄龍に行ったけど、昼前にすでに駐車場が満車。
 別の中華屋さんで、坦々麺。

            PA0_0031c.jpg

 野菜みそ坦々麺と言う感じですね。美味しい。



 昼食後に東北道に乗り南下しました。熱を求めて南へ、南へ250kmあまり。

IMGP0700.jpg

 でもやっぱり雪。

 辺りにはなんともいえない硫黄の香りと噴煙。

IMGP0704.jpg

 下野は奥塩原温泉新湯の源泉です。一番好きな硫黄泉。アイスランドでも入ったぐらい。

 源泉の周りだけ雪が溶けています。

IMGP0709.jpg

 ここが源泉ですと書かれた道標のとこの木造作りが今夜のお宿。

IMGP0708.jpg

 壁の内側。まさに源泉かけ流しです。

       PA0_0025.jpg

 飲んでみると、鉄錆味。

     PA0_0024.jpg

 ハンターマウンテン、略して「はんたま」と言うスキー場が近いので、スキー合宿中のような若者チームも含め、満室。

IMGP0710.jpg

 夕食は普通。右上はシラウオの柳川風です。

 地酒は天鷹。大田原産でした。

IMGP0711.jpg

 辛口というけど、それ程ではなく、仄かに苦味がありました。

 夕食後は、いそいそ露天風呂へ。脱衣所だけが男女別の混浴。

 男用の脱衣所に入って、浴衣の帯を解いていたら、はなれた湯船に誰か入っているようだったので、こんばんわーーと声がけしました。

 そうしたら、ばちゃばちゃばちゃばちゃ。

 ちょっと慌てた様子で、この時間は女性専用ですよーだって。
 ホントだ。最初に写真を撮らなくて良かった。仕事を棒にふっていたかも。

 すみませーん、失礼しましたーーと言い訳して退散。また屋内の風呂に浸かりました。

 宿泊者は町内に散在している銭湯にも無料で入れるのですが、結局寒いので出かけず。

 ぐっすり寝て起きて、ラージヒルのジャンプを見て、もう一回屋内の風呂に使って、朝食。

IMGP0713.jpg

 これも普通です。

 サービスの牛乳を飲んで出発。天気もサイコー。

IMGP0717.jpg

 日塩もみじラインの展望台からは、日光連山が綺麗です。TTがチョロQみたい。

IMGP0715c.jpg

 爽やかな朝の景色でした。

IMGP0714.jpg

 生まれ故郷の宇都宮へ向かいます。
関連記事
テーマ : 温泉宿  ジャンル : 旅行

Comments

ええ~っ。混浴?
三人とも、無口とは。ブログだと一杯話すのですね。そういえば、☆さんと幼なじみですが、ブログ開設前は、年賀交わす程度でした。
混浴ねえ、懐かしい。どこぞの温泉で、若い女性と一緒のことありました。湯煙の中でしたが、緊張しました。
一般的に萎縮するのは男性で、混浴知りながら入ってくる女性集団の前では、大体がこそこそ退散するそうです。
翌朝、その女性と鉢合わせし、服を着ている方がなまなましかったことを覚えています。なんなんですかね。
声掛けて良かったっすねww
無言で入って行った場合はどんな面白いハナシになったかを想像すると、惜しかった気もします(笑)
おおさん、ちょっと太った?(お前もなww)

The温泉って感じのオフロに惹かれますね。
混浴のくだり、少しドキドキしちゃいましたけど・・^^;
雪山と青空の中のTT、カッコイイです!

誇らしげに披露って、そう指示されて写真撮ったのは風写さんですってば。。

まさかこういう使い方をされるとは。。

>ぱんださん

ボカし足りないようですね。。
kazuさんへ
そうです
お喋りな人はあまりブログ書かないと思います。

東北の湯治宿
最近は筒型タオルでゴムが入った女性用の湯浴み服?を貸し出すところも多いようですから、ますます女性専用に近づきますね。

私は水着着用温泉がもっとあっても良いと思う派なんですが。
ぱんだ(親)さんへ
へへへ、危なかった

私も髪を切ると毎回太ったと言われます。
anegoさんへ
ここ宿は特別な事ないですが、周りにも銭湯が4ヶ所ぐらいあります。
普通の人は300円。宿泊客は無料です。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2019