風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: カメラ

Comment (4)  Trackback (0)

クラシックカメラマン80

 東京オリンピックは小学校二年の時でした。10月末の閉会式には滅茶苦茶感動して、次のメキシコオリンピックがとても待ち遠しかったのを覚えています。
 叔父叔母の話では、その当時私と弟は良くジャボチンスキーの真似をしていたそうです。

 年をとると年がら年中オリンピックをやっているような気がします。
 夏大会と冬大会が二年おき交互になったからかもしれませんが。



 クラシックカメラマンの80回目は、’80年代にドイツで使用していた、CanonのA-1です。

 1978年発売。 

R1056669.jpg

 格好いいでしょう。
 キャノンのカメラでは、F-1と並ぶ最高傑作のデザインだと思っています。単にごついだけかもしれませんが。

 1979年4月に就職し、1982年4月にドイツに赴任した私は、当時同じキャノンのAV-1と言う一眼レフを使用していました。

 その後、キャノン初のAF一眼EOSを買った先輩に譲って貰ったのがこのA-1だったのですが、そのカメラは1990年にデュッセルドルフのアパートからライカやコンタックス諸共盗まれてしまったのでした。

R1056673.jpg

 だからこの個体は最近入手したものです。

 キャノン初のμプロセッサ搭載AE一眼は、AE-1、1976年発売です。その頃私はやはりキャノンのFTbを使用していました。FTbは露出計で測光してメーターを見ながら手動で調節するマニュアルカメラです。

 AE、自動露出カメラを設計するとき、普通は絞り優先、光を測ってシャッタースピードを制御するのが普通でした。なぜならば、一眼レフカメラのメカニズム上、シャッターはカメラ側にありますが、絞りはレンズ側にあるためです。
 だから、カメラからレンズの絞りを制御するためには、機構的か、電気的なインターフェイスが必要です。そんなものを付けるなら絞りは勝手にレンズで調節させておいて、シャッター速度を変えて調節してやれば良いし、その方が設計が簡単なんですね。

 ところがキャノンは、最初のEFから、速度優先を造ります。
 ほとんどのメーカーが絞り優先だった時代にです。天の邪鬼。

R1056671.jpg

 速度優先か、絞り優先かは、当時ずいぶん議論になったのですが、結局まずミノルタが両優先(どっちでも出来る)XDを発売、キャノンは両優先に加えてプログラムオートが出来るこのA-1を発表したのでした。

 当時のキャノンFDマウントは、ライバルたちと比べて径が大きく、絞り制御が設計しやすかったのかもしれません。

R1056672.jpg

 また、他社よりもF値が小さい、つまり明るいレンズもキャノンのお家芸、これも大きなマウント径のおかげかも知れません。

 私が買ったAV-1は、A-1のあとに小型廉価版として発売されたモデルで、他社と同じ絞り優先なんですが、どうも営業からの圧力でやむなく作ったようです。

 オークションで競り落としたこの個体、シンクロジャックからケーブルが伸びています。

R1056670.jpg

 データバックが付いているのですね。

R1056674.jpg

 実に仰々しいのですが、今でこそデジカメの画像には、撮った時間、カメラに依ってはGPSセンサーが付いていて、位置情報まで記録出来たりしますが、このカメラの当時は、ダイヤルで日付(だけですよ)を設定して、フィルムに焼き付ける方式。別電池も必要です。右下のセレクターはなんでしょう、日付の順番か、濃さかなぁ。

R1056675.jpg

 ところが1978年発売のこのカメラのデータバックのダイアル、YEARのダイアルを良く見て下さい。

R1056675c.jpg

 発売12年後の90年までしか目盛りが、無いんですよ。MONTHは何故か30まであるのに。
 そんなに長く使うカメラじゃないってことなんでしょうか。

 昔持っていたA-1で撮影した写真はこちらをどうぞ。
関連記事
テーマ : フィルムカメラ  ジャンル : 写真

Comments


CanonのAFといえば、T80を忘れてやしませんかv-12
北京大学留学中愛用し、シルクロードにまで持って行きました。巷の評判は散々だったようですが、私は大好きなカメラでした。α7000じゃないところがよかった。
きぬのみちさんへ
そうでした
そうでした
EOSの前にT80があったんですね。
どうも90以外のTシリーズは私にとってデザイン的に受け入れられていないので忘れていました。この時期ペンタックスもZシリーズというおかしなデザインのカメラをずいぶん出しているんです。外装にプラスチックを使い出した時代なんですが、なぜだったのでしょう。

A-1は写真を始めた頃の憧れでした。

今日入札してほっといたら落ちてしまいました。
4,810円也。
おおさんへ
私のは、レンズ、データバック付きで10k円でした。
データバックが邪魔なので普通の裏蓋を探していたら、同じデータバックが付けられるAE-1Pが3k円だったので、そっちをポチしてしまいました。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019