風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: ドライブ

Comment (0)  Trackback (0)

Northbound Snowbound

 八重の桜が始まりましたね。BSではアテルイも始まるそうで、NHKもやっと東北を取り上げがたドラマを始めました。本当はアテルイを大河でやって欲しかったなぁ。
 私は会津藩ネタというだけで、涙腺が緩んでしまうのですが、どちらも楽しみにしています。

 元旦、八戸を出て、さらに北上します。自立した自在な移動
 地図を眺めて何時間でも過ごせる私でも、八戸はもう下北半島の入り口のように感じてしまいがちなのですが、実際には半島の一部といえるのは、小川原湖の先からでしょう。

P1010924.jpg

 一旦、八戸北インターから八戸道に入り、イオンの風車を眺めて、途中から道なりで第二みちのく道路。

 古牧温泉の先で終点、三沢市内に入ります。
 三沢空港の南側から東側を回り、県道へ。

 空港の先に、青森県立三沢航空科学館がありますが、元旦はやっぱり休み。

P1010926.jpg

 なぜこんな場所に、どでかい航空博物館(YS-11の実物が展示してあるらしい)があるのか、1931年に、ミス・ビードル号というプロペラ機が、近くの海岸を飛び立って、アメリカ大陸まで初の無着陸飛行をしたそうなんですね。 所要時間41時間。

P1010928.jpg

 要はこのあたりが、本州でアメリカに一番近いというわけなんです。

 その後も多くの飛行家が飛んだとか。冒険パイロットの聖地ということでしょうか。

 さらに県道を北上します。

P1010930.jpg

 みさわ 斗南藩記念観光村。
 明治維新後、会津藩が移封された地です。

P1010931.jpg

 廃藩置県後、ここに残った斗南藩士が、日本で始めて洋式の牧場を作ったのだそうです。

IMGP0041.jpg

 斗南藩の歴史を展示した記念館がありました。
 この日は、さらに県道を北上します。

 太平洋側と言えども、だんだん積雪が増えてきました。 

P1010937.jpg

 このあたりを走っている間、ラジオ(NHK2)で、カルチャーラジオ 集中アンコール特集 歴史再発見「科学の歴史を旅して」というのを流してまして、これが面白い。

 まっつぐの道路と、牧場が多くて、本州で一番北海道に似ている下北半島にいよいよ入っていきます。

P1010940.jpg

 国道338号線に合流すると、六ケ所村。

 上の写真、道路だけに雪があって、ちょっと不思議なんですが、ススキには雪が積もりにくいのですね。

IMGP0044.jpg

 尾駮沼、おぶちぬまに白鳥がいました。

IMGP0053_20130105125144.jpg

 ちょっと望遠レンズで試し撮り。

IMGP0055_20130105125533.jpg

 そういえば、この日は元旦。
 食堂が全部閉まってます。

IMGP0056c.jpg

 六ケ所村の風力発電所や、核関連施設はとりあえず見向きもせず、338号線をさらに北上。

 時々コンビニだけは開いているので、食料を入手します。

P1010945.jpg

 今度は東通村に入ります。またまた核関連施設。

 東北電力の、東通原子力発電所。

P1010948.jpg

 活断層はあるのでしょうか。

 その向かいの山の上、ウィンドファームがあるんです。

IMGP0064.jpg

 ここは二度通ったことがあり、一度目は天気が良かったけど登り口がわからず、二度目は登れたけど濃霧で風車が見えず。

     P1010951.jpg

 今回は雪、それも新雪です。新年の新雪。

 道路がゲレンデ状態、おまけに両側に側溝なんです。親切。

 巡礼に苦難はツキモノですね。

     P1010952.jpg

 でも、ジムニーにブリザック、最強のコンビなら登れるはず。

     IMGP0067.jpg

 すいすい問題なく到着です。

 東側が太平洋。ここから初日の出は見えたのでしょうか。

P1010958.jpg

 ちなみにすぐ下が原発ですね。

 小田野沢ウインドファーム。1.3メガWhの中型風車が10基。

     IMGP0070_20130105125657.jpg

 太平洋を背に、ブイブイ回っていました。

IMGP0072_20130105125658.jpg

 チョー寒いので、すぐに降ります。

P1010963.jpg

 自分で作った轍だけですね。

 降りるほうが怖いと思ってたら、

P1010965.jpg

除雪車が登って来ました。遅いよ。

P1010966.jpg

 側溝があるので、すれ違うほうがもっと怖いけど、落ちてもすぐに引っ張り上げてもらえそう。

P1010967.jpg

 無事に降りられました。

 東通原発のゲートも開いていたので、よっぽど突っ込んでみようかとも思いましたが、結局やめ。

P1010968.jpg

 さらにさらに北上します。

P1010970.jpg

 再び雪雲がやってきて、道路はノルディックスキー場状態。

P1010971.jpg

 それでも道が広いため、結構飛ばせます。楽しい。

 でも大丈夫だと思ってるのは自分だけで、同じ思いで冬山に登る人も多いんだろうななんて考えたりして。

P1010974.jpg

 下田代牧場の手前で国道に別れを告げ、再び県道。引き続き北上です。

 岩屋のウィンドファームも見えてきました。もうすぐ津軽海峡。

P1010982.jpg

 目的地はもうすぐです。

 岩屋のパーキングでトイレ休憩と思ったら、すってんころりん転びました。

P1010983.jpg

 車が滑ったのではなくて、ラッキー。つづく。
関連記事
テーマ : ツーリング  ジャンル : 車・バイク

Comments






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: