風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 昭和の香り

Comment (4)  Trackback (0)

染まらないで還って

 6月1日に仙台市民会館で、復興を支える絆のカタチと言うシンポジウムが開かれます。
 こちらに参加応募フォームがありますので、ふるって参加ください。無料です。



 はっぴいえんどの松本隆。
 昔から最高の作詞家の一人だと信じていますが、70年代後半、大きなテーマのひとつが、都会と田舎でした。
 その集大成が、木綿のハンカチーフ。名曲です。

 都会と田舎というコントラストは、昔からとても惹かれるテーマなんです。

 例えば、北の国から。



 都会に疲れて故郷に帰る五郎さ。

 そして比較的最近では、ちゅらさん。



 都会に行きたがる若者。

 年を経て、故郷に帰りたくなる気持ち。

 でもエリーにはどちらも同じ、自分の世界でした。

 さらに今度はコレですね。



 北の国からや、ちゅらさんよりも、都会と田舎というテーマに、正面から向き合っています。
 宮藤官九郎だから書けるストーリー。グンバツ(古)ですね。

 ジンタっぽいテーマソングも秀逸。
 地面すれすれの空撮は、モーターパラグライダーによるものでしょうか。

 仙台は都会なのか田舎なのか、どっちでもあり、どっちでもなし。

 都会を離れたいという人も増えているし、田舎も昔ほどは排他的ではなくなっています。
 ネット社会もこの面ではずいぶん貢献しているのでしょう。

 前にも書いたような気がしますが、1980年代のドイツ駐在時代前半。まだVideoは全く普及していませんでした。
 楽しみだったのは月一回の、日本人クラブの映画鑑賞会。
 寅さんが多かったですね。

 寅さん映画を海外で観るとき、サイコーなのは、地方のお祭り風景でした。
 今でも想い出すと涙が出ます。




 映画でもテレビドラマでも、ロケが多い作品が大好きです。

 80年代後半は、各駐在員の家にもビデオが入り、トレンディドラマや、歌番組のテープが毎週色んな所から回って来るようになって、日本人クラブの映画会は、失くなってしまいました。
関連記事
テーマ : 懐かしいテレビ番組  ジャンル : テレビ・ラジオ

Comments


80年代末の北京の日本人会でも、映画は寅さん、テレビは紅白でした。
なつかしい!
太田裕美さんにインタビューしたのが35年前。
「木綿のハンカチチーフ」のヒットで超多忙の時、よくアポ取れたものだ。
いまも、あの透き通った声は変わらない。

私も仙台から東に向かったけど、こっちの方が長くなってしまった。
きぬのみちさんへ
そう言えば、寅さん、ウィーンまで行きましたね。
まだ私がドイツに居た頃です。

ウィキペディアで調べてみると、全48作中、東北にはあまり来ていないのですが、そのウィーンと同じ作品で一度だけ松島に来ていました。
kazuさんへ
太田裕美のデビューは、ステージ101でしたか。
これまた懐かしい。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019