風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 空花鳥風月雲

Comment (4)  Trackback (0)

こば 行け 異装?

 仙台がずっと雲に覆われていた週末。
 家にいると体に黴が生えそうなので、駄目元で出かけました。

 東北道から山形道。早くも宮城川崎インターをアウト。

IMG_2675.jpg

 曇り空ですね。国道457号線から蔵王エコーライン。

IMG_2678.jpg

 峩々温泉近くの丁字路でトイレ休憩、後ろを振り向いても霧の中。

IMG_2679.jpg

 山頂方向ももちろん五里霧中。

DSC03461.jpg

 ところが、駒草平に近づくと、青空が見えてくるではありませんか。

 画像サイズも大きくなっちゃった。

DSC03463_20130701060950.jpg

 雲の上ということなんでしょうか。

DSC03465_20130701060952.jpg

 私も雲の上の人に。

DSC03469.jpg

 駒草平に到着。

DSC03482_20130701061041.jpg 

 展望台から、蔵王連峰を望みますが、霧が晴れたり曇ったり。

ZAOパノラマ

 大きな滝が見えました。

     DSC03474_20130701061039.jpg

 【追伸】不帰の滝:水源は御釜だそうです。上にちょっと見えるのが振子滝。

 これはコマクサじゃないな。

DSC03481.jpg

 【追伸】タニウツギでした。

 青空が広がって来ました。

DSC03480.jpg

 大黒天の展望台。仙台方向は雲の下です。

DSC03485.jpg

 この山々の向こうがお釜でしょうかね。

DSC03483.jpg

 しかし、この日の目的地は御釜ではありません。

 蔵王ハイラインの入口を過ぎて、リフト乗り場の駐車場、それも御釜から一番遠い端っこに車を停めます。 

DSC03486_20130701061314.jpg

 歩いて県境を越えて5分。分水嶺はどこだろう。

DSC03487_20130701061335.jpg

 なかなかガイドブックや地図にも載っていない、見たのか見えんち、じゃなくて、御田ノ神園地。

DSC03492.jpg

 初めてやって来ました。

DSC03497_20130701061339.jpg

 ウォッチン+で紹介されたとおり、前週世界谷地では見頃を終えていた、コバイケイソウ小梅蕙草が見頃なんです。

DSC03499.jpg

 すごい群落でしょう。

DSC03500.jpg

 ウィキペディアから。
 コバイケイソウ(小梅蕙草、Veratrum stamineum)はユリ科シュロソウ属の多年生の植物。中部地方以北、北海道に分布し、山地から亜高山の草地や湿地のような、比較的湿気の多いところに生える。 名前の由来は、花が梅に似ており、葉が蕙蘭に似ているため。

     DSC03504_20130701061614.jpg

 山地草本の中では大型で、高さは1mほどになる。6月から8月に穂の先に白い花をつける。花茎の先端部は両性花、横に伸びる花は雄花である。群生することが多く、初夏の山を代表する花の一つ。 光沢があり、硬く葉脈がはっきりとした長楕円形の葉が互生する。

DSC03507.jpg

 有毒であり、全草にプロトベラトリン等のアルカロイド系の毒成分を持つ。誤食すると嘔吐や痙攣を起こし、血管拡張から血圧降下を経て、重篤な場合死に至る。若芽は山菜のオオバギボウシやノカンゾウの若芽に似ており、誤食による食中毒が毎年のように発生しているため注意が必要。


DSC03505.jpg

 改めてよく見ると、確かに先端部の花には雌しべがありますが、横に伸びる花には、雄しべしかありません。

DSC03506.jpg

 どんな理由があるのでしょう。

DSC03543.jpg

 ワタスゲも満開(?)。

DSC03508.jpg

 どちらも白い花なのが絵的には残念です。

DSC03544_20130701062348.jpg

 これは一体なんでしょう。

     DSC03512.jpg

 ユーレイのような花。

DSC03516.jpg

 上から見ると風車ですね。チングルマが咲いたあとの羽毛?

DSC03523.jpg

 熊野岳や刈田岳の方向。

DSC03525_20130701062144.jpg

 他の花も少しだけ見られました。

     DSC03530_20130701062146.jpg

 マツに、ドウダンツツジの仲間かな。

DSC03531_20130701062147.jpg

 ハクサンチドリ。

     DSC03534.jpg

 ツマトリソウ。

DSC03540.jpg

 季節によって他の花々も見られる場所らしいのですが、この時季はとにかくコバイケイソウとワタスゲの天下でした。

DSC03539.jpg

 カッコウの啼き声が響き渡る高層湿原。 

DSC03520_20130701062105.jpg

 季節ごとに訪れたほうがよさそうですね。飛ばせば仙台から一時間。

DSC03545_20130701062350.jpg

 宮城県側の駐車場へ歩いて戻る道、道沿いにもコバイケイソウ。

DSC03547_20130701062351.jpg

 エコーラインの反対側にも群落。

DSC03548_20130701062352.jpg

 いつもなら見逃してしまいそうな花園でした。

DSC03549_20130701062406.jpg

 これもタニウツギですね。隣はツツジ?
関連記事
テーマ : 宮城県  ジャンル : 地域情報

Comments

タニウツギ
コマクサじゃなくて、タニウツギですね。
百日紅さんへ
ありがとうございます。
追記させていただきました。
よかばいよかばい
コバイケイソウ、群生するとは知りませんでした。
開花の旬は今頃なんですね。ワタスゲの群生も見事です。
山の花も一期一会。
雲上の花畑、一番きれいな時に見られてよかったですね。
先日のニッコウキスゲと共に堪能しました。ありがとうございます。
ちなみにハクサンチドリの上の写真、ウラジロヨウラクかも。
ユケチュウさんへ
なるほど
裏白瓔珞ですね
ありがとう






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: