風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: アルコホリック

Comment (6)  Trackback (0)

酒蔵大集結くらのわ

 もう先々週末になってしまうでしょうか。

 珍しく市内の某ホテルへ。

DSCN0207.jpg

 一階のロビーに入ったら、いきなり5階へどうぞと、エスカレータに招かれました。

 なんで判るんだろ。匂いががするのか。

くらのわ

 この夕方は、他にイベントが無かったみたい。

 酒蔵や酒屋さんが時々このようなイベントを開催しているのは知っていましたが、参加するのは初めてです。

DSCN0209_20130908080940dda.jpg

 デパートとか、ホテルのちょっとゴージャスな雰囲気、苦手です。

DSCN0213_20130908080941582.jpg

 以前一度だけ呑み会でご一緒したことがある、緑が丘の庄子やさん主催のパーティ。

DSCN0214_2013090808094335f.jpg 八戸の陸奥八仙

 日本酒の蔵元が20蔵に、焼酎とワインも1軒ずつ。ま、66種類のお酒が呑み放題です。

DSCN0216_201309080810191f3.jpg 静岡清水の正雪愛山

 こちらは稲庭うどん。

DSCN0215.jpg

 酒は無くならないけど、肴には限りがあるというアドバイスがあったので、先行入手です。

DSCN0218_20130908081021e6d.jpg

 入場すると、いきなり乾杯酒を渡され、これがどの酒か当てる利き酒クイズがありました。

DSCN0219.jpg静岡藤枝の初亀酒門

 乾杯酒が辛口だったので、初めのうちは狙いに行きましたが、すぐに酔っ払ってワケがわからなくなります。

DSCN0224.jpg

 初めて呑んでみた、川口納豆は、金の井酒造の割りには好みに合いません。

DSCN0225.jpg

 酒田の麓井、輝ら星の如く。

DSCN0226.jpg

 福井永平寺の黒龍。隠し酒だったかな。

DSCN0229.jpg

 合間には、仕込み水。

DSCN0230.jpg

 各テーブル上に、はじめから置いてあったのは全て水です。

     DSCN0244.jpg

 大山風写隊員のひとりが、次の週錦町公園で開かれる、純米酒BARの告知で登場。

DSCN0232.jpg

 カンペを読んだだけで、よく内容がつかめず。

 あとは、やっぱり、大好きな酒を。

DSCN0238_20130908081222353.jpg

 綿屋の純米大吟醸です。

 今度はお馴染みYENISHIのkazさんが、月末に開かれる、仙台フードコンベンションの告知。

     DSCN0237.jpg

 こちらは流石、しっかりした告知です。

 まだ呑みます。

DSCN0239.jpg

 長野佐久は、明鏡止水のひやおろし。

DSCN0240.jpg

 利き酒クイズなどの当選者発表(もちろん外れました)の後は、庄子さん自ら、くじ引き。

DSCN0242.jpg

 入場券右上のナンバーで商品が当たるのだそうです。

DSCN0243.jpg

 だいたいアルコール物のくじ運はあるんですね。

 墨廼江の純米吟醸中垂れが当たりました。

DSCN0246_20130908081418410.jpg

 これは未開封の四合瓶でしたが、試飲に使った一升瓶の残も、続々参加者のもとへ。

 びーえむあいさんは、秋田の、ゆきの美人を2本。

DSCN0250mo.jpg

 コトルのひゃくちゃんは、水戸の百歳を初め3本ゲット。ひゃくちゃんが百歳ね。

     DSCN0251_20130908081421d9b.jpg

 土曜日だったらもっと呑めたのに、適量で切り上げました。

IMG_3153.jpg

 重い一升瓶を、まずコトルの冷蔵庫へ。

IMG_3154.jpg

 もう呑まれちまっただろうな。

 その後は、国分町のBisuiはんぞうで反省会。

IMG_3158.jpg

 今日初めてのビールで乾杯。

IMG_3157.jpg

 唐桑出身の親方が、美味しい料理を振る舞ってくれます。 

DSCN0260_20130908081748b61.jpg

 アザラもあります。

DSCN0256_20130908081746320.jpg

 ご馳走様でした。

DSCN0259_20130908081831fea.jpg

 最後にフードコンベンションのご紹介。

machinavi1.jpg

 今回は参加したいと思います。

machinavi2.jpg

 行ったことがある素敵なお店が沢山。リンクします。

 縁YENISHI 五つぼ 伊達餃子楼 てなんご  にこらす 玄龍 くろく

 みなさまもどうぞ。
関連記事
テーマ : 日本酒  ジャンル : グルメ

Comments

すごい酒盛り!
福井の黒龍酒造侮れません。関連会社かな。
老婆心ながら、この夜、どのくらい飲んだのですか?
kazuさんへ
ご心配おかけします。

おちょこで12-3種類ぐらいは試したと思います。
日曜日の夜だったので我慢しました。

黒龍は、あの黒龍ですよ。
http://www.kokuryu.co.jp/brew/kodawari.html
永平寺の近くなんですね。
お世話さまでした~(*´∀`)
皆と久しぶりに一緒に飲むコトが出来て楽しかったデス(*^^*)

二次会まで行けてヨカッタ(^-^)

何より自分が食べモノが出る飲み会に向いていると感じたのは…
次の週の法華クラブでの飲み会でした(^-^;
なおちゃんへ
お疲れ様でした。

法華クラブでは、yonejiyさんの面倒を見ていただいたそうで、ありがとうございました。

酒蔵の一覧を見せてもらったけど、コチラとは見事にばらけてますね。
共通なのは八仙ぐらい?
20年前「石田屋」飲みました
風写さんへ

「石田屋」(720ml)I0,500円とは。
20年前、皇太子の結婚披露宴に供されたお酒。
御本人が、学生時代、好きでよく吞まれていたそうです。

20年前6月9日、ひょんなことから、相方と浜田山のバーに入った時、
マスターから「皇太子が御成婚の日ですから、石田屋サービスします」と。
言葉に惹かれ、オーダーしました。
ところが「普段グラス一杯1万円ですが、半額にします」だと。
もう引けません。
もともと高価なお酒だったのですね。

マスターと日本酒の蘊蓄が始まったら、止まりません。
そうしたら「黒龍酒造のものにもランクがあるのです」と、
次々、サービスで提供してくれました。たしか「二左衛門」も。
「酒肴には天然塩がいい」と、わざわざ近くのスーパーへ買いに・・・
(そういうなら置いとけよ)と思ったのですが、グラス4杯まで、サービスしてくれた。
二人で1万円は良しとするか。

浜田山は、そんなセレブな街だったのか、と認識した次第。
ま、その店、いつの間にか消えましたが・・・

20年前の思い出です。


kazuさんへ
高いオサケってあるんですよね。
買う人がいるということなのでしょうが。

ワインやウィスキーだと、上手く保存すれば、熟成しますけど、日本酒だと、やはり劣化してしまいます。
さすがの外務省でも、あまり買い溜めは出来ないでしょうね。






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: