風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (4)  Trackback (0)

松山ばかりが松山じゃない

 昨日の朝。

CA3A0001m.jpg

 それほどではないと高を括っていたら、5cmほど積もってました。

 でも柔らかい雪で、すぐ払うことが出来、遅刻せずにすみました。


 建国記念日、天気はいまいちでしたがちょっくら買い出しに出かけました。
 仙台東道路(常磐道の北方面の延長線)の仙台港北IC。

CA3A0003_20100211190453.jpg

 ETC専用入口が渋滞です。 閉鎖中。おいおい。
 どうも期限切れカードのクルマが入ったかなにかのような。

CA3A0003c.jpg

 困るなぁ。

 なんとかすぐ解除。順調に高速を走ります。

 目的地は松山、道後温泉の松山ではなく、大崎市松山、旧松山町です。伊達家重臣の城下町。樅の木は残ったに登場する、茂庭周防の領地ですね。秋に一度来たことがあります。

P2110316.jpg

 街の中心には、古い建物が点在しています。いい感じ。

P2110315.jpg

 秩序のある保存、とまでは行きませんが、残っています。

          P2110304.jpg

 珍しい、長い土蔵。

P2110314.jpg

 屋根の上には龍が居ます、龍鉾。ドラゴンズのお膝元だって、鯱鉾なのに。

P2110319c.jpg

 珍しいのではないでしょうか。

 黒石のこみせを思い出させる、古い木造アーケード。

P2110305.jpg

 薬屋さんや豆腐屋さんが昔ながらの街並みを守っています。 

P2110306.jpg

 そして「ふるさと歴史館」には、松山出身の、フランク永井さんの展示室もあるようでした。

P2110307.jpg

 私が見学に向かったのは、酒ミュージアム。

 松山は、宮城の地酒としては、塩竈の浦霞と並んで名を馳せてきた、一ノ蔵の地元でもあるのです。

P2110311.jpg

 こころ、醸す、ところ。  醸華邑 。

 BGMは、有楽町で逢いましょうでした。

P2110309.jpg

 入場料300円(ふるさと歴史館との共通券は400円)ですが、石鳥谷や、米沢大山の酒ミュージアムと比べると、展示も少ないし、かなり小ぶりです。

CA3A0008_20100211190155.jpg

 まあ、この日は買い出しなんで、隣の売店でお買い物。

 4月には此処で試飲あり、シャトルバスありのイベントがあるようです。その名も「一ノ蔵蔵開放」。プチ風写隊ツアーを組みましょうか。

CA3A0006_20100211190331.jpg

 見学後は、南下して大郷町の道の駅でまた買い物。併設されている食堂で、天ざる定食、サラダバー付き。売店もレストランも地元の野菜がたっぷりです。

CA3A0013_20100211190331.jpg

 さらに南。仙台に帰ってくるルートにこんな公園がありました。

P2110330.jpg

 支倉常長メモリアルパーク。少し歩きます。

P2110322.jpg

 キリスト教徒となった支倉常長は、蟄居を命じられ、この地にいた弟の元に身を寄せたそうです。

P2110323.jpg

 仙台市内の北山にもお墓があるんですが、ここにもあります。

P2110326.jpg

 支倉氏の領地だった県南川崎町にもあるそうです
 死去したことにして川崎に墓を建て、松山に隠れ住んだと言うところでしょうか。
 素晴らしい業績を残したのに悲惨です。

 もし伊達政宗が天下をとって鎖国もしなければ、初代外務大臣だったのに。

 歴女ブームの影響はここまでは及んでいないようでした。
関連記事
テーマ : 宮城県  ジャンル : 地域情報

Comments

支倉常長の里ねえ
先日、都美術館の「ボルネーゼ美術館展」で、現地の画家が描いた、100号?のでかい肖像画を見て、彼が現地で貿易国の使者として鄭重に扱われていたことを知りました。むろん伊達男として、白絹の豪華な衣装をまとった姿でした。その傍らにはサンファンバウティスタ号の雄姿が描かれています。(石巻に再現したものが停留されていますね)
仙台銘菓「支倉焼」くらいしか知らなかった私にとって、ちょっとショッキングな絵でした。当時のローマの枢機卿が、コレクションとして、この絵を所持していたとは。
kazuさんへ
サンファン館の一室には彼の生涯が詳しく説明展示されています。
南スペインに今ものこるハポン姓の人達は、一行の子孫と言う説がありますね。
http://web1.kcn.jp/y-asa/apellido.htm
http://d.hatena.ne.jp/anhelo/20080323/p1
http://blogs.dion.ne.jp/honmarukaikan/archives/7372099.html
感謝、大感謝!
興味深い、情報提供ありがとうございます。読み応えがありました。
どういうルートで、この情報得るのですか?
ついでながら、コリアという地名は?韓国ではないか?なんて余計なこと考えてしまいましてた。
確固たる資料はないとはいえ、ハポン姓はちょっとしたミステリーですね。
漆の英語はJAPANだし、陶器はCHINAだし・・・
うーん。
kazuさんへ
ハポン姓の人の話は、知る人ぞ知るですよね。
だから”支倉常長 ハポン”でググッただけです。次々と面白そうなサイトが出てきました。






Uhr
天気予想
2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウントダウンタイマー
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: