風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: 電脳生活

Comment (8)  Trackback (0)

If it can happen, it will happen

 11月に幕張で少し喋った時に、もらったご褒美。

DSCN9732.jpg

 USB経由で充電できるミニライトなんですが、ランプの部分を引っこ抜くと、USB♀コネクタがふたつ。

DSCN9734.jpg

 スマホや、デジカメの充電用予備バッテリー、モバイル電源ですね。

 3.7Vで、5.4Ahですから、コンデジのバッテリーの5倍前後の大容量。

DSCN9733.jpg

 以前の記事で紹介した、ソーラーバッテリー充電器と、両方持っていれば鬼に金棒。

DSCN9736.jpg

 充電器同志で、充電することも可能です。意味ないけど。

DSCN9740.jpg

 左が充電する側、右が放電する方。

DSCN9739.jpg

 しかし、しかし、予備を持っていない時に限って、スマホやデジカメのバッテリーって、上がるんですよね。

 それは、マーフィーの法則。
 ウィキペディアによれば、マーフィーの法則(Murphy's law)とは、「失敗する余地があるなら、失敗する」「落としたトーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は、カーペットの値段に比例する」をはじめとする、先達の経験から生じた数々のユーモラスでしかも哀愁に富む経験則をまとめたものである。多くは都市伝説の類で笑えるが、中には重要な教訓を含むものがある。

 "Everything that can possibly go wrong will go wrong."「不都合を生じる可能性があるものは、いずれ必ず不都合を生じる」という種類の「経験則」で、アメリカ空軍が起こりといわれる。日本でも1980年頃から計算機科学者を中心に知られるようになり、1990年代前半に広く流行した。

 一面では「高価なもの程よく壊れる」に代表されるような自虐的悲観論を具現化したものと捉えることができるが、その一方で「常に最悪の状況を想定すべし」という観念は今日、システム開発、労働災害予防、危機管理、フェイルセーフなどの分野で現実問題として重要視される考えとなっている。

 「マーフィーの法則」という名は、一般には、オハイオ州デイトンのライトフィールド基地にある空軍研究所に勤務していたエンジニアのエドワード・アロイシャス・マーフィー Jr.(Edward Aloysius Murphy Jr.)大尉の名前を採ったといわれる。


 さて今日は大晦日。独逸語ではジルベスター(Silvester)、英語ではNew Year's Eve。

 明るい年になることを信じて、希望が持てる明日への扉を開きましょう。

        IMG_1201c.jpg

 さて、この私が大好きな色の扉、どこにあるでしょうーーか。
関連記事
テーマ : 電池の寿命  ジャンル : 携帯電話・PHS

Comments

扉の場所は?
その扉は、トイレの扉では?
SIMON & GARFUNKELの古いLP「Message To Young Peoples」を知人からもらったので、The sound of silence 、Scaborough fair/canticle、Mrs. Robinson、The boxerだけをCDに入れて車で聞いています。
デュアンオールマンのLPも、30年以上前に人から薦められて買ったけど、長い間聞いていなかったので、CDに入れてみようかな。
Have A Happy New Year!





kotorのトイレ写真撮ったんですね~☆かわいい扉ですよね(^_^)v
酔いお年を~!(^^)!
同じだー
このモバイル電源 同じの使ってますー
色は黒ですけれど
あの地震以来 こういったものは常に鞄の中に・・・

よい お年を お迎えください~♪
年が明けました
謹賀新年

なつかしいマーフィーの法則。
よく覚えてますね。
私は、忘れてしまいました。
zepさんへ
いぎなり正解
よくわがったね
百日紅さんへ
今年もよろしくお願いします。
S&G たまに聴くと凄いですよね。
kanokoさんへ
俺は普段、鞄を持たないので、旅行とかの時だけ、忘れないように、有象無象のケーブルと一緒に巾着袋に入れてあります。
でも何処かで充電させてもらって、そのままおいてきてしまいそう。
kazuさんへ
今年もよろしくお願いいたします。

私も忘れ無いように、書いておるのであります。






MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
エンディングタイマー
カウントダウンタイマー
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
月別アーカイブ

投票お願いします。

御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2019