風写の黙示録

No Camera No Life. No Wind No Power. 時間に追われず、のんびり気ままに暮らしたい。 晴れてる方へツーリング、雨が降ったら過去への旅。 貴方のコメントを楽しみに、書き綴っています。 

Category: カメラ

Comment (6)  Trackback (0)

異種合焦

 今日は朝から年賀状の印刷中、かなり遅れてしまいました。たぶん元旦には届きません、念のため。

 ミラーレス一眼が出回るようになり、そのほとんどが、これまでの一眼レフカメラと比較して、短いフランジバック(撮像面からレンズマウント面までの長さ)を持っていることから、様々なレンズマウント変換アダプターが作られて、実際に使われているかどうかは別にして、マニアを喜ばせてくれています。

 うちにはマイクロフォーサーズのカメラを断舎離してしまったにもかかわらず、レンズアダプターだけは5個ぐらい転がっている始末。レンズも2本残ってて、未練たっぷり。

 そんな中、最近すごいアダプターが発売されました。画像は各製品のHPから無断引用。

 これまでのアダプターは基本的に、単なる精密機械部品。
 異なるバヨネットを連結して、絞り優先AEまたはフルマニュアルで作動させるだけでした。当然フォーカスもマニュアル。

71oMWD7gQZL.jpg

 CanonのEOSレンズを、SonyのNEXシリーズに取り付けるアダプターなのですが、AE(絞り制御可)はもとより、なんとオートフォーカスまで動作するというのです。

 上は、TECHART社製のアダプター
 下は、ZHUOMING社製です。

 どちらも三万円弱。製造元は、同じなのかな?

      291-521-thickboxc.jpg

 レンズ内手ぶれ補正も効くようですから、ほぼフルスペックで使えることになります。
 SONYでピントを測定して、CANONが合わせるわけですね。

 さすがにオートフォーカスはだいぶ遅いようですが、すごいモノを作る人たちがいるもんです。

 当然カメラ側の電源を使用してアダプターとレンズを駆動するわけで、カメラ側が壊れたら、メーカー保証は受けられないでしょうが、面白いですね。

 ちなみに我が家には、EOSレンズが一本もないので、入手予定もありませんし、試用レポは書けません。

 今後Contax Gレンズ(カメラ側のモーターでフォーカスを動かすタイプ)用のAFアダプターが出るという噂もあり、楽しみです。

 今日のおまけ。音にも注目、注耳(?)してください。



 マフラーの泣きが、美しい。
関連記事
テーマ : ★カメラ&レンズ・機材  ジャンル : 写真

Comments

このホンダのCMは
昨日初めて見ましたが、よくできたCMですね!

かなり前に作られたモノのようですが、素晴らしい出来だと思いました。
やんべ蔵人さんへ
私もどこかのポータルサイトで見つけました。

多分イギリスのCMだと思うのですが、彼の国にはドミノ倒し好きが多くて、テレビ中継もされますし、私もスタジオいっぱいにドミノを立てた現場を見たことがあります。
そこからの発想でしょう。

蛇の道は蛇ということで。
このCM
ピタゴラスイッチで人気の「ピタゴラ装置」もまさにこの発想ですねー。
子ども番組なのに、大人まで釘付けになります。
動画さがしたけど、見つからなかったわん。。><
anegoさんへ
これなんかどうでしょう。
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=556poBgqUgU
素人さんじゃなくて
いやいや、真似して作った動画はいろいろあったんですが
番組中に放送してたピタゴラ装置の動画がなかったの。NHKのいぢわる。
クオリティ高いので、お見せしたかったんですけどね。
ショートバージョンとロングバージョンがありますので、ロングを是非。
anegoさんへ
なるほど
そんな番組が在るんですね






2009.10.10から数えて

トータルアクセス


ユニークアクセス
MOONFACE
Today's Moon phase
プロフィール

風写

Author:風写
仙台在住の“いんぴんかだり”です。
座右の銘は、人の振り見て我が振り直せ。
苦手なものは、人混み、行列、会議、出会い、初対面、対面販売、電話、girl's talk、職員室、甘いもの。
人前で話すこと、満員電車は真っ平御免。

癒されるものは、風に立ち向かう風力発電機、ごめんね青春!の中井さんと蜂矢先生、暖炉の炎、ミーアキャット、困った顔の石田ゆり子、喜多方宮古の刺身こんにゃく、越中八尾の風の盆、井上あさひアナの微笑み、あん肝、クラシックカメラの手触りとシャッター音、新垣結衣のすっぴん、生シロエビ、ピンクフロイド、ひたすらアクセルオンで登り続けられる峠道、ずっと下り坂だけのサイクリング、いきものがかり、掘りたての筍刺し、首を傾げた麻生久美子、時間が止まったような日だまり、サイモンとガーファンクル、大町へそのをの煮込、美術館の静けさ、博物館のかび臭さ、手嶌葵のハスキーヴォイス、薪の燃える香り、湯葉刺し、タレントもクイズも無しのドキュメンタリー番組、カエデの若葉、硫黄温泉、青空、街灯、水門、消火栓、冷えた純米酒、旬のサンマ刺、姫神、カワセミのダイビング、街独特のマンホール、わっぱ飯、桑子真帆アナの突込み、Across the Universe、イワトビペンギン、お寺の鐘、碧い海と砂浜、水を張ったばかりの棚田、QueenⅡのBlack Side、アジのたたき、レイラ後半のデュアンオールマンのスライドギター、小梅蕙草、アルトビール、ブリーカーストリートの青春、ヤマユリ、パリパリの餃子、原田知世の「ふう」、広くて静かな板の間、街角の向こうから聞こえてくる定禅寺ストリートジャズフェスティバルの演奏………〆のラーメン

Thanks for your comments

openclose

お詫びと注意
旧館「疾風の通り径」を開いていた、ぷららのブログサービスBROACHが、2014年6月30日をもって閉鎖されました。当ブログの中で、この旧館をリンク先にしている記事は数えきれません。 「疾風の通り径」は、そのままgooブログの「疾風の帰り径」に移転してあります。 今後、この旧館を当ブログに吸収するのか、gooブログに固定するのかは検討中ですが、リンクではご迷惑をお掛けします。時間を作って、リンク先を修正していきますので、しばしお待ちください。 なにか気になるネタが有りましたら、「疾風の帰り径」左上の検索欄に、文言を入力して、検索ください。
全記事表示

ココ

を押すと全ての記事を表示するはず
御用達
お馴染み通販サイトです。
極上ジンギスカンは
カメラは中古も新品も
 
デジカメ用メディアその他は
 
青森の味
鰊のきりこみ ほたてしらゆき
 
山形の地酒は
 
日高見を買うには
 
綿屋が呑みたいときは
↑リカーショップとめ
 
ドイツのアルトビールは
 
  遠野のジンギスカン
 
  伊那の馬刺し
 
  ミュンヘンの白ソーセージ
 
QRコード
QRコード
FC2掲示板
私へのメールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文: