風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 欧羅巴追想

Comment (4)  Trackback (0)

Imagine All the People Living Life in Peace

 アフリカの砂漠の国で、起きてしまった悲しい出来事。

 時々忘れた頃に、此処にコメントをくれる高校の同級生も、かつて同じ会社のエンジニアでした。
 亡くなった、元副社長の方とも、ずっと懇意にしていただいていたそうです。

 そして、ニュースで、同じ高校の後輩も殺されていたことを知りました。顔見知りではないけれど。

 南三陸出身のエンジニアも殺されました。悲しすぎる。

 私も8年間、海外駐在生活を送ったことがありました。
 その国は、日本と並んで、世界で最も安全な国のひとつだったけれど、車の窓ガラスは三度割られたし、アパートも入口のドアをバールのようなもので破壊されて、大切にしていたクラシックカメラのコレクションや、AV機器もほとんど持ち去られました。
 決して戦いの最前線に居たつもりはないし、ましてや国を代表していたはずもありませんが、今思えば、エコノミックアニマルの尖兵として、どこかで誰かの生活を脅かしていたかもしれない。

 沢山の国を旅しましたが、日本人を目の敵のようにしている国にでも、絶対に親切な人達がいるし、どんなにぐーたらな私のような人間にでも、笑顔を見せてくれた人たちが居ました。

 空港で爆弾騒ぎに巻き込まれたり、国境で機関銃を向けられたこともあります。

 あんな事件を起こした奴らを、決して許したくはありませんが、目には目をでは悲しすぎる。

 人は誰でも友だちになれるはずです。



 明治維新の前後、尊王攘夷派の日本人は、欧米人にとって、テロリストだったのでしょうか。

 フランスの田舎町で、裏通りを彷徨う私の後を、子どもたちが、シノワシノワと呼びながらずっと付いて来たのは、懐かしくて楽しい想い出です。ジャポネなのに。

 ひとつ言えることは、きっと世界で一番、優しくて安らかな場所に、日々暮らしていることを、この国の人達が知らないことです。

 会社や教室での諍いはもとより、親子や嫁姑もみんな仲良くしましょうよ。
関連記事
テーマ : 海外ニュース  ジャンル : ニュース

Comments

Imagine
☆風写さんへ
『想像してご覧 国なんてないんだと そんなに難しくないでしょう?
殺し理由も死ぬ理由もなく そして宗教もない
さあ想像してごらん みんなが ただ平和に生きているって・・・』


「世界で一番、優しくて....」
本当にそう思います
最近読んだ某国から日本に帰化した人の
本によると某国話には優しいという単語が
存在しないのだそうです
ですから日本語を知る某国人同士の会話は
「〇〇〇優しい×××」となるそうです
〇や×には某国が発明した漢字がはいります(笑)
それだけ日本は優しさを昔から知っていたんですネ
LYNX☆さんへ
翻訳ありがとうございます。
大名マークさんへ
難しいパズルですが、なんとなく解ります。

欧羅巴で優しい人種は、独断と偏見で、

1.英国人
2.スイス人
3.イタリア人
4.ポルトガルと北欧人

要は大陸の広い国の人ほど冷たいというか、自己中心的。
私の学説では、結局人は集まると喧嘩する。
            ↓
喧嘩に強い人間が住みやすい場所に残リ、弱い人間は逃げ出す。
            ↓
島国や辺境、山奥に押しやられた人たちは、もう後がないし、もともと強くないので、限られた範囲で仲良く暮らす。

ということなんですが、不思議なことに、ローマ人も英国人も、ポルトガル人もバイキングも、海を渡って覇権を打ち立てた人たちなんですよ、みんな。

矛盾してますね。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2019