風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 空花鳥風月雲

Comment (2)  Trackback (0)

梅雨がくーると想い出す

 さて、栗駒山の近くまで来たので、世界谷地に寄って見ることにしました。
 ハイシーズンなので、駐車場が一杯だったら諦めるということで。

 朝9時半頃、何とか空いてました。

 家族連れや、団体客多数です。

 歩きます。

     IMGP0589_20130626052518.jpg

 1時間もあれば、駐車場から歩いてぶらぶら回れる湿原、お手軽なので私向きです。

IMGP0591_20130626052520.jpg

 気軽に歩ける湿地帯は二つ。第一湿原と第二湿原。

IMGP0647.jpg

 団体が第一の方へ向かったので、私はまず第二の方へ行ってみましたが、通行止。

     IMGP0646_20130626052524.jpg

 それでもゲートをくぐり抜けて進みましたが、戻ってくる方の話ではたいしたことないとの話で、取りやめ。

IMGP0593.jpg

 第一湿原に向かったら、やはり団体で渋滞してました。

IMGP0637_20130626052927.jpg

 そう、ニッコウキスゲが見頃なのです。

IMGP0604.jpg

 前回2007年に来た時に綺麗だった、コバイケイソウはもう終了、かろうじて花の形を保ってました。

IMGP0599.jpg

 湿原の木道は絵になりますね、好きです。

IMGP0605.jpg

 例によって世界谷地のホームページからコピペ。

 世界谷地とは広い湿原という意味です。
 標高1,627.4メートルの栗駒山の標高669から707メートル地帯に広がる細長い湿原で、面積は14.34ヘクタール。栗駒山の緩やかな南斜面、標高1,154.9メートルの大地森と標高869.4メートルの揚石山の間にあります。

     IMGP0610.jpg

 世界谷地原生花園は、上・中・下の3段に分かれて広がる4つのグループ、大小8つの湿原からなり、その間を幅50メートルものブナの原生林が横断しています。
 この湿原は、深さ1.3メートルの泥炭層の上をミズゴケ類の厚い層が覆っていて、その表面に高山植物が群生しています。

IMGP0607.jpg

 世界谷地原生花園では、5月のミズバショウから9月のエゾオヤマリンドウまで、数多くの花々が咲きます。
 特に6月下旬に咲くニッコウキスゲの大群生は全国的に有名です。湿原がオレンジ色の花に覆われ、美しい風景が見られます。


IMGP0612.jpg

 微妙な自然のバランスの上に成り立つ湿原の花園。

IMGP0611_20130626052702.jpg

 ピンクのペンギン型の花。なんだろう。

IMGP0617.jpg

 盗み聞きしたボランティア案内人の話では、結構人の手を入れて保全しているようで、本当の自然とは言えないというか、人が入ることで変わってしまう部分を補正しているというか。

IMGP0616.jpg

 栗駒山です。

IMGP0619.jpg

 ニッコウキスゲと言う名は通称で、正式にはゼンテイカ。ユリ科です。

IMGP0620.jpg

 一つ一つの花は一日しか咲かないのだそうで、儚いもんですね。

     IMGP0623_20130626052730.jpg

 気仙沼の海沿いに咲くニッコウキスゲも、ローカルでは有名ですが、普通は山に登って見る花。

IMGP0625_20130626052731.jpg

 歩く人に摺り寄るように、木道沿いに開く花は健気です。

IMGP0632.jpg

 ちなみに世界谷地の木道、かなり新しく、ごく最近修理されているようでした。

IMGP0635.jpg

 ありがたいことです。

     IMGP0640.jpg

 来るときに、レンズを上に向けて撮りまくってるお姉さんが居たので、帰り道に真似してみました。

IMGP0648.jpg

 葉っぱたちが一番美しい季節でもあるのですね。

IMGP0649_20130626052931.jpg

 どなたか同定おねがいします。

IMGP0650_20130626052933.jpg

 鳥の声が聞こえて来ませんか?

IMGP0652.jpg

 爽やかです。

IMGP0653_20130626053002.jpg

 これだけは解りました。

IMGP0654_20130626053004.jpg

 これは何でしょうね。

IMGP0656.jpg

 不気味です。

 一時間ほどの散歩。車に戻り、違う道で荒砥沢ダム経由、細倉方面へ。

 画像はありませんが、荒砥沢ダム下から、深山牧場へ上る道、牧場ではまだ牛の放牧は始まっていませんでしたが、ここから文字地区へ降りる道、すんばらしい道でした。お薦めです。

IMGP0663_20130626053005.jpg

 一時間ほど走り回って花山へ。 

DSCN9911.jpg

 初めて来てみました、花舞の里。

DSCN9902.jpg

 想像していたよりも、ずっと可愛らしい店舗。広い駐車場。

DSCN9904.jpg

 まだ新しいお店なんですね。

DSCN9905.jpg

 迷います。

DSCN9907.jpg

 ざるそば大盛りか、野菜天ざるか。はたまた、ざるそばとカイモチにするか。

DSCN9908.jpg

 結局珍しく、野菜天ざるに。

DSCN9909.jpg

 暑い日にはピッタリのキリッと冷えた蕎麦。

DSCN9910.jpg

 ご馳走様でした。

 このあと、栗駒山をぐるっと回ろうかとも思ってたのですが、花山湖のそばで聞いたことがある窯元の看板。
 食後に戻って寄ることに。

DSCN9913.jpg

 しかし、しかし、こんな時に限ってお休み。

DSCN9912.jpg

 残念です。

 座主、変わった名前ですが、地名なのでしょうか。
 花山湖に掛かる橋が、座主橋ですね。

 池月、古川インター経由で帰仙。

 近所で洗車し、帰宅しました。

DSCN9914.jpg

 気持ちのよい半日ツーリングでした。

関連記事
テーマ : 宮城県  ジャンル : 地域情報

Comments

ギンリョウソウ
TV朝日が、TVドラマで放送した松本清張の「波の塔」で出てきた「ガラスの花」として使われたギンリョウソウだと思います。
百日紅さんへ
さすがです

不思議な草ですね






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2019