風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (0)  Trackback (0)

Nature is calling

 昨日で岩手・宮城内陸地震から5年でした。

 気仙沼ツァー、食い倒れだけはありません。

 田中前から、サエモンさんの解説を聞きながら、津波被災地を車3台で回ります。
 もっとも後ろ2台はついていくだけなので、貴重な解説は聞けませんね。次回はなにか無線機でも用意しますか。

R6251646.jpg

 南町や、魚市場の惨状を視察していると、ひときわ派手な漁船。

R6251648cas.jpg

 美しい船です、マグロ延縄船?

 餅まきをやっていたのでした。食い物には必ず反応するサエモン隊、群がります。

R6251653.jpg

 藤壺もついていないピッカピカの船体、新造船でしょうか。

R6251654.jpg

 ラッキー。

R6251652mo.jpg

 大漁祈願ですね。

 この夜泊まるホテルや、復興屋台村の位置を確認しつつ、魚町。角屋店舗。

R6251657.jpg

 何度も何度も押し寄せた津波と、火災で、破壊しつくされた気仙沼の海沿いの街。
 エースポートがあった場所も更地になっていますし、建物は殆ど撤去されていますが、登録文化財の建築物は持ちこたえています。

 一階と二階がさらわれて、だるま落としのように三階が地上に軟着陸している、男山本社も。

     R6251658.jpg

 モニュメントとして残るのでしょうか。

 そして、新浜町から鹿折地区。ししおり。

R6251661.jpg

 海岸から約750m入った場所に、すっくと立つ第18共徳丸。

 震災後はまさに瓦礫の海だったこの地区に、彼女だけがそのままです。
 
R6251662.jpg

 旅人は遺して欲しいと思いますが、おそらく近く撤去されるのでしょう。

R6251664.jpg

 近くにある復幸マルシェでお買い物です。

R6251666.jpg

 丘の上に家々はありますが、平地の部分には住宅の建築は許されていません。

R6251665.jpg

 広がる土台だけの街の中に、ぽつんと建つ仮設の商店街。

 決して観光客向けの道の駅ではありません。近隣住民のため、そして店舗を失った商店のための施設です。

     R6251668.jpg

 改めて共徳丸を見学します。

R6251672.jpg

 鹿折唐桑駅の駅前に当たる地区なのですが、大船渡線の線路がどこを通っていたのかも定かではなく。

R6251676.jpg

 この船を撤去して、あとはどうなるのでしょうか。

R6251673.jpg

 市内の方向へ戻り、新浜町かで道をそれて山方向へ。

 安波山です。あんばさん、初めてです。

R6251677.jpg

 ここからの気仙沼湾の眺めが、龍の姿に例えられるとか。

安波山2

 絶景ですが、ひときわ目立つのは、南気仙沼方面の赤茶けた土台だけの地域。絶句する景色ですね。

R6251686.jpg

 男女各5名で、記念写真。

安波山5moas

 山の上に、楽しいトイレ。

R6251678.jpg

 海と自然を眺めながら、放つことが正式に認められているのです。

     R6251689.jpg

 まさに、Nature is calling.

     R6251690.jpg

 山を降り、今度は、南方面、階上地区へ。はしかみ。

 岩井崎の潮吹き岩、ちょっと元気はありませんでした。

R6251703.jpg

 周辺の民宿街はほぼ全滅でしたが、横綱は残っています。秀ノ山雷五郎、地元出身だそうです。

R6251695.jpg

 そして辰年に、誰かがこしらえた、一本松。

R6251696.jpg

 海に向かって吠えています。

R6251697.jpg

 ここ階上から、今度はBRTに乗ることにしました。陸前階上駅............跡。

R6251708.jpg

 JR気仙沼線は、線路の復旧の目処が立たず、舗装して、バスを走らせているのです。

R6251710.jpg

 bus rapid transit、道路は専用ですが、車両は普通のバスです。

R6251711.jpg

 整理券を取るところは、普通の市内用と同じですが、降りるときにバーコードを読み取って料金表示。

R6251714.jpg

 SUICAは使えません。

     R6251715.jpg

 この辺りは、すーいすいでしたが、このあと一般国道も走りますので、ますます普通のバス。
 しかしバス道路にさえ再建できない線路跡があるということなんです。

 ニュースや天気予報が表示される液晶パネル、この情報量は、新幹線を上回っています。

R6251713.jpg

 BRTのJR松岩駅で下車。国道の片浜バス停と兼用。

R6251716.jpg

 ここから再び車に乗せていただいて、ホテルにチェックインです。

R6251722.jpg

 ほとんどまわりは土台だけ、それも1m前後地盤沈下している弁天町で、営業を再開している一景閣です。

R6251720.jpg

 頼もしい宿ですね、予約していたので問題ありませんでしたが、満室でした。 

R6251717.jpg

 気仙沼に宿泊するのは、生まれて初めて。

R6251724.jpg

 このあとが、今回の旅のメーンです。
関連記事
テーマ : 東日本大震災  ジャンル : ニュース

Comments






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2019